日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

盆藤展へ・・・




新緑の美しい季節になってきました・・・

ナラノヤエザクラも、満開を過ぎた頃・・・昨日の雨で散っていくことでしょう!




先週、あの雨が降ってカミナリが鳴った26日・・・

午後から、国際奈良学セミナーハウス(旧世尊院)での「盆藤展」へ行ってきました。
なんだか空模様もくずれるような感じだったので傘を持参で・・・

いつもの、転害門の友人宅に車を止めて大仏池を歩いて行く・・・
東大寺・戒壇院を下って、衣水園、知事宅前を左折・・・

「盆藤展」を開催している国際奈良学セミナーハウスの前には
立派な藤の花が迎えてくれていました。

受付をすませて中へ・・・
盆栽の藤・・って、こんなのなの?
その大きさに、まずビックリで圧倒されます・・・
それぞれの藤の下には、名前が書いてありますが・・・
藤の名前って・・・まったく知りませんでした。


迎えてくれたのは、芳しい香りなのです!
2盆藤展13


館内に入った時から・・ずっと甘い香りに包まれての見学でした。
3盆藤展13



藤は、つるが右巻きの「ノダフジ」、左巻き「ヤマフジ」の2系に大体分かれようです。
単に「フジ」というと通常「ノダフジ」を指すようです。

「ノダフジ」・・・花房が長く、かなり太くなるツル性の木。
 花の特徴・・・・薄紫色の花を多数つけ、花房は長く垂れ下がり20~80cmにもなる。

「ヤマフジ」・・・ノダフジに比べて太くはならない、花と葉が小さい。
 花の特徴・・・・淡い紫色の花を多数つけ、花房はノダフジに比較して短い。

4盆藤展13


大鉢の藤に圧倒され・・藤房の愛らしさにも感動です。
5盆藤展13


ヤマフジ系「白甲比丹(カピタン)藤」
ノダフジ系「本紅藤」 
ノダフジ系「野田藤」
ヤマフジ系「岡山一才藤」
ノダフジ系「野田長藤」
ヤマフジ系「紫甲比丹藤」
ノダフジ系「白野田藤」などなど・・・・
ウゥ~ン・・覚えられない!


6盆藤展13



7盆藤展13


四種の藤のオブジェ・・・
「岡山一才藤」、「野田長藤」、「紫甲比丹藤」、「白野田藤」
2盆藤展18


もう7年も前から開催されているそうですが
桜井市・盆栽園「大香園」園主、生駒泰寛さんが丹精込めてつくられた本格的な盆藤です。


◆「盆藤展」(ぼんとうてん)
(クリックで拡大)
1盆藤展13

 日時:2013年4月18日(木)~5月3日(金)
    9:30~16:30
場所:国際奈良学セミナーハウス(旧世尊院)
(県庁東バス停すぐ)
大人:400円(中学生以上)
小学生:200円、幼児無料



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

おはようございます。

見事な盆藤ですね。
ここでは毎年開催されていますが、3年程前だったか、
入り口の雰囲気で入れませんでした。
撮影も出来るようで、いいね!
2013.05.01 07:27 | URL | Tenichi #avDw18Fk [edit]
Tenchiさん         おはようございます!


藤もここまでくると芸術になるかと・・・
甘い香りでいっぱいでした。

是非、見て下さい。
県庁から転害門までにPもあったと・・・
2013.05.01 09:35 | URL | emirin #- [edit]
こんなにすごいとは思わなかった。

昨日、当麻寺で、見かけたフジが、渋いピンクというか、赤紫というかそんな色でした。
emirinさんの記事中の「ヤマフジ」みたいな感じ・・・これが、藤棚になっていました。
2013.05.01 17:27 | URL | かきちゃん #- [edit]
かきちゃん         今晩は!


その藤・・知ってますよ!
綺麗でしょ・・・
牡丹の花やいろいろありますが、この時期藤でしょう!
2013.05.01 18:54 | URL | emirin #- [edit]
こんにちは。
盆藤展。想像以上によかったです。
写真では表現しきれないので、やはりいってみないとと思いました。
今の時期山野でも山藤がたくさん咲き始めていますね。
いいところ探して撮ってみたいとおもっています。
2013.05.02 10:12 | URL | caribou #- [edit]
caribouさん      今晩は!


私も、もう感激しました。
入るなり・・あの香り・・・

藤棚や春日大社の神苑の藤はあまり匂いはしなったので・・
こんなものだろう・・と、思っていて・・・
盆藤展で本当に驚きでした。

今年は、野生の藤も房を多く付けていると思います。
2013.05.02 19:49 | URL | emirin #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/468-ef889dda