日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

ヒマワリ畑



青空にヒマワリを撮りに行きたくって・・・・
出来るだけ早く家を出て、葛城市まで出掛けました!

8時半に出て10時前に到着。

夏にピッタリの写真ですが、撮っている時は暑いです~ぅ。
午前中だったので少しはマシだったかも・・・・



ヒマワリ畑は満開!
1himawariyamada_0726.jpg


この時期、葛城山麓線(県道30号線)沿いの山田交差点周辺にはあちらこちらに見事なヒマワリ畑が見られます。


葛城山をバックに・・・
2himawariyamada_0726.jpg



ヒマワリは太陽を向くのかしら?
それとも、東を向いているのかしら?
3himawariyamada_0726.jpg


青空に少し雲があるのがいいですね。
4himawariyamada_0726.jpg



近づくとミツバチの羽音・・・
ヒマワリは暑さを感じさせませんね!
5himawariyamada_0726.jpg


畑一面のヒマワリ・・・
ヒマワリの花は、1000から2000くらいの花の集まりで、全部咲くのに数日かかるのだとか・・・
花を咲かせる頃には、生育している場所によりますが、東か西を向いて動かなくなるそうです。
6himawariyamada_0726.jpg


咲いているヒマワリを見ていると、なんだか楽しくなります!

休耕田に植えられたヒマワリですが、これから咲き始めるヒマワリ畑もありました。

ヒマワリについてちょっと調べていると・・・
素敵なお話が掲載されていました・・・「恋するヒマワリ」




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

石光寺の百日紅



7月の終わりに藤原宮跡のキバナコスモスを見に立ち寄りましたが・・・
その前に、葛城市の石光寺のサルスベリを見に行きました。

ミドリフグの水槽掃除で・・すっかり忘れていました(>_<)


石光寺は、大きなサルスベリの木が山門前にあって・・・
それはそれは、見事な花を付けています、枝が外に張り出し・・・
支え棒でサルスベリの枝を支えています。
1seltukoujisarusuberi14.jpg


まだまだ、これからでしたが・・8月半ば頃には、もっと綺麗に咲いているかしら・・・
2seltukoujisarusuberi14.jpg



見れば見るほど複雑な花の形です。
3seltukoujisarusuberi14.jpg



花のお寺で有名、春と冬の牡丹もすごいですが他には・・・
シャクナゲ、サルスベリ、サザンカ、ロウバイ、寒咲アヤメなどなど・・・



今回は、お寺の周りから真っ赤なサルスベリを!
4seltukoujisarusuberi14.jpg


弥勒堂とサルスベリ!
5seltukoujisarusuberi14.jpg


駐車場の隣、家の間を行くと見えた弥勒堂の屋根・・・
白壁越しに境内のサルスベリも綺麗でした。



※写真:7月31日に撮影

2012年8月に行った時のブログ・・・こちら!




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

ふぞろいのヒマワリたち!


やっと葛城市山田のヒマワリを見に行くことができました。



信号からすぐの所・・・沢山のヒマワリ!
1yamadahimawari.jpg


近づくと・・・沢山のミツバチが音をたて飛び回ってました・・・
2yamadahimawari.jpg


風が吹くと・・・ヒマワリもザワザワ・・・・
3yamadahimawari.jpg



ちょっと背丈がそろってない感じですが・・・
花は綺麗に咲いてくれてます!
4yamadahimawari.jpg



みんな恥ずかしいのかしら?
じっと見ていると・・・なんだか笑ちゃいました!
5yamadahimawari.jpg

ヒマワリは東を向くのはわかってますが・・・
これだけ、ソッポを向かれると・・ネ!

ちょっと雲もありましたが、元気なヒマワリを撮ることができました。

16日 追加文・・・ちょっとヒマワリStudy!
ヒマワリの語源は、黄色い大きな花が太陽を追って回るから・・・「日廻り」と言われています
よく言われるのが、ヒマワリは太陽を、追っかけて東から西に向きを変えるという話・・・
本当に追いかけているのでしょうか?

