日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

滝坂の道・・寝仏さまは、どっちむいてんのん?


9月25日に、てくてく会で行った春日山ウォークで、滝坂の道の寝仏が
どっちを向いているのか・・・

石を眺めていたが、はっきりしてなかった。
滝坂の道



看板


実は、今年の4月7日、M'adamus登山部で高円山火床に登った帰りに
滝坂の道の寝仏が、どっちを向いているのか・・話をしていたが・・

その4月以来の事で・・9月には私も、忘れてしまっていた・・
多分こっち・・と言った感じで・・
寝仏


先日、てくてく会・山の辺の道ウォークで、山の辺の道の地図を頂いた時
ついでに、その寝仏についての新聞記事を添えて頂いていた。
(クリックで拡大)
左:読売新聞       右:看板・拡大
記事  看板・拡大

それを見て納得・・・
滝坂の道・・石畳の道であるが、寝仏の岩の仏さまは山側に見える
つまり、道に背を向けているので、回り込んで見るようになる。
頭を東に・・登って行く方向・・・
胸元で両手を合わせ、横になった大日如来さま!
(クリックで拡大・・形を赤でなぞりました)
寝仏・拡大

そこから、少し行くと・・・
夕日観音や朝日観音、そして首切地蔵へと続く・・・
7kubikiris.jpg


この新聞には・・・
「石は幾億年の古さを持っているが、古いだけが尊いのではない
人の手と心を持って刻んでこそ、石は尊くもなり、ありがたさが
感じられる。」

もう、どちらを向いていらしゃるのか・・忘れません!


宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング

関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

粒餡が入ってまっせ・・・大人の雪見だいふく!

ちょこちょこ・・裏にあるイズミヤ店に行く私とダンナ!
ちょっと気になるコーナーへ・・・

うぅ!なんだか紫の箱が並んでいるではないか・・・
そう・・それは、アイスクリームコーナーだ!

以前のトロネーゼは、向こうに追いやられ・・・
近場のボックスには、なんと「大人の雪見だいふく」が・・
大人の雪見・・??

箱を見れば、中に粒餡が入っているではないか・・・
これは、是非とも、私が味見をしなければなりませぬ!
おまけに・・9個も入っているなんて!
嬉しい限り・・・
大人の雪見だいふく

早々、二箱買って足早に帰る事に・・・
箱を開ければ・・・3×3(三列三段)で並んでおります
あれ?
普通の大きさではない・・(;O;)
箱の下にミニサイズ・・と書かれていたのを見落としてしまった!
ちょっと残念・・しか~し大人だから・・No problem!
大人の雪見だいふく

ソフトなプラスティックの底を、グィと押せば・・・
モニャっと出てきますぞ!

それを、グザッとフォーク刺してパクッと食べる・・

美味しいぞ!
大人の味・・冷たぁ~い雪見だいふくだぁ~い!

あれから・・何箱買ったんだろうか・・??


今夜もお風呂上がりに・・パクッといっちゃおか!



宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング

関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

てくてく会ウォーク・山の辺の道・・・(2)


天理トレイルセンターからは、ちょうど後ろにある※1龍王山がある。
ここからの登山口にもなっている。
崇神天皇陵後ろに、山の辺の道との分かれ道があって、東(山)へ行く道がある
山頂まで距離は少し長いが少しなだらかで長岳寺の方に出てくる。

長岳寺山門から西へ・・少し行って北へ曲がる
視界が開け見晴らしの良い場所に柿本人麻呂の歌碑がある
歌碑に出てくる”引手の山”とは龍王山の事!
歌碑

ここも、デッキとイスが置いてある休憩所がある。
周りには、コスモス畑が広がっていた。
休憩所


コスモス


念仏寺、衾田陵と続いて行く・・・
(クリックで拡大)
道しるべ 道しるべ

名称看板
   
民家の間を行くと池に出る、この辺りは萱生環濠集落・竹之内環濠集落があった場所。
自らの暮らしを守るために、村の周囲に濠をめぐらせて、外敵を防いだのが環濠集落。
環濠集落

(クリックで拡大)
環濠集落   環濠集落

  
この辺りにも、綺麗な休憩所が・・
(クリックで拡大)
休憩所  案内看板

ちょっと変わった塀・・
塀


集落を進むと田畑が広がり・・コスモス畑が疲れを癒してくれる。
(クリックで拡大)
コスモス  コスモス


歩いていると道端に「せんぎりや」の看板!
結構・・昔からあるような・・・
ここは、勝手に入ってセルフサービスで珈琲が飲めるのですよ!
この時は、ポットのお湯が無くて・・残念・・でも、本当に感謝です!
こんな休憩場所があるから、楽しめるんですね!
16せんぎりや


そしてつきあたりに鳥居が、夜都伎神社です。
春日大社と縁深い隠れた名社!
夜都伎神社


夜都伎神社


ここをグルッと回り込んで少し上がって行くと・・・
この辺りも、見晴らしが良くて・・コスモスが多く咲いてます。
二上山が綺麗に見えますが、電信柱で・・・なんともです。
(クリックで拡大)
この写真は27日に撮りました。
コスモス  コスモス


さぁ~もう少しで天理観光農園です・・・
道案内

あれ?桜が・・チラホラ咲いてました。
四季桜でしょうか?
桜


やっと天理観光農園に到着!
天理観光農園

多くの人や家族連れでにぎわっています、ここでしっかり休憩を!

この先が、山の辺の道を南から歩くと、最初の難所でもあります。

石畳の坂の登りです、前を見ないで足元を見ながら皆歩いて行きます!
急な坂道


やっとの事で平らな道に・・胸もドキドキ・・
少し行くと内山永久寺跡・・池だけが残っています
近くには、松尾芭蕉の歌碑があります、ここ春は桜で美しいです。
(クリックで拡大)
コスモス  松尾芭蕉



田畑の景色がなだらかで、石上神宮の森が見えてくる・・

まだ、遠くなのに鶏の鳴き声が聞こえてきます・・・

池が見えて森の中を過ぎると・・やっと石上神宮に到着!
石上神宮


無事に怪我も無く、歩けた事の感謝・・お礼をしに行きました!
(クリックで拡大)
石上神宮  石上神宮  

石上神宮



やっと、約14kmを歩いてきました、かなりの距離でしたが
山の辺の道を楽しんだ一日でした。
実は、この歩いた後日、笑われるかもしれませんが・・
山の辺の道のある場所に3回行きました(笑)

平日にもかかわらずに、多くの人が山の辺の道を楽しんでいらしゃいました。
出会った人たち・・「こんにちは」と声を掛けられたり・・掛けたり・・
そんな出会いも楽しめる古の道なのです。

山の辺の道は、いろいろな方が、楽しく歩けるように手伝って
頂いている方々がいらしゃると思います。
そのような方々に感謝・・・

そして、何もすべてを歩かなくても、十分山の辺の道を楽しむ事が出来ます。
少しの距離でも青垣の山麓の最古の道を歩いて頂き、歴史の道を歩いているんだぁ~と・・・
古墳群もいっぱい!二上山に大和三山の眺望!
万葉集の歌碑もいっぱい楽しむ事ができる・・それが、山の辺の道を歩く醍醐味だと思います。


山の辺の道・・お土産はもちろん・・柿・・それと柿の葉!
綺麗でしょ、そして石上神宮鳥のお守りでした。
お土産



長々と文を書きましたが、読んで頂き有難うございました。


※1龍王山
先日の新聞に写真が掲載されてました!
龍王山から京都タワーが見えた!
龍王山城跡からですが・・なんと、明石海峡大橋も見えた!
城跡から大仏殿まで直線では15km・・・
京都タワーまでは50km・・500mmの望遠レンズで!

ナラ咲くTenichiさんぶろぐ「GOOD LUCK」
タイトル「山の辺の道」でも紹介されてました・・・こちら

(クリックで拡大)
新聞

前回の「山の辺の道(1)の中で穴師から東に相撲神社があります
 桜が美しく、桃の花も咲き、遠くから見ると、こんもりとした桜の山のように!
(クリックで拡大)2009年4月撮影

相撲神社・桜




宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング


関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

山の辺の道・・・柿の木からの素晴らしい景色!

てくてく会ウォーク・山の辺の道・・・(2)
と書きたい処なのですが・・・

実は、天理トレイルセンターまで来ましたが・・・
ある所で景色を見るのを忘れてしまいました。

山の辺の道を歩くと決まった時、どうしても寄りたい場所があったのです
処が何故か解りませんが、通り過ぎて・・・

私だけなら戻りも出来ますが、さすがに無理なのでそのまま歩きました。


だけど・・どうしても、そこに行きたい・・と思って・・


次の日と、そして今日・・・
車で天理トレイルセンターまで行き、そこから歩いて崇神天皇御陵まで・・
実は、ここに垣根があって・・・畑もあって・・・
そして、一本に見事な柿の木があります!
一本の柿

