ナンバンギセルが咲いてました!





本薬師寺跡のホテイアオイを見た後に、国営飛鳥歴史公園へ・・・

駐車場から少し歩いたススキの根元に咲いていました「ナンバンギセル」
1nanbankizerurekisi0904.jpg


万葉集にも登場する一年草のナンバンギセル!
ススキに寄生する植物で、花の形が南蛮渡来のキセルに似ている処からついた名前です。
まだまだこれから咲く花芽も多くありで、今年は多く咲いてました。


広い公園には赤とんぼも多く飛んでいました。
2asikarekisikouen0904.jpg


近くには、濃いピンク色の花が・・・・
調べてみると・・「ハマナス」の花!
3asikarekisihamanasu0904.jpg


あまり見かけない花ですが、歌に出てきますよね!
どうしても、北海道を思い出します。

そしてこれは・・・ハマナスの実です!
4asikarekisihamanasu0904.jpg


まるで、ミニトマトのような感じです、花と実がこの時期に咲くなんて素敵!
実は、ローズピップティになるそうです。


こちらは、「ワレモコウ」こちらも歌を思い出しますね!
可愛いワレモコウ!
5asikarekisiwaremokou0904.jpg



公園内の遊歩道を歩いていると、白い花を発見!
なんだか解らず、帰ってから調べると・・・
「センニンコウ」(仙人草)だとか・・・
6asikarekisisenniti0904.jpg

果実につく白い毛を仙人のヒゲに例えたそうです。

なんと、知りませんでしたが・・・・・
触ってはいけないそうだとか!!
そして、「ウマクワズ」とも言うそうで有毒植物だそうです。
汁などが皮膚につくと皮膚炎を起こすそうです。

こんなに白く素敵な花なのに、触れなくて良かったです!((*^_^*)
クワバラ~クワバラ~( ;∀;)




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング





関連記事

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT