日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

よぉ~く見ると楽しい正倉院展




秋になって、少し忙しくなりつつある今日この頃・・・
正倉院展へはいつ行こうかしら・・・
なんて、考えてはいたものの、なかなか行けそうにもありませんでした。

そんなある日、正倉院展のチケットを頂きました。
これは尚更行かなくてはと言う事になり、木曜日に決め
本日朝から行ってきました。

おばぁちゃんは、ディサービスへ・・
その後、主人と奈良国立博物館へ・・
実は、主人は木曜日の午後1時から3時まで、「東大寺門前の夢風ひろば」
で、ボランティアのミキサーをするので丁度良かったのです。

10時前に着いて、5分待ちの看板がありましたが
見ればすんなり皆さん入って行きます、10時前から開いたのでしょうか?
どうであれ、並ぶのを覚悟で行ったのに・・驚きでした。
1正倉院展2013


聖武天皇愛用の鏡や屏風などが陳列されています。
漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん」とっても美しい!
鳥の迦陵頻伽 (かりょうびんが)や花喰鳥に獅子や唐花文様などが描かれていたり。

鏡の平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)も、夜光貝やトルコ石、ラピスラズリ
などを、小さくちりばめ、雀さんも配置、顔が可愛く表わされていましたね。

遊び道具もありましたね・・・
どんな風に遊ぶのだろう・・と思いましたが、音声ガイドを聞いて納得!
漆弾弓(うるしのだんきゅう)などは、玄(つる)に、丸い玉をセットする処があって
はじき飛ばして遊ぶそうです、また面白い矢もありました。
矢を壺に投げ入れて遊ぶ道具など、投壺(とうこ)や、木と竹で出来た
投壺矢(とうこのや)です、あんな細い壺の口に入れるのを競い合ったのでしょうね。

それから、古文書も多くありましたが、今年伊勢神宮の式年遷宮でしたが
続々修正倉院古文書・第三十八帙 第八巻では、伊勢神宮の建設(飾金物)
について具体的に書いたものもありましたね。
そうそう、ちょっとニュースで話題になった、奈良時代の下級役人が
背負い込んだ借金の申請書なども(続修正倉院古文書・第二十三巻)
月毎の利率、百文あたり十三文か、十五文だとか・・・
昔も日々、大変だったのですね。

お茶席・・頂こうと思ったのですが・・だれかさんがお腹が空いた!
なんて・・言ったものですから今回はパスしました。
お庭を見れば・・ここも紅葉が進んでいます。
パノラマで!(クリックで拡大)
3紅葉1パノラマ


主人は、12時頃に行くので、その前に二人でテントブースでお弁当を!
ここも、いつもはすごい人なのですが空いてました。
4お弁当s


ちょっと時間があって池の前で休憩・・・
キャーの声で隣を見ると・・・
学生さんたちが、お弁当を食べてそこへ・・鹿が!
5頂戴


可愛いランチボックスが取られちゃいましたよ!
慌てて男子諸君が駆けつけましたが・・
6取られたわ



振り返って博物館を見れば・・・
かなり混んできていました。
2正倉院展2013



奈良公園の紅葉を見ながらJR奈良駅まで・・・
7公園の秋


JR奈良駅のビエラ奈良の2階、「かきいろ」で
前から買いたかったもの、柿いろいろを買いこんで帰宅しました。
8柿お菓子



今年も、ゆっくりと見る事が出来ました。
毎年思うのですが、この時代まで保存されている事に驚くばかりで
またそれらを、見られる事が感謝です。

それから、大阪のKさん有難う・・・深感謝!





宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング
関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

emirinさん、こんばんは!
漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん)、とてもキレイですね!!
今日の奈良新聞にカラーで掲載されていました。
岩座の裏面には「香印坐」の墨書きがあり、元々の名らしいとか・・・・・
写真を自分で撮れるようになりたいですね。
ところでお弁当の写真は、まさに漆金薄絵盤では??
そして、今週あたりは奈良公園も黄葉紅葉ですね!!
あと一日、仕事がんばろうっと。しかし天気がイマイチそう。
2013.11.07 22:49 | URL | 23 #XT7jXHxc [edit]
23さん      お早うございます!

漆金薄絵盤・・本当に美しい姿を残して頂いてますね!
香を焚く台座だったとか・・・

お弁当・・そうですね!
美味しかったですよ、ちょっと寒かったですが・・・

飛火野あたりも、紅葉が進んできているようで・・・
今日あたり散策にはうってつけの天気です。
お天気・・崩れそうなのかしら・・・
2013.11.08 09:24 | URL | emirin #- [edit]
こんにちは。
タイミングよく行かれましたね、ゆるりると見られたことでしょうね。
いつも思うのですが、その当時にどうしてこんな細工がそしてデザインがと思います。
使用される材料にしても鳥の羽とか法隆寺の玉虫とかほとほとに感心いたします。
もっと感心いたしますのが、きっちりお帰りにはおばあちゃんのお土産を手に持っておられることです。
大阪のKさ~ん元気ですか!!!?
2013.11.08 12:26 | URL | 白雪 #- [edit]
白雪さん     今晩は!

やっと見に行く事が出来ました!

本当に、これが昔の物なの?と、思う物も多くあり
細やかな細工など驚くばかりですね。
珍しい物を献上されていたのか・・・珍しい物を作らせていたのか
解かりませんが、よくぞこの世まで・・と思います。

そして、未来への遺産として・・・・
たぶん・・私が亡くなっても受け継がれていくでしょうね。
何も無ければ・・・

お土産・・ですか・・ウゥ~ン違います(>_<)
実は自分と主人のです・・(;^◇^;)ゝ イヤァ~ハハハ・・アセアセ

Kさん復活してくれないかなぁ~~☆━━━━━…‥‥(・_・ヽ) アリガタビーム!!
2013.11.08 19:31 | URL | emirin #- [edit]
こんばんは!

美しい工芸品もいいのですけど、
借金の申請書など、今の時代と変わらない人間くさい展示品が面白いですね。
年利150%!(驚)

当日券臨時売り場の前に、読売新聞のテントハウスがあって、
毎年、展示品にちなんだ体験コーナーが出ていますけど、
ことしは投壺ですね。
小学生の女の子とお母さんが対決してるのを眺めてました。(笑)
2013.11.08 21:28 | URL | なむさいじょう #ooZtpPpw [edit]
こんばんは。
忘れていました、私もやりましたよ、投壷。椅子に座って投げましたが2本しか入りませんでした。難しいです。
さながら現代では私が馴染みにしています祇園のお店でやります扇投げでしょうか?
(深く考えないでサラッとながしましょう)
2013.11.08 21:48 | URL | 白雪 #0o4gu.qw [edit]
なむさいじょうさん     今晩は!

こんな時代から借金なんてあったのですね
いつの世も同じ、なんだか身近に感じました。

体験コーナー??
そんなのありましたっけ(>_<)・・
見てませんでしたシュン(/_;)

投壺・・・きっと私だったら・・夢中になってやっていたかも(笑)
2013.11.08 22:54 | URL | emirin #- [edit]
白雪さんもやったのですか・・・いいなぁ~!

矢ではないですか・・ボールをよくバケツの中に投げ入れてましたね!
ソフトボール部の時・・・

矢を壺の中に入れる・・・
アフリカのどこかでは、あるんじゃ~ないですか!
テレビで見た事がありますが・・・

白雪さんは、祇園でお姉さんたちに遊んでもらったのですね!
これも修行でしょうか?・・・ネ!
負けて喜んで・・返杯ばかりしたのでしょうか・・・ネ!
サラっとなんて・・長島さんよ!

あれ?なんだかヘンよ!呑んでもいないのに??
2013.11.08 23:02 | URL | emirin #- [edit]
貴女の正倉院の感想や、展示品の解説には負けました。
私の代わりに、講堂解説をして欲しかったです。
期間中の水曜日の最後に2回、満員の聴衆の前で
パワーポイントを操作しながら、美しい声で聴衆を魅了したつもりが
子守唄になったのでしょう。
気持ちよく居眠りの人が、目立ちました。27年四月から新しいボランテイアに
入れ替わります。(勿論留任はあります)。26年12月にボランテイアの募集があります。
27年1月に書類審査・面接をして新たなボランテイアを選抜します。正倉院に理解が深い貴女に応募を勧めます。
2013.11.09 11:39 | URL | dogi #- [edit]
dojitalさん     こんにちは!

水曜日だったのですね・・・聞けなくて残念でした。
満員の聴衆ですか、きっと皆さんキリッとされてお聞きになった事でしょう!
dojitalさんの声は、気持ちを向かして頂ける声だと思います。

居眠り・・ですか、それもきっと耳に気持ちよく入ってきた事では・・
遠くから来られた方々も多くおられるので、それはそれで・・・
気持ちよく入ってこない声の方もおられますので・・

博物館のボランティア・・絶対無理です!!
頭の片隅でも覚えられませんよ\(◎o◎)/!
私よりももっと興味があって勉強される方がきっといると思いますよ
その方たちを優先しましょう(笑)
2013.11.09 14:12 | URL | emirin #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/568-dc8cc793