(クリックで拡大)
山の辺の道   景色


ここは、「畑の住人」さんという方の畑になっています。
(それしかわからないので・・・)
ここからの景色がとても綺麗で、二上山、葛城山、金剛山などなど・・最高です!
すぐ側の崇神天皇御陵から二上山の夕景も素晴らしいのです。

もう、何年か前から・・・
「畑の住人」さんのブログ「山辺の里の生活」を見させて頂きいつか行きたいと思っていました。

そこからの景色を見て見たいと・・・
柿の木・・下には手作りのベンチとイスが置いてあって・・・

だれでも、椅子にすわって・・・
この美しい大和平野の景色をゆっくりと眺める事が出来るのです!
側に柿の木・・・こんな素晴らしい休憩場所なかなかないのです!
柿の木の下で


柿


24日(月)は、後ろの東は晴れて綺麗な空でした。
山


崇神天皇御陵(背景)と柿・・・
8kakigailtupai.jpg

畑で・・ちょっと解らない野菜です・・・?
畑で



主人に撮ってもらいました・・逆光なので丁度いいかな!
でも、なんだか・・寂しそうな人に・・・
9nagamete.jpg


でも、やっぱり・・今日も雲が多くて・・
お天気の良い午前中に行かなければ・・・


山の辺の道を歩かれる方に、是非・・立ち寄って頂きたいと思うのです。
崇神天皇陵の裏側にあります・・・
そこから見える景色の素晴らしさ・・体感して下さい。
山の辺の道で一番の景色の良い場所です!


こんな素敵な場所にベンチやイスを置いて休憩場所を作って頂いた
「畑の住人」さんに感謝です。


今回の写真は残念ながら、24日も今日も雲が多く逆光でよい写真ではないのです。
お天気の良い午前中に行かなければ・・・


帰りに、長岳寺参道横で・・・背は低いけど・・
満開の向日葵が咲いてました!
向日葵


おまけ・・・長岳寺駐車場で・・
なんだか、ネコがいっぱい!
ネコ





宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング



関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

てくてく会ウォーク・山の辺の道・・・(1)


23日にてくてく会・・
山の辺の道へハイキングに行ってきました。

この日は、雨上がりの日曜で、お天気がどうなるやら心配してましたが・・
大丈夫でした。

※1 山の辺の道・・・
何度となく歩いた山の辺の道、奈良盆地の東側の山々・・・
その山裾に位置している日本最古の道。

昔・・奈良盆地は大きな湖だったとか・・・
人々が住めば道も出来る、それが湖岸の道(山の辺の道)・・・
時が経つにつれ水が干上がっていき川も出来る・・・
山の辺の道は、その時代ごとに変化していきました。
そして後に、東側から・・上つ道、中つ道、下つ道も出来てきました。


JR奈良駅から桜井線に乗って三輪駅まで・・・

JR奈良駅のホームに上がったら・・・なんとすごい人たち
これには、ビックリ・・日曜日だから尚更なのか・・
三輪駅に着いたら・・・ドドッと駅から出てくるわ!
(ちょっと静かになった時です)
JR三輪駅

リユックも持っている人は、我々と同じだけど・・・
持っていない人も・・
これは、大神神社の参道でわかりました!
秋の大神祭で、駐車場に入る車でいっぱいです!
参道には、少し早いけれど・・七五三の子供達で可愛い姿!
神さまに道中の無事を祈ってスタートしました。
大神神社


お天気も何やら回復の見込みと行った処でしょうか・・
少し青空も見えてきました。

狭井神社を少し行くと、※2 月山日本刀鍛錬道場があります。
奈良県指定無形文化財保持者で、月山派五代刀匠月山貞利さんの道場!
貞利さんの父(月山貞一氏)は、重要無形文化財(人間国宝)になっておられます。
刀を作っておられるなんて・・一度見て見たいものです。
月山日本刀鍛錬道場


山の辺の道


この辺りは、柿の木があるのですが、すでに摘み取りをされていました。
山の辺の道



ちょっと見落としてしまいそうな貴船神社
水の神様で、また縁結びや夫婦円満にご利益があるとされてます。
貴船神社


次に小さな小川沿いに行くと、玄賓庵
平安時代、玄賓僧都が隠棲したと伝える庵で木造の玄賓僧都像や
不動明王座像が安置してある。
玄賓庵


玄賓庵


そして・・・
林の中を行く・・・良く見る道標(評論家・小林秀雄揮毫)がある。
山の辺の道


もう少し歩くと、やっと見えてきた桧原神社
桧原神社

ここからの二上山に落ちる夕日が美しく、春は3月秋は10月始めです。
桧原神社

流石に、多くの人が休んでおられます、桧原神社から少し西へ行くと
井寺池がありその土手には、ノーベル文学賞作家川端康成氏の書になる歌碑があります。

「大和は 国の真秀ろば たたなづく 青垣 山籠れる 大和し麗し」(古事記 倭建命・歌)

