日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

今年も長谷寺参りへ・・・




昨日、やっとお参りに行くことができました。
昨年も行った長谷寺へ・・・

ここ長谷寺は、お正月を過ぎたら行くようになり、干支の「起き上がりこぼし」を購入するようになりました。


入山料を払って、保全修理が行われている仁王門へ・・・
修理は、平成29年3月末まで続くそうです。

仁王門への石段を数段登った時・・・
あれ? 石段と石段の間に、何かが咲いています・・・
とても、小さな小さな花なのですが、立っていると見えません!
カメラで撮ってみると・・・小さな小さなスミレのようです(1センチにも満たない大きさです)
1hasederaisidan16.jpg


もう、ビックリポン!
たぶん誰も気付かないよう場所で小さなスミレに出会えました!
何を目にするか解りませんね。


登廊から見えてくるのは・・・
丹精込めて咲かせておられる、菰をかぶった冬牡丹いつ見ても可愛い感じです。
2hasefuyubotan16.jpg


昨年から、今年にかけては暖冬のせいか、花が散ってしまっているのもありました。
3hasefuyubotan16.jpg


冬牡丹を見ながら、まだまだ登廊を登っていくと・・・
右手に大きなソテツ(蘇鉄)があるのですが、なんだか赤いものがいっぱい!
4sotetu16.jpg

帰ってから調べたのですが・・・
思い出しました・・・歌にもありますね!

~♪~赤いソテツ(蘇鉄)の 実も熟れる頃~♫~

ここに突っ込まないで下さいネ!
この歌を、歌ったことはありませんので・・・
ワタシではなく父がよく歌ってました!
5sotetumi16.jpg


これはソテツの雌花、びっしりと詰まって見えるオレンジ色の実、初めて見ました。
長谷寺のホームページにも書いてありました。
ソテツについて・・・こちら★
昔、長谷寺が炎上した時に、観音さまの頭頂仏が、このソテツの花まで飛んだという
伝説もあるようです。

ゆっくりと登廊の周りを見ながら上がっていうのはいいもんです!
初めて見るものや風景に驚かされます。



修理をされた外舞台へ・・・
前は、先まで行くのが少し不安でしたが、修理をされた舞台はなんだか広く感じます。
7butai16.jpg


知らなかったのですが、舞台の手すりで擬宝珠が付いている下の台のようなものが
付いていますが「猫足」という名前だそうです。(赤丸部分)
6butai16.jpg



ちょうどお昼頃になり、鐘楼の急な階段を上って行かれます・・・
鐘楼のは「尾上の鐘」という鐘がぶら下がっています。
8kaidannobori16.jpg

この鐘を別名で「未来鐘」といいます、実はこんなお話があります・・・

昔々、山城の国(現京都府)にある男が住んでいました。男はひどく貧しかったのですが
人一倍信心深く、毎月、長谷寺にお参りしていました。ある日のこと、男は長谷寺の慈願
(じがん)というお坊さんに、このお寺の鐘が小さいことを話題にして言いました。
「私の願いが叶いましたら、大きな鐘を奉納しましょう」それを聞いた人々は笑いました。
「いま奉納するのかと思えば、未来のことか」それから男はみんなから「未来男」と
呼ばれて馬鹿にされました。
しかしその後、十一面観音さまの霊験がこの男を変えました。山城の貧しい男は、なんと、
近江の国(現滋賀県)の国司代という役にまで出世したのです。 立派になった男は、
約束通り、大きな鐘を長谷寺に奉納しました。人々はその鐘を「未来鐘」と呼ぶように
なりました。「未来男」と笑う者は誰一人としていなくなりました。
男が奉納した未来鐘は火事で焼けてしまい、今の釣り鐘は後に寄進されたものですが、
今でも尾上の鐘は未来鐘と呼ばれ続けています。


◆JR東海・うましうるわし奈良「大和をかし話」長谷寺の未来鐘より
 他にも面白い話がいっぱいありますよ・・読みたい方は是非こちら・・・


正午の鐘とほら貝が長谷寺の周りの山々に鳴り響く・・・・
昔から、絶えることなく続いています・・・・
9horagai16.jpg


本堂を抜けると大黒堂があり、お堂の前に並んでいるのは・・・
多くのねずみさんたち、おみくじになっています。
10daikokunezumi16.jpg


今回の目的の一つ、御守授与所にきました。
干支の起き上がりこぼし「申」です!
11etookiagarisaru.jpg


ここから、本坊へ・・・
本坊から見る冬牡丹と舞台の眺めもいいですが残念ながら、散っている花もありました。
12honboubotan16.jpg


この日は曇り空・・・・
帰り際になると、時々日差しも入り、もう一度登廊側の冬牡丹を見ることにしました。
13fuyubotan16.jpg

はやり、大きな大輪で綺麗ですね!
14fuyubotan16.jpg



帰ってから、「申」の起き上がりこぼしを鏡餅の前に並べました!
15etosarukagamimoti.jpg


後で、昨年の「未」さんと交代です。
「申」の起き上がりこぼし・・お尻?底?が真っ赤でした。


★昨年の記事・・・
2015年01月07日・・・・「霧の長谷寺」



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

かわいい!
申の起き上がりこぼし かわいいですね。
これを求めにというのも分かります。
それに ネズミのおみくじ、ソテツの実といい珍しいものばかりです。
寒ボタンも情緒があっていいです。

昔 何度も行きました。長い階段を上ってお寺の裏側に用事があったので。
懐かしく寒ボタンを見たいなと思いました。
2016.01.08 17:02 | URL | girl #- [edit]
girl さん     今晩は!


可愛い、起き上がりこぼしでしょ!
いつの頃からか、求めるようになりました。

よく行く長谷寺でも、初めてお目にかかるものもあって、当たり前ですが驚きです!
是非、久しぶりに冬牡丹を見に行って下さいね!
2016.01.08 18:19 | URL | emirin #- [edit]
かわいいね
起き上がりこぼしかわいいですね。求めにいかなくちゃね。

昨年ボタンを見に行って、冬もいいなあと思いました。

昨年よりずっといいお天気でしたね。
2016.01.08 20:19 | URL | カッキー #- [edit]
カッキーさん      お早うございます!

干支の「起き上がりこぼし」、ここで購入して数年になりますが
明日香でも売っているお寺もありますが・・・・
はやり、長谷寺がいいですね!

是非、お参りのついでに、干支の起き上がりこぼしを!
2016.01.09 08:54 | URL | emirin #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/929-68f6bf6c