日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

室生寺の石楠花




午後から晴れてくるのでどこかに花を見に行こうか・・・

と、主人が言ったのでどこがいいかあれこれ悩ん末に2年前に行った室生寺の
石楠花を見に行くことにしました。


今日は、風が強く寒いほど・・・
少し暖かめの服装で出発!

車の助手席でスマホで室生寺周辺の混雑状態を調べる・・・
少し混んでいる様子・・・

きっと、駐車場の出入りで混んでいると思い龍穴神社の方から
室生寺へ入って行きました。


太鼓橋から・・・
1murousyakunage29.jpg


室生寺に着く頃から青空が出てきました!
2murousyakunage29.jpg


まぶしいほどですが、少し寒かった。
3murousyakunage29.jpg


木々の新緑も綺麗です!
4murousyakunage29.jpg


カエデの緑もまぶしいほど!
5murousyakunage29.jpg



鎧坂、石段の石楠花も終盤でしょうか・・・
石楠花は少し遅かった・・
それでも、こんなに綺麗に咲いてました。
6murousyakunage29.jpg


五重塔を後ろに・・・。
7murousyakunage29.jpg



8murousyakunage29.jpg



9murousyakunage29.jpg



2年前に行った時が、あまりにも美しかったかもしれませんね。
その時の記事・・・こちら★


太鼓橋の近くのお店で頂きました。
お店の中では、暖房がしてありました。
10murouihiru29.jpg



いつもの草餅屋さんで草餅を!
11murouyomogimoti29.jpg
次から次へと来るお客さんで大忙しです!
作り置きは無く少し待ってました。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

諸木野・御杖村を散策・・・




諸木野、御杖村の丸山公園からの帰り・・・

里山の神末集落をちょっと散策をしました。

「みつえ青少年旅行村」の方へ行くと田んぼの土手に綺麗な枝垂れ桜です。
1mituekamisue15.jpg


田には水が入って、もうじき”代かき”が行われるのでね。
もう、道端にはイタドリが咲いていました!
2mituekamisue15.jpg



一軒の家に鯉のぼりが風をきって泳いでいました。
鯉のぼりは里山に良く似合います。
5mituekoinobori15.jpg


御杖村神末は、半夏生の花(葉)が多く咲く場所があって見に来た事があります。
今年も7月頃に、半夏生を見に来たいですね。


旧の伊勢街道を歩く方も多いとか・・・
そのために、解りやすい標識なども設置されています。
写真はないのですが、近くには「子もうけ石」などがあります。
6mituedouro15.jpg 7mituedouro15.jpg


この近くの民家の枝垂れ桜が、目に飛び込んできました!
3mituekamisue15.jpg

鮮やかなピンクです!
4mituekamisue15.jpg



丸山公園近くには「金壺石」があります。
10kanetubo15.jpg

看板には・・・
「この石の上で毎年正月元旦の朝、金鶏が鳴くと伝えられている敷津七不思議の六である」
と書かれていました。

全国にも「金鶏伝説」というものがあります。
「山または塚に埋められた金鶏が、多くは元旦に鳴くという伝説。長野県下伊那郡では
朝日松の根もとに長者が金鶏を埋めた塚があり、毎年元旦に鶏の鳴き声がするといわれる。
このような伝説は日本全国各地に数多く伝えられており、元旦に鳴くもの鳴き声を聞くことを
吉とするもの、凶とするものなどさまざまで、長者伝説を伴っている」

御杖村・敷津七不思議 参照



そうそう、諸木野の桜はこんな花!
(2回クリックで拡大)
8morokinosakura15.jpg

その時、近くでウグイスを発見!
慌てて撮ったので、ちょっと解りにくいのですが・・・
(2回クリックで拡大)
9morokinouguisu15.jpg


御杖村の道の駅では、山菜のワラビ、コゴミなどが売られていました。
もちろん、コゴミとワラビを買って帰りました。
11mitinoekisansai15.jpg


珍し物では・・鹿の角なども売られていましたよ。
12mitinoekistuno15.jpg

角、片方3500円・両方7500円だそうです。

この前、ラジオで奈良公園のどこかに鹿の角が落ちているとか、いないとか
お話をされていましたが・・・こんなにもいいお値段だとは・・ビックリポンです。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング





Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

やっぱり、ここのうどんで!




