日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

吐山で見つけた花



先日、吐山のスズランを見にいきましたが・・・
先に来ていた人も、後からも見に来た人も、皆さんはスズランを見て
早々にその場を立ち去られました。

ゆっくり、周りを見渡すと・・・
あれこれ珍しい植物が咲いていますよ!

と、言いたかったのですが・・・
まぁ、これは私だけなのかも??

スズランのすぐ近くで・・・これは『フタリシズカ』
1futarisuzuka0524.jpg


2本の花穂の先に米粒のような白い花をつけ、花穂は1本や3本、4本のときもある。
2futarisuzuka0524.jpg


名前の由来はその花穂の姿を源義経の愛した静御前の舞姿に
重ねて名付けられ能の「二人静」から来ているといいます。

「二人静」乗り移られた菜摘女と霊の静御前のピタリと合う
二人舞い、舞う姿を野の花に例えた想像力もすごいですね。



これは『マムシグサ』?・・・テンナンショウ(天南星)とも呼びます。
もしかしたら『ホソバテンナンショウ』かもしれません。
3mamusigusa0524.jpg

蛇の鎌首にも見える花序を包む葉(総苞・ソウホウ)が変化したもので(仏炎苞)と言う。
多年草で有毒植物です。仲間(テンナンショウ属)は30種余りもあり
葉柄下部に紫褐色のまだらな模様があり、この模様がマムシに似ていると
ところから名前がつきました。

このマムシグサ、若いうちは葉を一枚つけ、ある程度育つと花をつけるようになる。
最初は、雄花・・・しかし十分大きくなると・・・・
雌花を咲かせて実を結ぶようになる、つまり、雄から雌への性転換をするそうです・・驚き!


そして、もうじき満開になる『コアジサイ』
最初は、薄い青色・・そして白色に変化していきます。
4koajisai0524.jpg



ここのコアジサイを見たら、川上村のコアジサイが見たくなります。
今年は、林の中でいっぱいのコアジサイは見られるかしら・・・
なんて、想像を膨らませます。
5koajisai0524.jpg



優しい香りがします・・・なぜ、香りがするのかしら・・・
6koajisai0524.jpg


コアジサイは、古くから日本に自生している日本の固有種であって雄蕊、雌蕊もあります。
装飾花を持っていないので、虫を来させるためにコアジサイは香りを放つそうです。


もうじき、奈良県川上村ではコアジサイが見られます。
川上村観光ガイド・・・こちら★



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

吐山スズラン・向渕スズラン



昨年、少し見に行くのが遅かった吐山のスズラン。

今年は、少し早いかしら・・・
と、思って今日見に行ってきました。

さぁ、ここが入口!
1hayamasuzuran24.jpg

突き当りが吐山スズラン群生地、国指定天然記念物で 寒地性植物の
スズランが自生する南限地になっています。


2hayamasuzuran24.jpg
スズランは丁度いい時期でした!

3hayamasuzuran24.jpg
次から次へとスズランを見に来られていました。

4hayamasuzuran24.jpg
やっぱり、可愛い花です。


5hayamasuzuran24.jpg
葉の下で咲き・・お淑やかですね・・・


6hayamasuzuran24.jpg
横を向いていたスズランがあったので・・・
花の中は、こんな感じです。
ドイツスズランは、中が少し色があると思うのですが・・・
日本スズランは白です。

7hayamasuzuran24.jpg
昨年は、おかっぱスズランと名を付けましたが・・・
はやり、おかっぱの方が似合っているような・・・感じです。

8hayamasuzuran24.jpg
”おかっぱスズラン”・・・どうでしょう?


折角なので、今度は室生にある向渕スズランを見に行くことにしました。

9mukoubitisuzuran24.jpg
ここが駐車場、5,6台ほど止められます。


10mukoubitisuzuran24.jpg
スズランまでの道が整備されてました。
前は、少し薄暗いかんじでしたが、光が入り明るいです。

11mukoubitisuzuran24.jpg
柵で囲ってあります、少し高い場所もあります。


13mukoubitisuzuran24.jpg
こちらは、吐山ほどではないですが咲いてました!

数年前は、柵もなく荒された状態の時もありました。
ササユリも咲いていた時もありました。


14mukoubitisuzuran24.jpg
上に行くと椅子などがあって休憩もできます。

12mukoubitisuzuran24.jpg
今年も、お目にかかったカエル君!

吐山スズラン、向渕スズラン・・今、見頃を迎えています。


※スズラン情報こちら・・・針テラス情報館

吐山スズランと向渕スズラン・・こんな近い距離です。
(クリックで拡大)
15suzurantizu2016.jpg


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

夏を告げる花!




山椒を買ったお店で見つけた花束!

