日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

もう一度、アサギマダラに・・・





先週、フジバカマが咲く太郎生のアサギマダラを見に行きましたが
今週、もう一度アサギマラダに会いに行ってきました。
1tarooasagimadara11.jpg


奈良市の大和高原に新しいトンネル(中之庄トンネル)
が出来たことを前回書きましたが、今回は田原の日笠町から、中之庄トンネルを
通過して針、榛原、御杖村、太郎生と行きました。
道路が空いていたのか1時間15分ぐらいで着きました。


フジバカマは、ほぼ満開でアサギマダラも多く飛来してました。
2tarooasagimadara11.jpg



3tarooasagimadara11.jpg



そして、平日にも関わらず多くの人も来られてました。

そして・・・マーキングを!
アサギマダラの渡りの調査のためのマーキング説明も受けてかかりの方に見て
頂きながらそっと翅に日付、場所、名前(アルファベット3文字)を書いて放蝶を
させて頂きました。
4asagimarking.jpg



太郎生でマーキングされたアサギマダラたち。
5asagimarking.jpg



アサギマダラはフジバカマの蜜を吸って、自分の身を守っています。
フジバカマに寄ってくるアサギマダラは、ほとんどがオスです、オスのお腹には
フジバカマの蜜に含まれる毒性の強いピロリジジンアルカイドが体内に蓄積されます。

敵から守る防衛のためです、またこの物質を体内でダナイドンという物質に
変換してオスの性フェロモンとしての材料となっているそうです。


6asagimarking.jpg


アサギマダラが蜜を吸う植物は、フジバカマ以外ではヒヨドリバナ、アザミ、
スナビキソウ、セイタカアワダチソウなどなど多くがあります。

アサギマダラの好きなフジバカマは、秋の七草の一つでもあります。
薬草になったり、桜餅の葉のような匂いがあり、匂い袋にもなっています。


7asagimarking.jpg




他の場所から、飛来してこの太郎生で一息ついているアサギマダラもいましたが
いつの間にかどこかへ飛んで行きました。

太郎生では、他の場所から来たアサギマダラも一旦捕獲して調べてから
また放蝶するそうです。




フジバカマ畑のそばに気になる植物がありました。
よ~く見ると・・・・何やらちょっどゾクッとなるような黒い幼虫が!
8jyakouageha.jpg


側に看板があり「ジャコウアゲハ」の幼虫のようです。
葉はウマノスズクサで、※1アルカロイドが含まれているそうです。
9umanosuzume.jpg


このアルカロイドとは植物に含まれるアルカリ性の有毒成分です。
代表的な物質はアリストロキア酸、※ジャコウアゲハの幼虫は体内に蓄え
派手な体の色で自らを鳥などから身を守っています。


今回、マーキングをしたアサギマダラや、途中休憩のために立ち寄った蝶たちが
四国や大分県の姫島などで休みながら、無事に海を渡って暖かな南西諸島
あたりまで無事に到達すること祈るばかりです。


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング





Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

旅をする蝶・アサギマダラ




台風が去ってやっと、いいお天気になりました!
雨や曇りで、カメラを持って彼岸花さえ撮りに行くことができませんでした。

晴れた昨日、どうしても見たい蝶(アサギマダラ)を見に行ってきました。

アサギマダラは、翅(はね)を広げると10センチほどにもなります。
透き通るような水色に黒や茶色の翅脈(しみゃく)が入った、まだら蝶です。

このアサギマダラ、秋は北から南へ「渡り」をする蝶として知られています。
飛んでいく先は、日本のほか、朝鮮半島、中国、台湾まで・・・

そんな興味深いアサギマダラを見に御杖村から三重県、太郎生(たろお)へ。

御杖村、道の駅から10分ほどで太郎生地区に到着。
すぐに畑を見つけることができ、駐車場もあって地元の人に誘導して頂きました。
1tarooasagimadara.jpg

アサギマダラがいる場所は、フジバカマの花が咲いている畑です。
この太郎生地区では、5、6年前からアサギマダラが好むフジバカマ
を休耕地に植えて、蝶を呼ぶ活動を始めたそうです。

