日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

早春の森野旧薬園エトセトラ・・・



裏山の森野旧薬園への石段を登り始めると・・・

もう、足元を見ると何やら見た事がある植物!
旧薬園

もちろん、セリバオウレンも咲いてますが・・・
待遠しい「カタクリ」の葉がたくさん顔を出しています!
カタクリ葉

「カタクリ」和名の由来ですが・・・
花をつけるもの以外は、片葉(一枚葉)で、鹿の背の斑点模様が鹿の子に似ているから・・・
「片葉鹿子・カタハカノコ」だとか、これが「堅香子:カタカゴ」が「カタコユリ」になり
さらに転化して「カタクリ」になったとも・・・・

また、実がクリのいがの中にある1つ1つの実に似ている事から、「片栗」と呼ばれるように
なったという説もあるそうです。

片栗粉は・・・
「カタクリ」の鱗茎(りんけい)からデンプンが採れ、かたくり粉・・・
今のかたくり粉はジャガイモのデンプンです。

では、古名の「カタカゴ」の由来とは・・・
「傾いたカゴ」籠状の花が下向きに、傾いてついている処から
名付けられたとも言われています。


開花は4~6月頃で二週間ほど・・とても短い期間なので・・・
「スプリング・エフェメラル」(春の妖精)と呼ばれているそうです!
他にも、ニリンソウ、フクジュソウ、セツブンソウ 、キクザキイチゲ、
エゾエンゴサク、ショウジョウバカマなどなど・・・

カタクリの花(2011年、5月5日葛城山にて)
カタクリ花


出芽したばかりの当年苗で、葉は線形でよじれ、カタクリとは解らない
カタクリは長い年月をかけてゆっくりと生長して、開花するまでに7年~9年も
かかるそうです。

中国では「猪牙花」といい、ヨーロッパは、この花と同じ仲間の花を
「 Dogs Tooth Violet 」犬の歯スミレという風に呼んでいるそうです。


丁度、薬草園に行く途中・・・水が落ちている手水鉢に氷柱が下がっていた
太陽が顔を出して、光が差し込むと・・キラキラと美しい!
(クリックして拡大)
手水鉢氷2   手水鉢氷



薬草園には、赤、白、ピンクの椿も見頃を迎えていた。
椿


「桃岳庵」への道・・・

紅白の南天の実
南天

道端には、「龍のひげ」が多くあって青い実をつけていました。
旧薬園の遊歩道


龍のひげの実(青い実)
地面に落とすと、ポンポンと跳ねるので「はずみ玉」とも言われている
生薬名を「麦門冬」と言い、咳や解熱の薬草として使われる。
龍のヒゲ


遊歩道も石畳になって趣きがある感じです、その先には遠くからでも
パッと解る「福寿草」が沢山顔を出していた。

別名:ガンジツソウ(元日草)福を招く、縁起の良い花として喜ばれ
福寿草の名が出来たとか、見た目とは違い全草有毒です。

この花は向日性で、陽を追って朝から夕方まで40度も首を振るらしい。
福寿草


大きな杉の木の下・・・
杉の枯葉には、エビネランが大きな実をつけていた・・・
エビネラン



濃いオレンジ色は、クチナシの実・・・
名前の由来は・・・
果実の口が開かないことから「口無し」からきている。
着色料としてクリキントンや、たくあん漬けなどにも利用、花は食用に・・・
消炎・利尿の漢方薬として用いられる。

漢方では「山梔子(さんしし)」と呼ぶそうです。
この梔子(しし)とは、中国の徳利(「巵」という名の酒器)の形に
似ている処から・・・これに木偏をつけた名前だと言われています。
クチナシ



曲りくねったツルのビナンカズラ(美男葛)の可愛い粒の実!
実が紅く目立って美しい葛(かずら)であることから実葛(さねかずら)と言われ
※1集合果になっています。
ビナンカズラ

実は、(さねかずら)蔓の中にネバネバの液があり
古代の男の整髪料であったから(さねかづら)を別名(美男蔓)とも!