本当のところは、太陽を追いかけてクルっと回ることはないそうです。
ただ、花が咲く前、つぼみができ始めたころの茎の先の部分が、太陽を追いかけて、朝は東に夕方は西にと
、とてもよく動くそうです。太陽を追いかけて、若いヒマワリは東から西に動くのは本当のようですが朝になると
西に向いていたはずのヒマワリは東を向く?
と、いうことは、太陽が出ない夜にヒマワリは東を向くようになるの?
まだまだ、ヒマワリの不思議がありそうですね。

ヒマワリの茎には、太陽から光を受け植物生長ホルモンである「オーキシン」という物質が作られます、この
「オーキシン」は日の当たらない方へ集まる性質があり、日の当たらない部分の方が、日が当たる部分よりも
生長するそうです。
太陽が、向きをかえていくと・・・「オーキシン」は日の当たらない方へいくので、常に日陰の部分が生長します
日陰の部分が生長するということは茎が太陽の方に曲がるので、日の当たる部分と日の当たらない部分で
茎の生長速度が違ってきて、太陽の方に向きを変えているように見えるのです。

そして、ヒマワリがある程度成長すると・・・
「オーキシン」は作られなくなり、立派な花が咲く頃には、太陽を追いかけるような動きは止まってしまうのです。

「オーキシン」とは、植物ホルモンの一つで、発見のきっかけは植物に光を当てると
  茎は光の方向に屈曲する「屈性現象」をヒントに、多くの研究者が携わって発見されました。
  詳しくは・・・こちら「かわいい農業」で見てください。

  



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

葛城山のツツジ情報!


今年も、葛城高原のツツジが見頃になってきました!


じゃぁ~いつ行くの?   今でしょう!

と、言う事で・・・

ほぼ、毎年行っていたのですが・・
どうも、今年はいけそうにありません!

情報として載せたいと思います
1katuragitutuji.jpg

2katuragitutuji.jpg

3katuragitutuji.jpg
(すべて、今年の写真ではありません)


今、ほぼ満開を迎えています!

是非・・・ツツジを見ながら朝食を!」!

車で行っていた時は、駐車場に朝の7時頃着きます。
そこから、ロープウェイに乗るわけですが・・・
普通でしたら、9時頃発なのですが、ツツジの見頃になると
ロープウェイは、6~7時頃からの出発になります。



今・・友達(カッキーさん)が登っています・・
綺麗なツツジの写真を送ってきてくれました!

撮れたての写真   5月18日午前8時頃のツツジ!
5カッキーさんツツジ写真



是非、皆さん・・見に行って下さい!
葛城山登山も・・是非!



