日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

茶源郷と和菓子・・・・和束町




頂いた草餅が、とっても美味しいと主人が言っていた・・
しかし・・お店の名前いも解らず・・数か月・・・

お店は、相楽郡和束町と解ったので先日、行く事にしました。

奈良から24号線で木津・・上狛(163号線)・・加茂から府道5号線、そして和束町へ・・
茶源郷


そこは「和所美土里屋」さん!
和束町の中心、和束川原の役場のすぐ後ろにあるお店でした。
調べて解った時に、行こうと思ったのですが丁度、火曜日でお休みでした。

お店は、少し小さめですが、大きな工場もあって・・
中に入ると、和束のお菓子がズラッと並んでおりました。
和所美土里屋

同じ草餅もありましたので、草餅を取ろうとした時・・
お店の方が、今、出来たてがあるので、そちらをどうぞ・・
と、おしゃって頂き出来たてを頂く事にしました。

奥から、ご主人が出て来て・・「鯖寿司どうですか?」
と、声がかかった・・・
和菓子屋で鯖寿司?・・と主人と顔をあわせて??と・・
何故か、奥で一杯の竹皮で包んだ鯖寿司並んでいます!
鯖寿司

鯖寿司も、勧められるままに頂く事に・・・
鯖寿司の話をしていると、「茶団子も食べて見てぇ~」と
こちらも頂き・・草餅と鯖寿司を買ってお店を出ました。
草餅・鯖寿司



せっかく和束まで来たのだから・・・
茶畑の写真を撮りたいと思い、どこがいいのかわからないので・・
和束町のパンフレットや情報館のような「和束茶カフェ」に寄る事に・・・
「和束茶カフェ」に近づくと、手招きされて駐車場へ・・
和束茶カフェ

ちょうど、「国民文化祭・京都2011」というイベントが
開催されていて、ここ和束町も「お茶のある風景」フォトコンテストをされてました。

「和束茶カフェ」の側に特設ビニールハウスを設けて和束町の景色の写真がずらり・・・
ビニールハウス


それを見てから、茶カフェの中に入ると、美味しいお茶を入れて頂き
また、その方・・・大阪の河内長野に住んでいて、和束をなんとかしたいと
思い縁あって来た事など・・・
また、和束町のお茶の事など・・熱く語って頂きました。
(クリックで拡大)
和束茶カフェ   和束茶カフェ


 「和束茶カフェ」の隣りに、お茶の倉庫があって、その中でも
「和束町に住む芸術家たち」展というもの開催されていました。
(クリックで拡大)
和束町に住む芸術家たち   展示会場

思い倉庫の扉の向うに、台紙で作ったペーパークラフト作品が展示されていた。
ペーパークラフト

壁には、押し花アートが、美しく掛ってました。
ペーパークラフト



「和束茶カフェ」
のすぐ側には、安積親王陵墓があります!
聖武天皇の、第五皇子で、744年17歳という若さで亡くなったそうです。
平城京・恭仁京・紫香楽宮とを結ぶ街道を愛した皇子の為に、この地を
陵墓として葬られたと伝えられています。

そして、和束町には空鉢峰(くうはちのみね)と呼ばれている
鷲峰山(じゅうぶざん・標高685m)があります。
近くには金胎寺(こんたいじ)があり、役小角 (えんのおづぬ・役行者) が
675年に開基した山岳信仰の霊地です。

奈良時代には、平城京の北鬼門として聖武天皇によって堂が建立され
※勅願寺となる。
金胎寺さんの名前の由来は、山の形が自ら金剛界胎蔵界の形を
なすところから、名前がついたとも、伝えられています。

和束町は昔・・平安時代から鎌倉時代には、和豆香杣之荘と呼ばれていて
奈良興福寺の杣山だったそうです。
(杣山・・木材を切り出す山、木材にするための木を植えた山)

京都のお茶は、建仁寺 開山 「栄西禅師」が中国から茶種を
持ち帰って日本で栽培、茶業興隆の祖とされる明恵上人は
この「栄西禅師」が中国から持ち帰った茶の種子を京都
栂尾深瀬の地に播きました。
さらに、その茶の種子を、今度は「海住山寺」の高僧「慈心上人」が
分けてもらって、鷲峯山麓(和束町原山)に植えたのが
和束町の茶の歴史の始まりとされているそうです。
茶源郷

