日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

「きたまち奈良八重桜巡り」・・・最後の桜巡り


奈良県の花、奈良市の花でもある” 奈良八重桜 ”・・・

4月28日、午後から「きたまち奈良八重桜巡り」に参加しました!

奈良女子大学の奈良女子大学記念館、国の重要文化財に指定されてます。
ここ、奈良女子大学にもナラノヤエザクラが咲いてます。
1奈良女子大学・記念館

奈良女子大学の講堂で「奈良八重桜の会」会長の上田トクヱさんが挨拶をされ
「奈良八重桜」についてお話をされました。
    「いにしへの
        奈良の都の八重桜
               けふ九重に
                   にほひぬるかな」
・・・伊勢大輔

(その昔、華やかに栄えていた奈良の都の八重桜が、今日この九重に
 門めぐらした貴い宮中で、ひときわ美しく咲き誇っています)


これについても、少しお話をされました。

一条天皇の御時、中宮彰子(ちゅうぐうしょうし・藤原道長の娘)
が、興福寺東円堂の八重桜の噂を耳にしました。そして宮中の庭へ
植え替えようと使いをやり、荷車で運び出そうとしました。しかし
興福寺の僧が追ってきて言いました。「命にかえてもその桜、京へ
は渡せぬ」。無骨で有名な僧徒らにも美を愛でる心があったのかと
感服した彰子は、この計画を撤回し、お咎めどころか伊賀の国余野
の庄(花垣の庄)を興福寺領として寄進しました。


翌年、奈良の僧都から八重桜が献上され、その受け取り役に中宮彰子
の新人女房である伊勢大輔(いせのたいふ)が抜擢されました。
本来は、先輩女房の紫式部の役目でしたが、実力をためされたので
しょう。歌を命じたのは、時の権力者藤原道長。相当なプレッシャー
にもかかわらず、上のような見事な歌を披露したのでした。


興福寺の東円堂は今はなく、その跡地である県庁駐車場東側
駐車場南側のナラノヤエザクラの側には「八重桜古蹟」と彫った
石碑が建てられています。
     (頂いたプリントから抜粋)

これに対して中宮彰子の詠んだ返歌・・・
「九重に にほふを見れば 桜狩 重ねてきたる 春かとぞ思ふ」

さて、公演を聴いた後は、グループに分かれていよいよ出発!
奈良文化会館前のナラノヤエザクラも、まだまだ咲いてました。
2奈良女子大学・ナラノヤエザクラ


奈良公園のナラノヤエザクラって・・・
1720本あって、そのうちナラノヤエザクラは820本あるそうです!
かなりあるのに・・・ビックリ!

県庁の駐車場前
3県庁・駐車場


「八重桜古蹟」は、ここにあります。
芝生にはムラサキサギゴケがいっぱい!
4県庁・八重桜古蹟


まだまだ、咲き誇ってました!
5県庁・ナラノヤエザクラ


そこから東に渡って・・みとりい池付近!
ナラノヤエザクラナラノココノエザクラの木があります。
ここには、藤棚があって今、綺麗に咲いてました!


シルクロード交流館横では「普賢象桜」「鬱金桜」「御衣黄桜」も咲いてます。
普賢象桜
7普賢象桜


鬱金桜
8鬱金桜



東大寺、大仏殿西側角あたりで、少し休憩!
ここのナラノヤエザクラにはプレートがあります、これは「奈良八重桜の会」
の方々が設置されました。
4年前に県の森林技術センターで大きくなったナラノヤエザクラの木を植樹する
にあたり尽力されました。プレートは、興福寺や法華寺にも・・・
(クリックで拡大)
9ナラノヤエザクラ・プレート

このプレートかぎろひさん文章を考えられました!
詳しくは・・・かぎろひさんブログ「奈良八重桜プレート」・・・こちらhanabura


今が、満開のナラノヤエザクラも沢山ありました。
可愛くって・・品がありますよね~。
10大仏殿西・ナラノヤエザクラ




戒壇院の周辺には、何本もナラノヤエザクラがあります。
12戒壇院とナラノヤエザクラ

皆さん・・あれもこれもと・・・楽しんでおられました!
解かれば楽しくなります。
11戒壇院



大仏池から知足院へ・・・
東大寺の裏あたり・・春日奥山ドライブウェイの料金所近くに知足院は、ひっそりとあります。

ナラノヤエザクラは岡本勇治によって発見・・・
大正10年頃、国に天然記念物指定の推薦をします。

1923年(大正12年)三好学(史蹟名勝天然記念物調査委員)の報告を受けた内務省によって
「知足院のナラノヤエザクラ」は天然記念物に指定されました。しかし、残念ながら指定当時
の樹はその後枯れてしまいます。

14知足院・天然記念物・桜


そのDNAを受け継いだナラノヤエザクラは今も、同じ場所で立派に花を咲かせています。
13知足院のナラノヤエザクラ1



最後は、転害門裏、鼓坂小学校前のナラノヤエザクラ御衣黄桜を見に行きました。
17転害門のナラノヤエザクラ

転害門についてのお話も聞かせて頂き「きたまち奈良八重桜巡り」は終わりとなりました。

15転害門・桜



奈良の桜は、氷室神社枝垂れ桜に始まり・・・
この奈良八重桜で終わりを飾ります。

~奈良八重桜~
ナラノヤエザクラ(奈良の八重桜)もしくはナラヤエザクラ(奈良八重桜)
学名: (Prunus verecunda 'Antiqua')桜の栽培品種。
カスミザクラの変種で4月下旬から5月上旬に開花する八重桜。
開花が遅く、八重桜の中では小ぶりな花をつけるのが特徴。
蕾は濃いピンク色・・開花すると白色・・そして散り際には濃い紅色へ・・・
散る時は、花弁が散らず花そのものが落ちます。
1968年には奈良県花に制定され、1998年には奈良市花に制定されています。

ナラノヤエザクラは、組織培養(奈良県森林技術センター)で育っています。
これから先、いろいろな場所に植えられる事になるだろうと思います。
ナラノヤエザクラを多くの人に知って頂き、染井吉野に負けないほど
咲き誇ってくれればと願います。



「きたまち奈良八重桜巡り」に行かれたマングースさんブログ・・・こちらhanabura

「奈良八重桜巡り」一緒に参加しました、カッキーさんブログ・・・こちらhanabura

「高林庵で優雅なひととき」かぎろひさんブログ・・・こちらhanabura

「奈良八重桜の会」は・・・こちらhanabura



お土産・・・レインボーラムネ!
奈良女子大に行く途中・・・
東向北町通りで、売っていたのでGet!
多分帰りは、無いだろうと・・思って荷物になるけど買いました!
16レインボーラムネ・東向北



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

こんばんは!

ほんとうに晴天にめぐまれ、いく春を楽しむようなイベントでしたね。
ご参加、ご紹介、あれやこれや、ありがとうございます。

820本というのは、奈良県が管理しているナラノヤエザクラだそうで、お寺のものはカウントしていないのだそうです(先日、確認しました)。
東大寺にも興福寺にも多く植えられていますので、1000本ぐらいにはなるかもしれませんね。

そのわりには、まだまだ知名度が低い!? 
恒例イベントになったら一気に有名になりそうですね。
2013.04.30 20:15 | URL | かぎろひ #- [edit]
かぎろひさん     今晩は!

こちらこそ、紹介して頂きありがとうございました。

>お寺のものはカイントしていないのだそうです・・・
そうなのですか、それじゃホントに1000本ほど・・もしかしたら
それ以上かもしれませんね・・すごい!

後、何年もするとすごい数になっていて・・・なんて!
想像するだけで、嬉しくなります。

毎年、して頂きたいと思います。
ナラノヤエザクラ多くの知らない人が知って頂けたら・・いいですね。
2013.04.30 20:25 | URL | emirin #- [edit]
昨年まで知らなかった「奈良八重桜」です。
特に、文化会館の前は、何度も通っていたし、見ていたのに、知らなかったです。
来年は、人に教えてあげようっと。
2013.04.30 21:04 | URL | かきちゃん #- [edit]
こんばんは。
ほんといいイベントでした♪
800本以上のナラノヤエザクラが植わっていたとは、、、
どこに植わっているのかと探し回っていたのが恥ずかしくなります^^;
emirinさんはチーム9だったとは!ニアミスでしたね^^
チーム8には上田会長もおられましたよ。
その時に会長から活動内容についてもお話をお聞きしましたし
奈良八重桜の会に入会しようか検討中です(^_^)v
2013.04.30 22:04 | URL | マングース #pNj7iLl. [edit]
かきちゃん          今晩は!

あっそうか・・文化会館の前にも多く植えられていましたね・・・
私も、一緒・・あんなに多くあったなんて・・ビックリでした。

だけど、この時期にならなければ解らないかもしれません(>_<)
ナラノヤエザクラ・・教えましょう!
2013.04.30 22:39 | URL | emirin #- [edit]
マングースさん      今晩は!

本当に楽しいイベントでしたよね!
私も、勉強になりました。
少ない・・と思っていたナラノヤエザクラが、こんなにも多くあったなんて・・

8チームだったのですね・・・
先に歩いていかれたのだぁ~残念・でも解りませんよね(笑)
チームに上田会長もいらしたのですか・・驚き!

是非、是非「奈良八重桜の会」へ・・どうぞ!
コメントを頂いている、かぎろひさんブログからもいけますよ。
2013.04.30 22:47 | URL | emirin #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/467-16d023fe