長谷寺参りの後、お昼を過ぎていたので毎年のことながら
榛原の「こんぴらうどん富士」へ行くことにしました。

この時いつも思うのは・・・
どうか、お店が休みでありませんように・・・と、車の中で・・・

久しぶりに行く「こんぴらうどん富士」お店は営業中でした!
良かった(^-^)

午後1時を過ぎていたので、お客も空いている頃だろうと思いましたが
お店の中は満員で、初めて順番を待つことになりました。

カウンター席はこんな感じ・・・ちょこっとカメラに収めました!
2konnpiraudon0107.jpg
映っているのは、大きな男性の背中ばかりです・・・ウフフ!
お仕事をしている方々は忙しいです!


待つこと15分ほど・・・
1konnpiraudon0107.jpg

肉うどんと”おでん”3つ(スジ・ちくわ・豆腐)やっと頂くことができました。
肉うどん=700円・おでん=1つ100円

おでんは、いつものように自分で皿に入れます・・・
豆腐を入れる時が一番難しく、壊れないようにフライ返しが置いてあります。

うどんもおでんも・・・・癖になりそう・・美味しい!


さて、メニューは?
ざっと、こんな感じです。
3konpiraudon0107.jpg

今年は、このお店に何度来られるのかしら・・・


次回を楽しみに、また来たいと思います。




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

今年も長谷寺参りへ・・・




昨日、やっとお参りに行くことができました。
昨年も行った長谷寺へ・・・

ここ長谷寺は、お正月を過ぎたら行くようになり、干支の「起き上がりこぼし」を購入するようになりました。


入山料を払って、保全修理が行われている仁王門へ・・・
修理は、平成29年3月末まで続くそうです。

仁王門への石段を数段登った時・・・
あれ? 石段と石段の間に、何かが咲いています・・・
とても、小さな小さな花なのですが、立っていると見えません!
カメラで撮ってみると・・・小さな小さなスミレのようです(1センチにも満たない大きさです)
1hasederaisidan16.jpg


もう、ビックリポン!
たぶん誰も気付かないよう場所で小さなスミレに出会えました!
何を目にするか解りませんね。


登廊から見えてくるのは・・・
丹精込めて咲かせておられる、菰をかぶった冬牡丹いつ見ても可愛い感じです。
2hasefuyubotan16.jpg


昨年から、今年にかけては暖冬のせいか、花が散ってしまっているのもありました。
3hasefuyubotan16.jpg


冬牡丹を見ながら、まだまだ登廊を登っていくと・・・
右手に大きなソテツ(蘇鉄)があるのですが、なんだか赤いものがいっぱい!
4sotetu16.jpg

帰ってから調べたのですが・・・
思い出しました・・・歌にもありますね!

~♪~赤いソテツ(蘇鉄)の 実も熟れる頃~♫~

ここに突っ込まないで下さいネ!
この歌を、歌ったことはありませんので・・・
ワタシではなく父がよく歌ってました!
5sotetumi16.jpg


これはソテツの雌花、びっしりと詰まって見えるオレンジ色の実、初めて見ました。
長谷寺のホームページにも書いてありました。
ソテツについて・・・こちら★
昔、長谷寺が炎上した時に、観音さまの頭頂仏が、このソテツの花まで飛んだという
伝説もあるようです。

