日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

てくてく会・・・明日香「飛鳥坐神社・おんだ祭」



2月の「てくてく会」は、明日香路と「おんだ祭」・・・

奈良の祭事と、言う事で飛鳥坐神社の「おんだ祭」を見学してきました。

この日は、久し振りに暖かい日・・・歩いているとかなり暑くなって行く・・・

近鉄橿原神宮駅から、東へ歩き始めると、日本書紀にも出てくる剣池(石川池)に・・・
剣池(石川池)

池には、孝元天皇陵があって、正式な名称は剣池嶋上陵(つるぎのいけのしまのえのみささぎ)と
いうそうです。
明日香へ


少し住宅地を通って、今度は和田池へ、もうここからは甘樫の丘も見えてくる・・
和田池周辺


そこから、※向原寺(こうげんじ)・豊浦寺跡)まで少し歩きます。

日本に初めて仏像や経論が伝えられた、つまり仏教が伝来した最初の地がここ豊浦寺・・
のちの向原寺であります。
向原寺


また、593年に推古天皇が蘇我稲目(そがのいなめ)の邸宅が在ったとされる豊浦に
宮を置き豊浦宮(とゆらのみや)と定められました。
(クリックで拡大)
豊浦宮跡・豊浦寺跡  看板   豊浦宮跡・豊浦寺跡


裏には、この豊浦宮が在ったとされる、発掘調査の後を見る事が出来ます
(申し出れば見学が出来るそうです)(クリックで拡大)
推古天皇豊浦宮跡・豊浦寺跡   推古天皇豊浦宮跡・豊浦寺跡

この日は、住職が不在で、本堂には入れず、奥様が遺跡の説明をして頂きました。
遺跡からは、金堂・講堂など伽藍配置の一部が明らかとなったそうです。

向原寺から、少し歩いて甘樫丘へ・・・
甘樫丘へ

飛鳥一円を眺望できる標高145mの小高い甘樫丘・・・
ここから東に見えるのが、これから行く飛鳥坐神社です。
飛鳥坐神社を望む

それよりも、甘樫丘に登る前から、お囃子がガンガンと聞こえてくる・・・
これを、聞きながら歩くと・・どうしても気になるので落ち着かない!

甘樫丘から、下って飛鳥寺へ・・・
日本初の僧寺・法興寺(仏法が興った寺の意)(元興寺)・・・現在の飛鳥寺!
蘇我馬子の発願で推古天皇4(596)年に創建された日本最初の寺・・・
本尊飛鳥大仏は、日本最古の銅造丈六仏といわれる釈迦如来坐像。
飛鳥寺

飛鳥大仏さま(国宝の釈迦如来像)
右から見ると強いお顔、左から見るとやさしいお顔に見えるとか・・・
中で、説明を聞きながら・・気持は飛鳥坐神社に向いてます・・・

忘れていた、お昼をどこで食べようと、言う事になって・・
少し、言った先に奈良県万葉文化館の裏庭に通じる道が・・
そこから、入ってやっとお昼です。
昼食


その後、やっと飛鳥坐神社へ・・
飛鳥坐神社へ


参道を歩いていると、なにやら賑やかな声が・・・
天狗さんと翁は、竹の棒で、おしりをたたいています、これはササラ(竹筒の先を割ったもの)で
悪魔除けの行事、尻を叩かれた人は身体についた厄が落とされると言う事だそうです。
おんだ祭


鳥居を入って行けば、すごい人で舞台見えません!
あれこれ、動いて少しでも、見える場所へ・・
祭の本番までは、少し時間もありましたが、今度は動けなくなりました。

いよいよ神事に入ります、「おんだ祭」とは豊作を願うお田植え神事!
神主さんによる、祝詞や玉ぐし奉納などの儀式が行われ、みんなが向いている場所とは
逆に社殿があります、その社殿に向けて五穀が奉納されます。
おんだ祭

その後、舞台ではササラで叩きまくっていた天狗さんと翁・・・そして牛も登場・・・
田を耕し種もみを植え付けるという農耕の所作を演じます・・・
ここで、ちょっとパフォーマンス・・ずっこけたりと客の笑いを誘います・・・
松の小枝の束を、苗に見立て植える仕草「植つけ」を・・・
そして、それを見ている衆に投げます・・・
おんだ祭

これは、田圃の水口に刺しておくと、農作物に虫が寄りつかないと言われています。
ここで、笑いありで和やかに一部が終わり、少し休憩を挟みます・・・

この間、巫女さんによる、お神楽の舞の奉納・・綺麗で優雅に舞をされていました。
おんだ祭


そして、二部へと・・・
さて、翁と天狗さん、そして・・くねくねと恥ずかしそうにお多福さん登場・・・
天狗さんとお多福さんは翁を仲介人に、舞台で結婚の儀式・・・
天狗さんとお多福さん二人で仲良く、てんこ盛りご飯の椀(鼻つき飯)を神主の前へ・・
おんだ祭

続いて天狗さん・・・竹筒を股に当て、グルグルまわしたり立てたりします・・・
神主さんの前で、竹筒で酒をつぐ所作・・これは、「汁かけ」と呼ばれています。
翁が、舞台の中央にゴザを敷き・・・天狗さんがゴザへ・・そしてお多福さんも・・・

ここから先は・・ちょっと恥ずかしながら・・あからさまに書けませんので・・・よしなに!
露骨に・・大爆笑を取りながら演じられます・・是見よがしに・・
(どうしても、気になる方はクリックして拡大を!)
おんだ祭

これを二回ほど行われます!
写真は、翁が・・「もう一回じゃ~よぉ~」なんて・・言っているようで・・
おんだ祭


その後、幻の紙と呼ばれる「ふくの紙」が登場!
(お多福の股間を拭いたとされる紙)
この紙は、参拝者に撒かれます、この紙を手に入れた方は、よほどの幸運者!
その方の家はもちろん、益々繁栄すると言い伝えられています。

そして、最後は、お餅が撒かれます。
この「おんだ祭」の所作は無言で行われますが、最初に説明をされます。

二年越しに、やっと見学で来た「おんだ祭」・・・
おおらかな夫婦和合を伝える民族学的な貴重な祭りでしょうか・・
インパクトが強い祭事に、笑うしかありませんでした。
さらっと受け流すように・・・皆さん飛鳥坐神社を後にされていました。

毎年、2月の第一日曜日に行われます!



飛鳥坐神社ホームページ・・・こちら

「日本書紀」によると、欽明13年(552)百済の聖明王から金銅の釈迦仏や経典が献上された。礼拝の可否を問うたところ、物部、中臣の諸氏は異議をとなえ、蘇我稲目がひとりこれに賛意をとなえたため、稲目はその仏像をたまわり向原の家をもって寺として安置したとある。しかし、その後悪疫が流行し、物部氏、中臣氏らがこれをもって国神のたたりだと奏したため仏像を難波の堀江に流しすて寺は焼きはらわれたといわれる。後、敏達10年(581)再建され桜井寺となり百済から帰朝した善信尼が住み尼寺となった。その頃は、一名建興寺ともいわれた。豊浦宮で即位した推古天皇は推古11年(603)豊浦宮地と桜井寺地とを交換され、旧宮跡に桜井寺を移し豊浦寺といい、寺地に移った宮を小墾田宮と称したといわれる。
豊浦寺は由緒からいえば日本最初の寺であり、舒明朝には塔婆が建立され、持統天皇のときには、飛鳥五大寺の一つに列せられた。平城遷都とともに新都に新寺が営まれたが旧寺もいぜん盛えた。しかし平安時代にはかなり寺運が傾き、頽廃の途をたどったといわれる。
現在は、江戸時代に建立された向原寺(真宗本派本願寺派)があり、その後を引き継いでいるといわれる。門前や境内に多くの礎石がみられ、寺跡であることを裏づけている。昭和32年(1957)、昭和45年(1970)の発掘調査でも塔、金堂、講堂などが検出され、平成5年(1993)には金堂が南北15メートル、東西17メートルの規模であることが判明した。また南方では広場状に10メートル近くの石敷遺構が確認されているが、全容の解明は今後に残されている。
(明日香村・奈良県指定文化財より)





宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング










関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

おはようございます。

スマホの次は節分会の記事かな、と思っていましたが、違いましたね。

詳しく描写するのが恥ずかしいお祭りは、各地
にあり、最近は若い女性にも人気とか。
観光地の秘宝館なんかもそうですね。
2012.02.09 08:26 | URL | Tenichi #- [edit]
Tenichiさん      お早うございます!