畑の奥へ行くと・・・
アサギマダラがいました!
2tarooasagimadara.jpg
フジバカマの花に乗ったアサギマダラ、ふわふわと軟らかな飛び方です。


3tarooasagimadara.jpg

フジバカマを植えた最初の年は、数匹のアサギマダラの飛来が確認されました。
今は、フジバカマの畑は大きくなり、昨年は300匹以上のアサギマダラが
飛来したとの事でした。

4tarooasagimadara.jpg

ここでstudy!
アサギマダラの世話をしている方から聞きました。
私も知らなかったことなのですが・・・
蝶の数え方は一般的には「匹」ですが正式は「頭」だそうです。
5tarooasagimadara.jpg


これはオスです、フジバカマの花の蜜を一生懸命に吸っています。
6tarooasagimadara.jpg


蜜を吸うストローのようなもの口吻(こうふん)と言います。
忙しげに花の中へ・・・
7tarooasagimadara.jpg
この日は、風が強くってフジバカマについた数匹のアサギマダラも
花ごと左右に大きく揺れています・・
すぐにどこかへ飛んでいくので、カメラで撮るのも大変でした。
フジバカマの香りも良いそうですが、風で香りなんてしませんでした。


太郎生地区では、アサギマダラに※マーキング(標識)をして移動先を調べています。
※アサギマダラの翅(はね)に油性ペンで場所や日付を書いて放すそうです。
8tarooasagimadara.jpg

翅を傷めないのかが心配なのですが・・・
アサギマダラには鱗粉がほとんどないので書けるそうです。

これは、キジョラン(鬼女蘭)の葉です、フジバカマの近くに植えてありました。
9tarookijyoran.jpg
このキジョランの葉は、アサギマダラが食べて育ちます。他の蝶にとっても
なくてはならない植物です。キジョランの他にも(オオカモメヅル、イケマなどなど)
などがあります。また、葉に卵を産みつけ、育った幼虫が食べて育ちます。

アサギマダラの見分け方!
asagimadaraosumesu.jpg

※:アサギマダラ(浅葱斑、学名:Parantica sita)はチョウ目タテハチョウ科
マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。
翅の内側が白っぽく、黒い翅脈(しみゃく)が入る、この白っぽい部分は半透明
で水色、鱗粉が少なくこの水色の部分が和名の浅葱(あさぎ)色、あたり
青緑色の古称なんです。

日本の涼しい高原で繁殖して、秋に暖かい地を求めて南方に移動をします。
遠く九州や沖縄がある南西諸島や台湾にまで海を越えて1000キロ以上の旅をします。
繁殖をして、今度は春から夏にかけて北上して本州の高原などに戻ってきます。
アサギマダラが、渡りをする理由の一つに「温度」の関係があるそうです。

アサギマダラのオスはフジバカマの蜜を吸います、それはオスがメスを誘う
ために欠かせないフェロモンの物質が含まれているからだそうです。
オスは、花の開花前線を追いかけて旅をするとも考えられています。

なんのために海を渡ってまで長距離移動するの?
方角がどうして分かるの?
などなど、まだまだ謎がいっぱいのアサギマダラです。

不思議な蝶・アサギマダラに会えたことに感謝でした。
出来れば、また会いに行きたいと思います。

~太郎生地区のフジバカマ畑を飛んでいるアサギマダラです~
[広告] VPS


※三重県美杉町太郎生地区ではアサギマダラの観賞会があります。
 10月8日(土)~16日(日)「アサギマダラ観賞週間」
taroopp.jpg
(クリックで拡大)

宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング







Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

霧のハーブガーデン




ラベンダーを見た後にハーブガーデンの中央に向かいました。


ラベンダー畑よりも、霧がすごく幻想的なハーブガーデン。
1herbgarden_0710.jpg



それぞれの名前が良く解らず、花の名前が書いた看板があるのですが・・・
調べると、写真と違っていて、花の名前が困難になりました。
2herbgarden_0710.jpg


霧で水滴がついて綺麗です!
4herbgarden_0710.jpg


遠くの花が見えないので、近くの花を撮りました!
(クリックで拡大)
5herbgarden_0710.jpg    3herbgarden_0710.jpg

6herbgarden_0710.jpg    7herbgarden_0710.jpg
途中からは、少し風も出てきてユラユラ・・・・
8herbgarden_0710.jpg    9herbgarden_0710.jpg