スゥーと、枯葉の間から、顔を出すのは、ヤブラン(藪蘭)黒い実が沢山ついてます
ラン(蘭)という名がついてますが、ラン科ではなくユリ科(ヤブラン属)の植物。

ヤブランの根の肥大した部分は、民間療法では、滋養強壮や鎮咳、去痰、
強心利尿などの薬効があるとされるそうです。
ヤブラン


ちょっと、ここで前回書くのを忘れました「葛」について・・

「葛」を調べてると、いろいろな事は書いてあり葛粉の事や「葛」の名前の由来などなど・・・

また、奈良の地名の「葛」についても書かれており、いろいろな説もありました。

ちょっと、整理がつかなくなったので、いつかまた「葛」について書きたいと思います。

葛の花



ここでは、本命のの事を・・
吉野葛とは・・・
吉野大峰山において修行する山伏たちが、自給自足の糧として葛の根を
掘りその葛根を精製した澱粉を、諸国から来た修験者や参拝者らたちに
よって各地に持ち帰られたのが吉野葛の始まりと言われ吉野葛が葛粉の
代名詞となった所以(ゆえん)でもあります。
※2「葛の元祖八十吉」より
本葛粉

葛の根から取れる澱粉が本葛粉です 。




野草園から見える景色・・・

大宇陀の山々・・・
音羽山、経ヶ塚山、熊ヶ岳・・雪が、うっすらと積もっていました。
(クリックで拡大)
宇陀の山並み




※1集合果
( しゅうごうか) 単果(1つの果実)が集まってできた果実。

※2「葛の元祖八十吉」・・・HP


宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング

関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

こんばんは。

盛りだくさんの内容で勉強になります!
これだけ見所がある森野旧薬園、ますます
行ってみたくなりました^^

ここのカタクリはいつ頃開花するんでしょうかね~。
あまり遅いと又兵衛桜と重なりえらい人出に
なりそうですし、、、悩むところですね^^;

2012.03.19 01:21 | URL | マングース #- [edit]
おはようございます~(`・ω・´)

お花畑に迷い込んだみたいな♪
そんな朝のひとときでした。
emirinさん、ありがとうございます。
花の名前は全くわかりませんが
見ているだけで、優しくならなきゃと思いました。
2012.03.19 08:28 | URL | らん♪ #Rz8gmeI. [edit]
マングースさん   お早うございます!


盛りだくさん・・・
本当はもっとあったのですが・・はしょりました(^^ゞ

私も、今回やっと入ったのですが、四季折々に行きたい場所になりました。

カタクリ・・・やはり4月に入ってからではないでしょうか・・・
出来れば、電話で確認された方が良いと思います。
それと、天気でしょうか曇りや雨でしたら、すぼんでいる可能性も有りかも・・・

私もその頃、また行きたいと思います。

>あまり遅いと又兵衛桜と重なりえらい人出に なりそうですし、、、

確かに、観光バスで多くの人たちが来ますよね・・・
まともなルートでは、混雑もします。

電車やバスを使われるのでしたら、仕方ありませんが・・・

一つのルートとしては、桜井から談山神社手前のの信号から
大宇陀に宮奥ダムにトンネルがあるので、そこを通れば早いです。

談山神社は明日香、細川から行けます。

いろいろ書きましたが、よく考えるとマングースさんが
どこから来られるか解りませんよね(笑)

でも、旧薬園のカタクリの葉はいっぱい出ていたので群生地です。
2012.03.19 08:40 | URL | emirin #- [edit]
らん♪ちゃん     お早うございます!


今日は、いいお天気ですね、ウキウキします!

咲いている、花はまだまだこれからですが・・
旧薬園、楽しい場所ですよ、是非一度!
桜の季節に、カタクリの花が咲きますよ!
2012.03.19 08:43 | URL | emirin #- [edit]
こんばんは!

吉野本葛と書いてあるのを見て、どこかで見たなと思ったら、東京の奈良まほろば館でした。

森野吉野葛本舗さんの葛まんじゅうも置いてあって、試しに買って食べたら、とても美味しかったです。

本店(?)にはまだ行ったことがありませんが、葛まんじゅうがあったら買いに行きたい!
2012.03.21 01:38 | URL | なむさいじょう #ooZtpPpw [edit]
なむさいじょうさん     お早うございます

そう言えば、ブログで紹介されてましたね・・・
宇陀では、森野吉野葛本舗さんの「葛の館」と言う工場と
お店が一緒になった場所があります

そこで、「葛味庵」で葛まんじゅうも食べる事も出来ます。
そのほかにも、ありますよ!
2012.03.21 10:42 | URL | emirin #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/245-046e61b4