茶源郷

(クリックで拡大)
茶源郷   茶源郷

茶源郷   茶源郷


「和束茶カフェ」で、教えて頂いた石寺方面で美しい茶源郷を撮って帰りました。
和束町の四つの茶畑の景観が「京都府景観資産登録第一号」に認定されました。
◎白栖・石寺の茶畑  ◎撰原(松尾)の茶畑
◎釜塚の茶畑     ◎原山の茶畑

和所美土里屋さんの草餅と鯖寿司、頂いた茶だんご!
頂きました!



勅願寺(ちょくがんじ)
時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して
創建された祈願寺の事。


「和束茶カフェ」・・・こちら


宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング

関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Comment

おはようございます!

和束茶は、宇治茶と何がちがうのでしょうか?
南には、大和茶があり、挟まれてますなね。
くねくねした茶畑、美しい。

鯖寿司は、鯖街道で福井から京都まで来たものが
南に下ってきたのでしょうか?
奈良の柿の葉すしの鯖は、福井 or 熊野どっち?
2011.11.06 08:09 | URL | Tenichi #- [edit]
Tenichiさん        お早うございます!

茶畑・・綺麗でしょ!
ここも、すごい山の上まで・・広がっていました。

和束茶・・・昔は宇治茶に吸収されっていたのかもしれません!
もう少し奥の朝宮は、宇治茶になります。
奈良の隣りの木津川市・・木津川の向うの上狛(かみこま)には
茶工場が、今でもあります(有名なのは福寿園)

今、和束茶ブランドとして、売り出しているようです!
いくつかの有名なホテルなどは、使っているそうです。

和束での、鯖寿司はわかりませんが・・・
京都は若狭(福井県)から・・

柿の葉寿司は和歌山?熊野はめはり寿司それとも南紀?
ちょっとこの辺ははっきりわかりません・・??(>_<)
かぎろひさんなら知っていらしゃるかも・・
2011.11.06 08:56 | URL | emirin #- [edit]
おはようございます。
草餅おいしそうですね~(*^_^*)

和束の緑茶が昨日でなくなり
今朝からは棒茶を飲んでいます。
甜茶と交互にこれからは飲む事になりそう。
年末までには緑茶を頂きに行かなきゃですヽ(´ー`)ノ
風邪しらずの緑茶は飲まなきゃね♪

金胎寺、9月28日に伺ってきました。
修験道はどんなんでしょうね?
興味あるんです(私たち夫婦♪)
2011.11.06 09:45 | URL | らん♪ #qKuIJ8qA [edit]
おはようございます。

草餅、茶団子、鯖寿司、どれを見ても 「食べた~い」 の一言w
和食が恋しい今日この頃 (笑
写真で楽しまさせていただきましたw
2011.11.06 10:00 | URL | bonbonno #- [edit]
お早う御座います。
お早う御座います。
茶畑流石に手入れされていますので「美」そのものですね。

以前は師匠がおっしゃているとおりここのお茶も宇治茶として扱われていたようですね。産地問題からこちら細かく分けられるようになりましたね。おらが町のお茶ですと自慢ができるようになりこのほうが良かったのではと思います。
昨日kumaさんとバス旅行を氷室神社前までしました。普段お綺麗な方と歩いたことがないためとても落ち着かなかったです。

国博に行き、帰りに県庁前で吉野方面の皆様がお店を出して居られましたので、同じように草餅と柿の葉寿司をいただきました。
コンニャクはその場で頂きましたが相変わらず美味しかったですよ。
西吉野の柿がお安く出ていました。富有柿でした。
2011.11.06 10:02 | URL | 白雪 #0o4gu.qw [edit]
訂正
師匠!すみません(ペコリン)
私の記事にコメントをいただきましたお返事にひらがな入力で「えみりん」と入力F10で変換をし確認せずに次に進みました。
「えみりん」→「emirinn」となり「n」さんが1個多くなっていました。多かれば良いという問題ではありません。
大変失礼致しました。これからわあわてずに確認を致します。と言うことです。
2011.11.06 10:31 | URL | 白雪 #0o4gu.qw [edit]
茶源郷の写真に感動
こんにちは

