平城宮跡の自然破壊!9

国交省による説明会が行われるそうです。

【国交省による説明会】
11月10日(土)14時~ 奈良商工会議所5階大ホール 申込不要(定員150人)
 問合せ:0742-36-4327(国交省平城分室)



国営平城宮跡歴史公園のホームページを見ると・・・説明会の事が表示されていた。
説明文11月10日付け

奈良商工会議所 5階大ホール
(「近鉄奈良」駅1番出口より徒歩1分/JR「奈良」駅より徒歩20分)


詳しくは・・・資料PDFを!


広く・・と書くのだったら、何回も説明をされるのだろうか・・・
平城宮跡の、周りの自治会への説明はどうなっているのだろうか・・・
私が住んでいる自治会には?

だけど、工事は進行中だ!




「ニュース 奈良の声」から・・・
「朝堂院舗装「問題なく必要」 文化庁が見解]・・・click!

この中から・・・
「さて、最近、第一次朝堂院の整備に対して否定的な意見が新聞紙上等でとり上げられていますが、
地元で自然保護活動をされている方、周辺の自治会役員の方・市内でNPO活動をしておられる
方々からは、「雑草が生え、雨が降ると泥濘になる中庭を整備して、祭りの場にすることが
適していると思います。」、「1300年前の平城京の都を復元していくことに賛成する。」、
「草生(くさむ)した状況を是とすることは短絡的だと感じます。」という意見も寄せられています。」



「大極殿が完成し、363万人以上を集めた「1300年祭」が行われた
2010年には「不審火」が激減したということもあり「人」が
集まる環境を作ることが何より重要でしよう」


確かに、草が多く生えると近隣の方々は困る意見もあると思うが、
だから舗装工事をしよう・・と言うのか納得できない。
祭と言っても、年に何回もあるのか、そのために舗装するにか・・・

不審火・・・
確かにあった事は事実・・・・
朝、歩いている時に、燃えた跡を何度か見た事もあります。
また、どうしても止められない事もあると思う、夏になれば宮跡で花火をする若者がいる!
石段に、花火の燃えカスなども散らばり、教えた事もあった。
警察も来ていた事も・・・。

だけど、燃え広がると言う事は無かったと思う。

ここに平城宮跡がある以上・・止める事が出来ないかもしれないが
草の中の、花火の燃えカスは見た事が無い。

舗装されれば、必ずその上で花火をするのではないか・・・
恐れるのは、バイクなど何台も入り込まないのだろうか・・・



工事反対の署名は11月1日まで、総計17250筆、集まっているようです。
                            頑張りましょう!


関連記事

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT