CATEGORY: 奈良・散策・花  1/2

やっぱり佐保川のスイセン!

正月早々に雪が降り、佐保川のスイセンも昨年より咲き始めていたので雪が積もった写真を撮りたいと思って見に行きましたが・・・残念ながら、雪は融けていました。ここ数年、正月早々はスイセンの花が気になります、寒い冬に自然に咲いている花だからいいですね、今日もスイセンを見に行ってきました。これから咲き出す蕾も沢山あり!対岸の土手にも、所々スイセンが・・・いつか、土手いっぱいのスイセンが咲き誇って多くの人が桜...

  •  2
  •  0

吐山のスズラン

今年も、吐山と向渕のスズランを見に行ってきました。針から榛原への道・・・吐山南口バス亭の所に車を止めて、そこから登っていきます。10~15分ほど登ったT字路に1台、墓地側に1台車を止める場所もありますが多分、この時期止まっていると思ってバス停に止めました、このバス亭・・カーブになって広くなっており、3台ほど止める事が出来るのです。急な坂道を登りながら・・・民家や田んぼを見ながら、ゆっくり山の方へ・...

  •  4
  •  0

ササユリ・大和文華館

早く梅雨に入ってしまった・・・それまでに、いろいろ花を写しに行こうと思っていた。スモークツリーに、スズランも撮りに行けた・・・大和文華館のササユリはどうだろう?インターネットで調べると、28日は、大和文華館の「ささゆり・無料招待デー」でした。(クリックで拡大)昨日は、PCの学習会で午前中に行くようにして、午後から用事もあったが30分ほど、大和文華館のササユリを見に行った。雲行きがあやしい感じでしたが...

  •  10
  •  0

吐山のスズランと向渕スズラン!

もう、ボチボチと吐山のスズランが咲くのでは・・・と、思って27日下見に午後から行ってきました。スズラン(鈴蘭)、ユリ科スズラン属に属する多年草・・・本州中部以北から北海道にかけて分布。この地域(奈良市吐山スズラン群落)は、大きな群落が成立している分布の南限地帯です、標高500~600mで、夏季でも気温が冷涼であるため、自生していたと考えられています。私も友も、吐山に住んでいますが、奈良市内とは、気温が...

  •  7
  •  0

もう一度吐山へ・・・

どうしても、見たい花があります・・・山の中で、ひっそりと咲くコアジサイです。いろんな方のブログで知ってから、一度見て見たいと思いつつも遠い場所まで行かれない・・・なんて思っていた・・一昨年の事です・・奈良県で沢山見られる場所は、なんと川上村だそうです。杉や檜の木の下・・一面に咲くコアジサイとっても良い香りに包まれるそうです。川上村の林道を通って、なんとか行きたいと思っていた。それで、調べていたら・...

  •  6
  •  0

奈良市・吐山のスズラン

やっと今年も吐山のスズランを見に行く事が出来ました!今日は、主人も一緒なので道路沿いのバス停の横に車を置いて民家の庭先を上って行く・・・田んぼが重なるようにあって、覗くと小さなオタマジャクシがチョロチョロと動いています!水が綺麗なんでしょうね・・ここの田んぼで十分にオタマジャクシを見て楽しむ!山間を歩いて行くと、やっと「吐山のスズラン群生地」の看板!杉の林の奥に吐山のスズラン群生地が点在します。昨...

  •  7
  •  0

大きな「なんじゃもんじゃ」の木・・・

躑躅にサツキ、菖蒲に杜若が咲き誇る頃・・・毎年の事ながら、気になる木があります!西大寺から、あやめ池に行く途中・・・あやめ池保育園の北側で少し奥・・・・それはそれは大きな「なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)」の木が・・真っ白な雪のように花を咲かせています。今年も、お邪魔しました!庭に入れて頂いて、見上げると・・今年も見に来たよ・・って言ってしまいそうな・・感じ・・・おおきな「なんじゃもんじゃ」の木に...

  •  9
  •  0

東大寺から、ぶらぶら・・・

昨日の、氷室神社からの帰り・・・やっと東大寺ミュージアムに寄る事に・・今、乾漆の不空羂索観音立像(国宝)の宝冠が修理を終えて東大寺ミュージアムで展示されている。中に入ると・・・不空羂索観音立像が、左右には日光菩薩・月光菩薩像(塑造)が立っておられます。観音の慈悲によって人々を逃すことなく救う意味があるそうです!その前に、ガラスケースに入った宝冠が、ひときは輝いていました。宝玉が一万数千個とか・・・...

  •  8
  •  0