和束、魅力的ですね~
ゆっくり訪ねたいものです。

とくに、茶源郷の写真はすばらしい!
茶畑の美しさはもちろんですが、青空に浮かぶ雲の素敵なことといったら。
ジブリの空を思い出したりしました。夢のような世界です。
これ、写真展に出してくださーい。

あ、それから柿の葉すしの件ですが、私が聞いたところによりますと、そもそもは江戸時代に、紀州の漁師が熊野灘で穫った鯖を塩漬けにして、山越えで吉野地方に売りにきたのがはじまり、とか。

京都の鯖寿司はまた違いますね。夫の母親がつくる、竹の皮に包んだ鯖寿司が絶品だったことを、懐かしく思い出しました。
2011.11.06 12:54 | URL | かぎろひ #QyAQ.u3g [edit]
らん♪ ちゃん         こんにちは!


雨ですね~
今日は、宿題の箸袋をエクセルで作っております
作り方は、ワードで・・・

和束茶カフェに、沢山の和束茶があって・・
どれにしたらいいのか・・・ワ・ツ・カ・ラ・ン?  なんて~(笑)

修験道・・・ここすごい場所では?
ブログで、回っている方のを見れば・・怖い所が・・
らんちゃん・・・ここを、廻りたいのですか?

2011.11.06 14:16 | URL | emirin #- [edit]
bonbonnoさん         こんにちは!

奈良は、雨です・・・
インドネシアですか・・・?

和食・・
確かに数日間でも食べなければ・・恋しいですよね!
2011.11.06 14:18 | URL | emirin #- [edit]
白雪さん           こんにちは!


そうそう、kumaさんから突然の携帯メールで・・・
ビックリしましたよ(笑)

なんだか・・引き合うものがあるのでしょうか・・

それとも・・偶然かなぁ~こちらですね(笑)
この日は、お一人だったのですね・・

奈良も、大和茶として一人歩きをしてますように・・
和束茶も、やっと一人歩きを始めたようで・・・・
難しいですが、和束町の茶農家の方々も、和束茶ブロンドを作っていっている・・と
自信を持って美味しい茶を作っていっているそうです。

県庁前でも、吉野の物産を販売してたのですね・・
奈良市の中町・・パーク&バスライトの駐車場でも
一日道の駅が出来ました!
すごいいい場所なんですよ、本当に道の駅が、出来るといいんだけど・・

名前は大丈夫ですよ、気を使わないで下さい(^^ゞ
2011.11.06 14:44 | URL | emirin #- [edit]
かぎろひ さん          こんにちは!


すみませぇ~ん・・柿の葉寿司でコメント頂いて!
有難うございます!

なるほど、熊野灘で穫った鯖を塩漬けにして・・・

ご主人さまは、京都のお方なのですか・・

若狭から京都までの間に、丁度塩加減が良くなっているのですね・・・
小浜からの鯖街道・・良く鯖寿司のお店がありました
朽木には、温泉もあって若狭や小浜からの帰りに寄りました。

和束町の茶畑・・・良い景色でした。
2011.11.06 14:59 | URL | emirin #- [edit]
和束は 行った事ありま~す
でも 茶畑が目的でなく 子供が小さい時に 夏前に 魚(あゆだったかしら?)
つかみどりの体験かなにかで・・・

ここの茶畑もいいですね。

また 写真がすばらしい (●^o^●)

ブログのトップになってる写真 いいですね。 
一面にひろがる茶畑と 青い空と雲 
すがすがしい空気が 感じられる~~~

(私も ブログのトップ コスモスから そろそろ変えないと・・・)
2011.11.08 10:52 | URL | メグ #- [edit]
メグさん         今晩は!


鮎つかみに、行かれたのは和束町湯船森林公園でしょうか・・
それとも、違うかなぁ~?

森林公園も和束から、もう少し奥に行きます、もう信楽に近いです。
信楽まで・・山と田圃と茶畑ばかりです!
大和茶の茶畑も美しいですが・・ここも美しいです。
2011.11.08 21:29 | URL | emirin #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hibisaisai2.blog41.fc2.com/tb.php/176-18de39ed