目に飛び込んできたカラフルな色が、素敵に見えた。

20本ほどで200円!
仏花と一緒に買ってしまった!
1iromatuyoigusa221.jpg

側に、花を持ってきたおじさんに、名前を聞くと・・・

「すまんなぁ~ヨメは知っているんやけど、解らんわぁ~」
「今度、聞いとくわ~」との返事・・・・

さて、帰ってパソコンで調べることに・・・
花の名前を調べるには、何を検索に入力すれば解るのかしら??
悩みながらも15分ほど・・・

オォ~発見!

「イロマチヨイグサ」、「ゴデチア」という名前だった。
2iromatuyoigusa22.jpg

花言葉は・・・・?
静かな喜び、変わらぬ熱愛、お慕い致します、移り気・・などなど。

原産地は北アメリカ、和名はイロマツヨイグサ(色待宵草)
Clarkia amoena (Lehm.) Nelson et Macbr. 
別名をゴデチャ、ゴテチャ。
目名:フトモモ目、科名:アカバナ科、属名:サンジソウ属
誕生花は、5月23日と 6月4日だとか・・・

そして、もう一つの別名は「サテンフラワー」
花弁が、布のサテン地のような光沢があることが由来だとか・・・・
なんだか、花弁の質感がリボンのようにも見えます。
3iromatuyoigusa22.jpg

属名の「クラーキア(Clarkia)」は19世紀の探検家
「William Clark(ウィリアム クラーク)」の名に
因むとされます。
旧属名である名前の「ゴデチア(Godetia)」は
スイスの植物学者「C.H.Godet(シャルル・ゴデ)」
の名に因んでいます。
※(「魅る魅るガーデニング」さんから引用)




この花が咲きだすと、春が終わり、夏の到来を告げると言われ
「Farewell to Spring(春よ、さよなら)と呼ばれています。

「色待宵草・イロマチヨイグサ」素敵な花です。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

さわやか山椒




先日、野菜を買いに行った時・・・
店先に並んだ山椒の実を見て買ってしまった!


さわやかな香りに旬を感じる!
1sansyoumi22.jpg


早々に、枝を取り冷凍保存をすることにした。

小さな枝から、小さな実だけを取るのは、結構めんどうですが
”ちりめん山椒” などを作るのには、欠かせない山椒です。
2sansyoumi22.jpg


ゆがくと・・・プゥ~ンとより一層香りが・・・
一粒、食べると・・ワァッ!
ウゥ~・・ピリピリと、口の中が大変だ!



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング




関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

また、一段と大きくなりました!




昨日は、午後から水槽掃除を開始!

15リットルのバケツに水を10リットルほど入れ、そこに人工海水の素などを入れ
海水に近い汽水にしてそれを一旦、40リットルの漬物用タルに移し、満タンにします。

それから、水槽の水をバケツに8分目ほど入れ、エアーポンプををセットし
バケツに上からフタをして掃除の間、ミドリフグとヤドカリを入れておきます。

後の水槽水も、別バケツにくみ出して置いておきます。
水は、ミドリフグの住む環境水になっているので。


少し残った水槽水で、ガラス面や水槽の中を洗っていきます。
中にあるサンゴの砂も一緒にゴソゴソと洗っていきます・・・
汚くなった水を捨てて、タルに作っておいた汽水を少し入れて
洗う作業を3.4回繰り返します。

水槽にセットしてあるホースや水温計の管や吸盤などもヌメリがあるので洗います。

今回は、冬に使用していたヒーターを取り外しました。
この頃は、時々水槽の汽水を冷たくするクーラーが起動しているので!

ある程度、綺麗になったらタルの水を水槽の八分目ほど入れます。

外部フィルター、クーラー、エアーポンプなどをセットして
15分~30分ほど水槽に汽水が透明になるまでと、水温が適温になるまで待ちます。

その後、ゆっくりミドリフグに入っているバケツの水を合わせ水槽に
ミドリフグとヤドカリを戻します。


戻す時に、一番デカイ子の写真を撮りました!
2dekaimidorifug0515.jpg


前回、10センチほどでしたが・・・・
今回は、口先からシッポの先までおよそ12センチ!
少し大きくなりました。
どこまでなるのかしら・・・
いくら大きくなっても15センチほどと、思っているのですが
3midorifugusuisou0515.jpg


だけど、この子・・時々大暴れ!
すると、水槽の中の水が飛び散り・・もう大変!

一応、飛び出さないようにフタはしていますが、水槽とフタの隙間から水が時々飛び出す!
「暴れやんといて・・・・っ!」と・・・ワタシは吠える!

だけでど、ちっとも聞いてくれません!
当たり前ですけど・・・ネ。

綺麗になって!
1midorifugusuisou0515.jpg


ほかの子も、みんな元気ですよ!
ヤドカリも元気に暮らしてます。
4midorifugusuisou0515.jpg

およそ・・3時間後終了!
まだ、下の水槽掃除が残ってます(-_-メ)・・・ガンバリマス!



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング





関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...