ほんとに、いい眺めです!
歌碑


歌碑


その池で釣りをしているグループが・・何が釣れているのか、尋ねようと思ったら・・
どうも日本人ではなくって・・


さて、桧原神社に戻って・・・すぐ下の「桧原御休処」へ・・
桧原御休処

日曜日なでの、すごい人・・・お土産や果物・野菜などなど・・・
桧原御休処

「にゅうめんセット」もあります!
ここで、みんなで柿を買って食べました・・ほどほどの柔らかさで美味しかった!
ここの珈琲が、ネルドリップ式とか・・・
飲んでみたいけど先があるので柿で我慢!

ナラ咲く かぎろひさんブログ「かぎろひNOW」で詳しくお店「桧原御休処」の事を、書いておられます!
美味しい柿を食べたので疲れも飛んで先へ・・・




山の辺の道

東の山並には、みかん畑が多くなってきた・・果樹園などもある!
道端には、ミカンやリンゴ・柿なども売っている。
リンゴと思うのは、小さなアルプス乙女という品種!
青空で、ホントにいい景色・・・
りんご・アルプス乙女


果樹園

山間をぐるっと回り込むように、下りの道が続く・・・
この辺りが、大和青垣が美しい場所でもあって大好きな場所です!
遠くに西の山並が見える・・・ほどなく巻向川に沿って集落が見えてくる・・
この川に沿って東(山間)に行けば桜井市の笠地区に至る。

巻向川沿いに民家の前には無人の店も多い・・
行きかう人も「こんにちは」の挨拶で笑顔・・・

山の辺の道

まだまだ、ミカン畑や柿畑・・・コスモス畑も遠くに見えてくる。
果樹園もあって、ここから東に上って行けば相撲神社
春は、桜が綺麗な場所です。

この辺りは、穴師・・・ここら辺でお弁当になりました。
食べるのに夢中で写真がありませんぬ!(;O;)
お弁当を食べていても、「こんにちは」の声がかかって・・・
嬉しい限りです。
さて、出発・・・
少し下って右折・・細い道を下って行って川を通る。
山の辺の道

所々・・・コスモスが、近くには額田女王歌碑もあります!
この辺りも景色が美しい二上山や葛城・金剛山も見えますが・・
残念ながら西は曇り空!
緩やかな坂を過ぎれば、柿畑あり田んぼの稲刈りもすんでいます・・・
大きな柿

テントで大きな柿が売られていた・・なんと一つ500円!
試食用の柿を頂く・・すごく美味しかった!
柿



景行天皇陵が見えて足元は石畳で、景色を見ながら歩きます。
突当たりを左に曲がる・・小高い処がある、景行天皇陵ろ号陪塚です。
景行天皇陵ろ号陪塚

集落を過ぎて・・・ジグザクに下りて川を渡って上ると新しい休憩所がありました。
今回、山の辺の道を歩きましたが、休憩所が増えています。
山の辺の道

お水が飲めて手も洗えるようになっています、そして景色もいい場所に!

まっすぐ・・・見えてくるのは崇仁天皇陵・・・この辺りも石畳になって
少し大きい休憩所・・ベンチもあります。
石畳が階段のように上って・・・二上山が綺麗に見えます!
山の辺の道

ここからの夕景が素晴らしいのですが、なかなか撮りにこられません!
トレイルセンターまでもう少し!
崇仁天皇陵と櫛山古墳の間の道を下っていきます、集落の中を進んで・・・
そば処「千古」のお店が見えて来て、右に上がって行くと・・・
天理トレイルセンターです。
トレイルセンター

山の辺の道の案内センターがある施設です。
館内には、黒塚古墳の石室模型など、天理での出土品なども見る事ができます。
ここで、休憩・・熱いお茶なども飲む事も出来ます。

つづく・・・

長文を読んで頂き有難うございます。



※1 山の辺の道の名称は『古事記』では、崇神天皇の条
「御陵は山辺の道のまがりの岡の上にあり」同じく景行紀には
「御陵は山辺の道上にあり」とあり、これらに由来すると思われる。


※2 日本刀「月山記念館」・・こちら
   日本刀「月山記念館」関連記事・・・こちら


宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング

関連記事
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...