ゆっくりと登廊の周りを見ながら上がっていうのはいいもんです!
初めて見るものや風景に驚かされます。



修理をされた外舞台へ・・・
前は、先まで行くのが少し不安でしたが、修理をされた舞台はなんだか広く感じます。
7butai16.jpg


知らなかったのですが、舞台の手すりで擬宝珠が付いている下の台のようなものが
付いていますが「猫足」という名前だそうです。(赤丸部分)
6butai16.jpg



ちょうどお昼頃になり、鐘楼の急な階段を上って行かれます・・・
鐘楼のは「尾上の鐘」という鐘がぶら下がっています。
8kaidannobori16.jpg

この鐘を別名で「未来鐘」といいます、実はこんなお話があります・・・

昔々、山城の国(現京都府)にある男が住んでいました。男はひどく貧しかったのですが
人一倍信心深く、毎月、長谷寺にお参りしていました。ある日のこと、男は長谷寺の慈願
(じがん)というお坊さんに、このお寺の鐘が小さいことを話題にして言いました。
「私の願いが叶いましたら、大きな鐘を奉納しましょう」それを聞いた人々は笑いました。
「いま奉納するのかと思えば、未来のことか」それから男はみんなから「未来男」と
呼ばれて馬鹿にされました。
しかしその後、十一面観音さまの霊験がこの男を変えました。山城の貧しい男は、なんと、
近江の国(現滋賀県)の国司代という役にまで出世したのです。 立派になった男は、
約束通り、大きな鐘を長谷寺に奉納しました。人々はその鐘を「未来鐘」と呼ぶように
なりました。「未来男」と笑う者は誰一人としていなくなりました。
男が奉納した未来鐘は火事で焼けてしまい、今の釣り鐘は後に寄進されたものですが、
今でも尾上の鐘は未来鐘と呼ばれ続けています。


◆JR東海・うましうるわし奈良「大和をかし話」長谷寺の未来鐘より
 他にも面白い話がいっぱいありますよ・・読みたい方は是非こちら・・・


正午の鐘とほら貝が長谷寺の周りの山々に鳴り響く・・・・
昔から、絶えることなく続いています・・・・
9horagai16.jpg


本堂を抜けると大黒堂があり、お堂の前に並んでいるのは・・・
多くのねずみさんたち、おみくじになっています。
10daikokunezumi16.jpg


今回の目的の一つ、御守授与所にきました。
干支の起き上がりこぼし「申」です!
11etookiagarisaru.jpg


ここから、本坊へ・・・
本坊から見る冬牡丹と舞台の眺めもいいですが残念ながら、散っている花もありました。
12honboubotan16.jpg


この日は曇り空・・・・
帰り際になると、時々日差しも入り、もう一度登廊側の冬牡丹を見ることにしました。
13fuyubotan16.jpg

はやり、大きな大輪で綺麗ですね!
14fuyubotan16.jpg



帰ってから、「申」の起き上がりこぼしを鏡餅の前に並べました!
15etosarukagamimoti.jpg


後で、昨年の「未」さんと交代です。
「申」の起き上がりこぼし・・お尻?底?が真っ赤でした。


★昨年の記事・・・
2015年01月07日・・・・「霧の長谷寺」



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

宇陀のヤマユリ




ある一枚のヤマユリの写真を見てどうしても見たくなった・・・

でも、どこだろう?
でも、どこかで見た風景・・・

探してやっと解った場所、なんだ何度か通った場所でした。

今日の午前中に行ってきました。

大宇陀の調子地区、ある家の裏山になるのでしょうか?
道路から、見えるこんもりした森の中に無数のヤマユリです!
1udayamayuri_0802.jpg

先に、カメラマンが一人おられました・・・
挨拶をして撮っていると、その裏山の持ち主の方が見えられおしゃべりを!
2udayamayuri_0802.jpg


ヤマユリは、シカやイノシシなどの被害はないそうで、毎年ヤマユリの種を取り上の方に蒔いて増やしているとか・・・・
だけど時々、少し大きくなった苗が判らずにウッカリ刈ってしまうのだとか・・
7udayamayuri_0802.jpg



あの強いほどの香りを放つ立派なカサブランカですが・・・
このヤマユリやカノコユリなどを交配して育種されてます。
4udayamayuri_0802.jpg



こんなにも多くのヤマユリが見られなんて・・・素晴らしい!
5udayamayuri_0802.jpg




道路から見ると、こんもりした森でしょ!
ヤマユリを増やす努力をされていることに本当に感謝です。
6udayamayuri_0802.jpg




おしゃべりをしていて、無数のネジバナが群生している場所を教えて頂きました。
だけど、大体の場所なのではっきりとは探してみなければ解りません!