10herbgarden_0710.jpg    11herbgarden_0710.jpg



霧が無ければ、こんな風景です(2007年に行った時)
12herbgarden_200707.jpg


昨日(7月12日)は、晴れたようです。

今回、残念ながら晴れではありませんでしたが、思いもよらぬ霧にめぐり合いこれもまた、美しい景色に出会えました。
写真を撮っていて・・・ふっと思ったのは、伊吹山へ行った時も、途中から霧の中へ・・・
あの時も、高山植物の幻想的な景色に見とれていました。


来年こそは、晴れた日に行きたいと思います。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

霧のラベンダー畑





さて、ここはどこでしょう?
1lavender_0710.jpg
ラベンダー畑です、すごい霧であまり見えません。




昨日、午後から三重県の伊賀市、メナード青山にあるラベンダー畑に行きました。
本当は、6月下旬頃に行きたかったのですが、この時期になりました。

昨年も、雨などで行くことができずにいました。

名阪国道、上野東から行くのですが、霧生地区までは晴れていました。
0aoyama_0710.jpg

ところが、そこから山や奥を見ると・・・
霧が立ち上り、行く道も霧で包まれてしまいました。


なんとか、ハーブガーデンの駐車場に到着。


気温が低く22度ほどで、外は霧で隣りの車しか見えない感じでした・・・
ハーブガーデンまで降りて行くと、霧が流れているようでした。

ラベンダー畑まで行くと、霧に包まれたラベンダーの香りでいっぱい!
霧の中の二人・・・・いいですね。(クリックで拡大)
2lavender_0710.jpg

少し終盤を迎えていましたが、まだまだ咲いている所もあって多くの人が来られていました。
(クリックで拡大)
3lavender_0710.jpg
           
4lavender_0710.jpg

これだけ見えないと、どこにいるのかさっぱりわかりません!
ラベンダーの花に水滴が、とても綺麗です。(クリックで拡大)
5lavender_0710.jpg
             

8lavender_0710.jpg



大好きなオカムラサキと昆虫たち!(クリックで拡大)
7lavender_0710.jpg
              

6lavender_0710.jpg



2011年に行った時は、このような感じでした。(クリックで拡大)
10lavender_2011.jpg    11lavender_2011.jpg


今回、ラベンダー摘み取りもしましたよ。
9lavender_0710.jpg


500円で50本摘み取りですが、綺麗なラベンダーを見つけるのは大変!
中腰になって摘み取りでした。

やっと行くことができましたが、まさかの霧の中・・・
ここは本当に天気の良い日に来たためしがありません。


さて、この摘み取ったラベンダーで有るものを作りましょう。
それは、また後で・・・。

〒518-0295 三重県伊賀市霧生2356
 TEL 0595-54-1326
ハーブガーデン入園料:1000円(JAFカード提示で800円)

メナード青山「ハーブガーデン」・・・こちら★

今の時期のお花たち・・・こちら★


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

ハルリンドウ(春竜胆 )



春に咲くリンドウがあります。

ハルリンドウとフデリンドウ、コケリンドウなどで、その中でも美しく
可愛いハルリンドウを見てきました!

場所は、三重県伊賀市の「三重県上野森林公園」です。
奈良市内から車で約1時間ほど、名阪国道の友生インターから3分ほどで着きます。

公園内を歩いていると・・・咲いてました!
高さ10センチほどなので、すごく低くって・・・
青紫色で無ければ見つからないほどすごく可愛い花です。
1harurindou15.jpg


閉じている螺旋状から、朝日を受けるとともに開花して夕方には閉じるそうです。
花冠(花弁)は5裂していますが、裂片の間に副花冠があるので、10裂しているように見えます。
花の中心部はやや色が薄くなって、紫色の筋が入る花弁です。
2harurindou15.jpg


雄しべが先きに熟し、雌しべは後から熟すことで他花の花粉による受粉を確実にする
優れた子孫を残すために、雄性先熟と言われる仕組みです。
雄性期で雄しべが花粉をたくさん付け   雌性期の花で雌しべの柱頭の先が二つに割れ
雄しべが花粉をたくさん付けています            雌しべの柱頭の先が二つに割れています


ハルリンドウは雌雄異熟(しゆういじゅく)の雄性先熟
高等植物の花において両性花でありながら,めしべ (雌ずい) とおしべ (雄ずい) の成熟期をずらして
自家受粉ができないようになっています。



三重県上野森林公園・・HP





宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

桜巡り'13・・・・三多気の桜



もう、宇陀市の仏隆寺の千年桜は、満開を迎えている!


tenichiさんブログ「仏隆寺の千年桜」でも満開!