なんとも言えない奇祭?
他の場所にも、いろいろありそうですね!

おんだ祭・・・
若い人たちも、多く来られてましたよ・・カップルもネ。

観光地の秘宝館・・・
今でもあるのですね~
2012.02.09 08:52 | URL | emirin #- [edit]
今日は。
私も当日見学に行ってました、本殿への階段付近で見ていたのでよく見えましたが今年から天狗やおたふく、翁の面が新しくなっていました、またおたふくの着物も新しいものに替わっていました・・・演じている人々は毎年変わっているのでアドリブの部分が少しずつ変化しているのもこの祭りの特徴で毎年見に行っています(毎年おしりを叩かれています)写真から見れば私の場所よりも数メートル左側(舞台へ向かって)少し下側ですね・・・帰り道に向原寺へ立ち寄りその隣にある難波池を見てきました、此処は蘇我稲目がまつっていた仏像を物部氏に取り上げられて投げ込まれた伝承のあるところ、その仏像が長野の善光寺の本尊との伝承が残っています・・・偶然にもニアミスだったんですね・・・。
2012.02.09 09:47 | URL | カチャーチャン #- [edit]
カチャーチャンさん    お早うございます!


まぁ、毎年見学ですか・・・
私は、初めてなので、見る物がみんな新鮮でした(笑)

他の方のブログ(おんだ祭)などを、読ませて頂いてましたが
確かに毎年、出演されている方々で違いがありますね

向原寺も、立ち寄られたのですね!
長野県の善光寺の仏像さん、難波の堀江のお話ですよね、
いろいろと読めば楽しくなります。

出来れば、来年も「おんだ祭」行きたいと思っております(早く行って・・)
その時は、カチャーチャンさんを探しますね!
2012.02.09 10:14 | URL | emirin #- [edit]
こんにちは!

お疲れさまでした。
暖かかい日でよかったですね。

昨年、お尻をたたかれ、お祭りを見学する予定が、時間がありすぎて、ウロウロ、結局戻れなくなってしまったことを思い出しました。
あっけらかんとしたこういうお祭り、いいですね。そういえば、11日はお綱まつり。行けそうにないわ~
2012.02.09 12:03 | URL | かぎろひ #QyAQ.u3g [edit]
かぎろひさん      こんにちは!

咳が、まだ出ていそうですか?
紅茶でウガイか、生姜湯飲んで温まろう!

おんだ祭・・戻って見られなかったのですね、
来年あたり、皆で見に行きましょうか(笑)

桜井市江包・大西地区の「お綱まつり」ですよね・・
気になります、これも見に行きたい!

それと、もう一つ気になる祭・・・
廣瀬神社では砂かけ祭り、これも見たい!
砂だらけになると思うのだけど・・・

どちらも、11日なので・・困った(>_<)
でも、まだ・・行けるかどうかも解らないのですが・・
見たい気持ち・・100%です!
2012.02.09 15:37 | URL | emirin #- [edit]
まだかまだかと首を長くして待っていました「飛鳥のおんだ祭り」やはり楽しいですね。
以前より内容は良く知ってますが、私には目の毒な様なので実際に見たことはありません。なぜなら「五穀豊穣ここまではいいのですがその後の子孫・・・」をご利益があると実践してしまいそうですので。
カチャーチャンさんは毎年行かれているそうですが「郷土芸能」の研究でしょうね。
11日は広瀬退社に行かれますか?行かれるなら完全防備で行って下さい。カメラも気を付かねばなりませんよ。
天気次第では行って見ようかと思っています。
2012.02.09 17:05 | URL | 白雪 #- [edit]
白雪さん     今晩は!