今年のネジバナは終わってしまいましたが・・・
来年、場所が見つかればそこへ行きたいと思います。


そう言えば・・・ヤマユリの香りって・・
どうだったのでしょうか・・・・



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

雨の室生から・・・





梅雨に入った先週、室生の山道・・・
ヤマアジサイやコアジサイが美しいけれど・・・

雨が降って空を見上げると・・・・
覆いかぶさるような木の葉が・・・
これは、ホオノキ?   まだ若木です。
1kurouhoonoki.jpg

雨でシットリ濡れて・・・
光が差し込んだらもっと美しいだろうなぁ・・・なんて思いながら散策・・・・
2murouhoonoki.jpg



薄暗い間から一筋のノバラ(野薔薇)。
3murounoibara.jpg


帰り道の山添村で・・・石垣のような所に咲いているユキノシタ。
ちょっと、発見!   こちらを見て下さい→こちら
(右下写真)顔のような・・・お面のように見えませんか??

4yukinosita0605.jpg


五枚の花弁があって下の二枚は白く細長い、上の3枚は、小さくって赤い斑点があり、少し黄色の色もある。
赤い斑点が、なんだかお面をかぶっているようにも見えます。

遠くから見ると、白い花が無数に咲いていると見過ごしてしまいそうなユキノシタです。
5yukinosita0605.jpg



一つの花を良く見ると、不思議な花です。


※ユキノシタ(雪の下・サキシフラガ) Saxifraga stolonifera (ユキノシタ科 ユキノシタ属)
 名前は、雪のような白い花をかぶってその下に緑の葉を広げるから。
 白い舌状の花の形から「雪の舌」それが変じて「雪の下」との説もあるようです。
 漢名は「虎耳草」まだらで毛のある丸い葉っぱにちなむ。
 

宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

室生のコアジサイ



ヤマアジサイが咲いている場所にもコアジサイが咲いてます。


少し小ぶりなコアジサイ・・・・
1muroukoajisai2015_0605.jpg


林の中は、少し薄暗い場所もあって、コアジサイのブルーが引き立ちます。
2muroukoajisai2015_0605.jpg


足元に咲いているコアジサイの香り・・・・
なんとも言えない香りを、どう表現すればいいのかしら・・・
3kuroukoajisai2015_0605.jpg



コアジサイは、いろいろな場所で見かけます。
仏隆寺から室生へ向ける道沿いも見かけましたから・・・・
4muroukoajisai2015_0605.jpg

木々に雨があたり、多く降っているのが感じられないほど・・・
コアジサイの葉もあまり濡れていません・・・
5muroukoajisai2015_0605.jpg

(すべてクリックで拡大)

山添村、道沿いのコアジサイも咲いているかしら?
と、思うと行きたくなり、帰り道で寄ってみることに・・・・



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

室生のヤマアジサイ



雨の昨日、室生にヤマアジサイを見に行ってきました。

久しぶりに一人で・・・

はっきり言ってどこか解らないのですが・・・
なんとなくあそこでは・・と思っていきました。

始めて行く場所なんですが、ある集落へ行く途中・・・
山間の斜面にヤマアジサイは咲いていました。
1yamaajisai0605.jpg



側には谷川もあって側にもヤマアジサイが多く咲いていました。
2yamaajisai0605.jpg



山の斜面にも、少し遅かったのでしょうか・・・・
花が小さく感じました。
3yamaajisai0605.jpg


傘を差しながらカメラを持って・・・
まだ、雨は小降り・・・
4yamaajisai0605.jpg



道に沿って奥へと・・・・
5yamaajisaimurou0605.jpg
見えにくいのですが、道の右側にヤマアジサイが咲いてます。


これだけのヤマアジサイを見るのは初めて・・・
6yamaajisai0605.jpg


ヤマアジサイが咲いている近くには、大好きなコアジサイも・・・
少し小ぶりなのですが、とても良い香りがしていました。
7yamaajisai0605.jpg


雨も段々と多く降るようになってきたのであまり奥へは行かず戻ることにしました。

紫色の美しい萼の装飾花。
8yamaajisai0605.jpg


※ヤマアジサイ:別名は「サワアジサイ」
ヤマアジサイ Hydrangea serrata (ユキノシタ科 アジサイ属)
半日陰の湿り気のある林や沢沿いに生育している。
ヤマアジサイの花は6月から7月に咲く。周辺の4枚の花弁状の萼を持つ装飾花が開いて
目立つようになる。その後、中心部の普通花が開く。普通花は5枚の三角形の花弁があり
雄しべは10本である。
花の色は様々で、青色の清楚なものから、ほぼ白色、紫色あるいは紅色を帯びるものなど
個体によって変異が大きい。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...