また、かきちゃん事カッキーさんブログ「仏隆寺の千年桜」でも書かれていた。

私も、行かなくては・・と、思って行く用意も万端でした。

ところが・・

「三多気はどうだろう?」なんて言われて・・・
調べたら・・もう咲いているのがわかった・・

仏隆寺は、三多気に行って帰りに寄ろう・・
と、言う事で御杖村を目指す事に!
御杖村の道の駅を通過して三重県へ。

三多気の桜は、真福院の山門に至る1.5km余の参道に山桜があって
桜の名所にもなっています。
1三多気・桜の参道13

そして「日本さくら名所100選」にも選ばれています。
桜は、古木で花も咲きますが、葉もすぐに出てきます。
2三多気の桜13


中腹の駐車場から、急な坂の参道を歩いていきます。
集落を過ぎて、茅葺の家も古木の桜で絵になります。
3三多気の参道と萱ぶき屋根13


側には田んぼがあって・・そして古木の桜・・
水を張った田んぼに映り込む風景が、なんとも言えません!
4三多気の桜13


風があって水鏡になりません!
5三多気の桜13


6三多気の桜13



参道を下って行きながら景色を楽しむ!
桜の古木の水鏡も綺麗です。
8三多気の桜13


民家の庭先には、水を引いて・・池が・・
大きな鯉がいましたよ!
9三多気の民家13



駐車場あたりの桜は、散り始めていますが・・・
ここ2、3日中は、見られると思いますので・・
宜しかったら、是非行って下さい。
7三多気の桜13



三多気に行く前に、東吉野にも寄り道をしたので・・
残念ながら、仏隆寺は寄らずに帰りました。

三多気の駐車場から家(奈良市内)まで約70Kmでした。


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング






Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

こんな暑い日は「赤目四十八滝」へ・・・

こんな暑い日は「赤目四十八滝」へ・・・
と、言う事で赤目四十八滝へ涼みに行ってきました!

実は、涼みにもそうですが、滝の写真も撮りたい・・なんて
一石二鳥を狙って!

さすがに赤目四十八滝は涼しいかった!

奈良市内と比べれば、随分涼しい処・・・
だけど・・・行きと帰りは暑かった!


私が写真を撮りたいなんて思っていたら・・・
今度、マンションからのてくてく会で行こうか・・という事になって
いろいろ調べてみると※「赤目四十八滝 渓谷の自然探勝きっぷ」
と、言うのがが発売されていて、これを買って行く事に!


久しぶりに・・電車ですぞ~!

八木駅から名張方面なんて・・何年ぶり??
車窓から見える165号線もいいもんだ!
榛原あたりを過ぎれば額井岳が見えてくる・・・

赤目口駅も初めて降りる。
赤目口駅

周りは田畑が広がって・・遠くに山並み・・
あのあたりが、赤目かなぁ・・なんて思いながらバスを待つ!

宇陀川の支流・・滝川に沿ってバスは走って行く・・

10分ほどで谷間の温泉や土産物店を過ぎて赤目四十八滝に到着!

少し歩いて日本サンショウウオセンターへ・・・
ここが赤目四十八滝の入り口!
日本サンショウウオセンター

天然記念物のサンショウウオが水槽にいます!
でも、ちょっと慣れないわぁ~・・・
なんだか・・もう涼しそう!
赤目四十八滝遊歩道


滝への遊歩道を歩いて行く・・


暑い太陽が赤目滝の谷間で隠れてしまう・・
時折見せる太陽の光も優しい日差しのように感じる・・

歩いていると、結構多くの人に出会う!
家族連れも多く・・時折水に足を入れながら・・涼んでいる!