やっとこさ・・アップしました(笑)
病院(私も主人も)なんかで、なかなか記事がまとまらずに・・・
これも、まとまってませんが、お許しを!

おんだ祭・・皆さん楽しく五穀豊穣の祭事と見られていたと思います。
そんなに、いやらしい??とは、少しも思いませんでした。

感じ方は、それぞれだと思いますが・・・

びっくりしたのは、カップルの人たちが、多かったと言う事です・・
もちろん若い方ですが、楽しいんでおられたようで・・・
是非、来年は、白雪さんも見に行かれますように・・・

廣瀬神社・・・完全防備で行かなければなりませんね!
でも、私の相方が朝から出勤なので、何とも言えません!
この日は、修二会の「竹送り」もありますし・・・
ンン~ン悩みます(-_-;)
2012.02.09 19:53 | URL | emirin #- [edit]
ご主人共々病院とありますが、如何されましたのでしょう?

あのかぎろひさんでもダウンされたよし、お気をつけ下さい。

今日三条まで用があり行きましたが、あまりにも冷え込みましたので思わず「ウガヤさん」に飛び込み熱い珈琲をいただき、「ちちろ」さんの場所を教えていただき、寒い街をルンルンで歩き「きんつば・きんつば」と。

ついた時見知らぬうら若き乙女が私と反対方向からやって来られましたが、目的は同じでした。勿論私が玄関ドアーを引き「どうぞ!」と。
「きんつば」いただきたいと言いましたら、乙女も同じでした。
帰ってきたお返事「今日はまだ出来ていないのです。夕方5時前くらいでしょうか」ガク!と肩を落として寒い街に消えていきました。(でも大仏焼きはしっかり買いましたが大佛焼の名前は使用出来なくなったと言って居られました)
次回ちちろさんなど食べ物を求めるときには「kuma」さんにナビして頂きますのでお伝え下さい。今回もkumaさんの太鼓腹が押してあったので行きましたのに残念でした。

全く関係ないお話でした。
お体お気をつけ下さい。
2012.02.09 20:51 | URL | 白雪 #0o4gu.qw [edit]
白雪さん 

楽しいコメント有難うございます!

病院・・主人は定期的な感じで・・
私は、今回最後の耳鼻咽喉科に!
鼻から耳へと空気を通して頂きました!

ちょっと、耳にセミを飼っていたので・・(笑)
つまり耳鳴りもしていて・・

セミが、頭の中に入っていたような感じ?
耳から出て行ってくれました!

睡眠不足が多くなると、たまに起こります・・私の場合。

大仏焼き・・「ののさま焼き」の事ですか?
名前が使えないそうですね・・・

きんつばも、食べたい事に気がつきました(#^.^#)
本高砂屋か、出入橋きんつば屋の・・
きんつばが食べたい・・・
そのうち買いに行こうと思います。 
2012.02.09 22:32 | URL | emirin #- [edit]
こんにちわ!

以前に、メグさんがおっしゃていたお祭りですね♪
楽しそう~~(*^_^*)

今日もいいお天気です。
今頃はemirinさんはどこで写真を撮っていらっしゃるのかな?

2012.02.11 13:03 | URL | らん♪ #qKuIJ8qA [edit]
らん♪ちゃん    こんにちは!

体調どうですか・・・
ボチボチと動いて下さいね!

あちこち・・行きたいと思っていたのですが・・
10時までは、動けなくって・・・

行った場所は、転害門で竹送りを待ち構えていましたよ!
ものすごい、人でした!
昨年は、確か雪が降っている中の竹送りでしたね
今年はお天気も良くて、良かったです。

その後、東大寺側の「夢風ひろば」のイベントを見に行きました!
ちょっと、主人も関係しているイベントだったので・・・
それで、先ほど帰宅!
本当は、砂掛け祭(廣瀬神社)に行きたかったのですが・・・ネ!
2012.02.11 15:08 | URL | emirin #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/225-c7739d4d