日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

灯台下暗しのネジバナ



春の桜を撮りに行った頃から、住んでいるマンションの掲示板に
写真をA4用紙の写真紙に印刷をして説明文を載せて貼ることになった。

最初は、マンションからの「てくてく会」の写真を貼りだしたのがきっかけで
住んでいる方が、遠くに行く事ができないので、奈良県のいろいろな場所の写真を
貼りだしてほしい・・との要望で、ヘタな写真ではあるけれど・・・

こんな場所があって、こんな花が咲いているんだ・・・と、知って頂くのもいいし
また、どうしても外にあまり出掛けられない人もいるので引き受けた。

マンション内、花壇の花写真も時々撮るようになり、今の時期アジサイが
咲いているので撮りに行くと・・・
アジサイはちょっと元気がなくなってましたが、もっと驚くものが咲いていました!

なんと・・・花壇の外に無数のネジバナが!
2manshonnejibana.jpg

ネジバナが咲いている処を探したりしていたのに・・・
灯台下暗しとはこの事!

昨年なんて、7月に御杖村の半夏生を撮りに行っての帰り
近くにネジバナが多く咲いており、写真を撮って帰りましたが、再び行くと・・・
草と一緒に刈り取られていて、前にブログに載せました「ネジバナ物語 その1」
の続きが出来ませんでした。


平城宮跡でも咲いてはいましたが、かならず毎年そこに咲いているとは限りませんでした。
それは、自分が住んでいる場所に・・なんて驚きでした。
3manshonnejibana.jpg



それも、なんと・・右向きや左向きまで・・・
このような感じです。
5nejibanazu.jpg


茎先に螺旋状にねじれた花序をつけます、 ねじれは左巻きも右巻きも両方あり
花の色は淡い紅色だが、色の濃いものから薄いものまで変化が多い。
別名を捩摺(モジズリ)ともいい、織物の一種「忍捩摺(しのぶもじずり)」
に由来しているといわれています。

ネジバナの螺旋階段はなぜ?
多田多恵子さんの「「したたかな植物たち」には、このようなことが書かれています。
ネジバナは、超小型ながらもカトレアの花そっくりで立派なランなのです。
ねじれる事に意味はあるのです
花粉を運ぶ、小型のハチが横からもぐりこむハチの行動習性に合わせ、花は横向きに咲く
視覚で花を探すハチを呼ぶには、小さな花は集まった方が効果的、しかしながら花がそろって
一方を向けば茎は傾くのが当たり前・・・そこで、ネジバナは花の向きを順繰りに変え
花を螺旋につけることで重心が安定して細い茎でもまっすぐに立つ。

                         
さて、やりたかった事
その花粉塊を取り出す事ができるのか?
※花粉塊=花粉が集まったもの

今度こそ、やってみたくなり、1本だけ摘み取り持ち帰りました。
ハチが花の奥に入り込んで、花粉塊を頭に付けて出てくる・・・
やってみよう!
花は、すごく小さく、花の奥に針のようなものを入れて花粉塊を取りだす?
何度かトライして・・・タラコ似の花粉塊?

それが、これかなぁ?
ちょっとぼやけた写真ですが・・・白っぽい粉のようなもの
難しい^_^;
4nejibanakafunki.jpg



やっと取りだす事が出来ました!
だけど、ハチやチョウがネジバナに止まっている姿を見たいものです。


16日にネジバナの写真を撮りましたが・・・・

今日、午前中・・・何やら草刈り機の音が鳴りだした。
最初は気付かず・・お昼頃にもしかして・・南側も草刈り??

それで見に行くと・・やはりネジバナも綺麗さっぱり刈られていました。

数日間のネジバナでしたが、また来年気を付けてみたいものです。
1manshonnejibana.jpg



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

こんばんは。
まさに灯台もと暗しでしたね^^
ネジバナ、我が家にもどこからか飛んできて
2株ほど植木鉢の中に生えていますが
草刈りはしないのでいつまでも無事です。
私も以前ウチョウランの花粉塊をつまようじで取りだして
交配させていたことがあります。
ネジバナは花がもっと小さいのに
よく花粉塊が採れましたね!!
2014.06.22 01:07 | URL | マングース #pNj7iLl. [edit]
最近はちょっとした場所の草刈りも機械で行うようになり残しておきたい花などがすべて刈られてしまうことも多々有ります、畑や畦、耕作放棄地などは草刈機も使用せざるを得ないほどですがちょっとした花壇などは手で草むしりが花には優しいのでしょうが・・・作業の簡素化などで難しいところかもしれませんね。
私の家では借りている畑と周辺の畦、土手は草刈機、その他は草刈鎌を使っています・・・。
2014.06.22 08:41 | URL | カチャーチャン #- [edit]
マングースさん           お早うございます!


もう、本当に驚きでした。
まさか・・まさかのネジバナです(笑)

でも、良く考えると・・・
毎年花が咲いていたのかもしれません!
切られても来年また出てくると思われます。

御杖村の場所も一昨年と同じ間所に咲いてましたから・・・

花粉塊、取り出すのって・・難しいですね
本当に植物って・・不思議です。
2014.06.22 08:45 | URL | #- [edit]
カチャーチャンさん           お早うございます!


そうですよね、大事な場所だったら手でつみとりますよね
ただ、花壇の中では無くって・・・困ったものですが、向うもお仕事なので・・
だけど、多分ネジバナは来年も出てくると思っております・・・
ノホホンとした私の考えですが・・

身近で見られたことが嬉しいです。
なんだか、この時期の楽しみが増えました。
2014.06.22 09:32 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/685-70b3307a