霊蛇滝(れいじゃたき)(クリックで拡大)
霊蛇滝


不動滝(クリックで拡大)
不動滝


優しい流れが続きます・・・乙女滝
乙女滝


澄んだ川も鏡のように周りの木々が写り込む!
川の水鏡


千手滝(クリックで拡大)
千手滝


同じく先手滝(クリックで拡大)
千手滝2


遊歩道が続き・・滝壺で水遊び・・・
かなり深い滝壺もあるそうです!
遊歩道



布曳滝(クリックで拡大)
布曳滝



遊歩道からの竜ヶ壺(クリックで拡大)
竜ヶ壺


竜ヶ壺への流れ・・・(クリックで拡大)
竜ヶ壺2


歩いていると滝が、どれがどれだかわからなくなってくる・・・

急な階段状の登りがそびえるようにあったり・・・
急な階段

滝にせり出すように橋のようにかけられたり・・
結構スリルもあったり・・


川魚が見えます・・
カワトンボも多くいて・・綺麗でした。
魚とカワトンボ



小さな可愛い花メノマンネングサ
岩の上や隙間に多く咲いてましたよ!
メノマンネングサ
追加・・・花は間違っていました。
渓流で良く見かける「ヒメレンゲ」かなぁ?とも思いましたが
「マルバマンネングサ」かもしれません、調べ直してみます・・すみません。



ゆっくり写真を撮りながら歩いていたので・・・
帰りのバスの時間も考えていなかった・・(>_<)
慌てて戻りました・・今回は、途中まで!


戻ってきてすごい名前の珍しいお餅!
「へこきまんじゅう」
サツマイモで出来た饅頭だそうですよ!
中は、漉し餡や粒餡・・クリームなどもありましたよ!
へこきまんじゅう屋

へrこきまんじゅう屋


見晴亭と言うお店で、かき氷を食べがらバスを待つ事に・・
涼しい風が心地よく吹いてます・・・
お店の下に見える滝川
滝川

カメ?・・いえいえスッポンでした!
スッポン


近鉄赤目口駅まで戻って・・・

電車を待つ!
赤目口駅ホーム



ちょっと私も・・・これって流し撮り?
頑張ったんだけど・・・あっと言う間に・・・
(クリックで拡大)
電車の流し撮り






「赤目四十八滝 渓谷の自然探勝きっぷ」 発売期間:平成24年12月2日まで!

きっぷの内容は・・・(乗車開始日から2日間有効)
往復割引乗車券(電車)+バス往復割引乗車券+入山チケット引換券
+お土産・飲食の割引+温泉入浴料金割引+「忍者の森」修行体験料金割引!

詳しくは・・【赤目四十八滝 渓谷の自然探勝きっぷ】




宜しければポチっとお願い致します。
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

今年も、爽やかな場所・・ラベンダー畑へ・・・


ちょっと雨雲が心配だったけど・・・
昨日、ラベンダーを見たくって・・三重県のメナード青山ハーブ園へ行ってきた。

今日は、すごい晴天なので今日行けば良かったと後悔!

毎年行っているのだけど、あまり晴天には恵まれていない!
メナード青山は、高い場所にあるので大分涼しく感じる。
1lavender.jpg

奈良市内とは、随分気温も違って風が気持ち良い・・
蝉の声も、なんだか爽やかに聞こえる・・・私だけ??
2lavender.jpg

3lavender.jpg

あまり、ハーブの名前は知らないけど・・・
10lavender.jpg

11lavender.jpg

カモミール・・・ミント類・・・セージ・・・バジル・・・
ベルガモットの赤い花・・・マリーゴールドの黄色の花・・・
などなど、いっぱい咲いていました。

ラベンダーの摘み取りもやっているのですが・・・
残念ながら、今週の日曜日頃に多くの人々が来たのか・・・
摘み取られた後だったようです。
(クリックで拡大)
4lavender.jpg   5lavender.jpg    6lavender.jpg


周りの景色は山ですが、お天気が良ければ知多半島が見渡れる場所も
あって・・・気分転換にはもってこいの場所でした。



宜しければポチっとお願い致します!
ブログランキング
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...