ツツジ情報 ↓ クリック 
葛城高原ツツジ情報

近鉄御所駅発・バス時刻表(クリックで拡大)
バス時刻表・近鉄御所駅発

 ~~~~*~~追伸~~*~~~~
葛城山のツツジを見て来られたカッキーさん
こちらをどうぞ→「葛城山真っ赤に燃えて~」

   見事な一目百万本のツツジです!



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

花爛漫!





専称寺を後に、歩いていると・・・

どこからか・・・いい香り・・
道の側で・・「沈丁花」が咲いていました。
沈丁花・香芝市

枝垂れ桜を見た後に・・香りなんて・・
なんだか、ウキウキ気分になりました。
2沈丁花・香芝市


専称寺の近くには、二上山駅あって・・近鉄南大阪線が走ってます。

電車が通過して・・流し撮りなんて出来るかしら
と、近づけば・・・赤・黄・ピンクの彩りが目に飛び込んできた!

近づくと・・・
赤の「ボケ」黄の「レンギョウ」ピンクの「紅梅」
これを、いっぺんで撮れないかしら?
なんて・・考えて・・カメラを持ってアチコチ!

遠くから見れば・・きっと、ヘンなおばさんが立ったりしゃがんだり・・・
やっぱり全部は無理でした(笑)
ボケの花・・後ろは紅梅です!
3ボケの花


黄色のレンギョウ・・目立ちますよ!
4レンギョウ


ボケとレンギョウのコラボ!
5二上山・ふるさと公園


春の色・・・綺麗ですね・・・
色とりどりの花が咲出す春!


帰りに道の駅・・二上山ふるさと公園・・春蘭漫!
サンシュユと紅梅が綺麗でした。
二上山・ふるさと公園


二上山・ふるさと公園2




春蘭漫・花蘭漫・・いい言葉です!




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

やっと二上山へ・・・


先週、二上山へ登った!

「道の駅・ふたかみパーク當麻」に車を置き、そこから二上神社方面へ
(10時30分)
道の駅・ふたかみパーク當麻


田んぼの稲穂は、黄色・・・
刈り取られている田んぼや、これから刈り取りの所もあって、土手には彼岸花・・・
土手の彼岸花   神社への道

写真を撮りながらの、気持ちの良い日でした。



お参りしてから、加守神社の左手から行く・・・
オレンジ色のフェンスを開けて、雄岳めざして登山道・・・(10時50分頃)
加守神社   登山口へ


ジャリ道から、階段状になって行く・・・
登山


小さな子どもたちが、追い越して行く~~(悲しいぃ~)
ヘタバリそうで、息も絶え絶えな私・・・(>_<)
そんなに辛い道ではないのですよ・・・ホント!

やっぱり痩せなくちゃ~ネ、何だか心臓に悪いわ~
山からは、下りてこられる人たちも多くいた。

やっと鉄製の階段へ・・・
今度は、石段だぁ~ペースは、かなり落ちてくるぅ~
気持ちも落ちてくるぅ~すぐに止まって呼吸を整える。
鉄製階段   石段

でもね、ずっと林の中なので、かなり涼しいのです。


やっと、緩やかな登山道・・・と、思ったら・・・また階段(>_<)
登山道1   登山道2


やっと大津皇子墓へ・・・(12時30分頃)
大津皇子墓



かなり遅いペースだったけど無事に、葛木坐二上(かつらぎにいますふたかみ)神社へ!

少し行くと、広い場所があり、何人かの人たちがお昼!
ここでランチタイム!
ここまで景色は、ほぼまったくと言っていいほど見えず!
お昼



そこから馬の背へ下って行きます・・・板の階段
下り板の階段



やっと大阪方面が見え馬の背へ・・・売店は閉まっていました。
景色1   馬の背
    

そこからの階段では、大阪が良く見えました、やっと雌岳山頂に到着!
三等三角点は、雄岳になく雌岳にありました。
日時計では、子供たちが鬼ごっこ” などしていましたよ・・元気だわぁ~!
日時計   三等三角点


遠く、奈良県側で高市郡から御所市の方向でしょうか!
奈良県側景色


ここから、岩屋へ・・・今度は下りだから楽勝!
岩屋で休憩していると、竹内峠方面からおばさんが登ってこられて
近くに、倒れた大きな杉の木と、大きな洞窟のようなものがあるよ・・と教えて下さった。
下り   岩屋
   

この倒れた大杉・・岩屋の千年杉と呼ばれていて
雌岳の中腹にあったそうで平成10年の台風で倒れたそうです。
また、側には奈良時代の岩屋石窟寺院跡があって、石窟内には三層の石塔と石仏等があります。
岩屋杉   洞窟


岩屋から祐泉寺へ・・・
岩屋から祐泉寺へ



途中、水が飲め得る場所まで下りてくるが、この間・・・風もなく静かです。
水飲み場


祐泉寺から鳥谷口古墳の公園を通り過ぎて傘堂へ・・・
祐泉寺   公園



細い通りまで来るとレンガ造りの煙突が「ユウセン」これはもしや・・と
思って見ると、玄関に杉玉が・・・酒蔵「中川酒造」さん。
この酒蔵は二上山の麓に湧き出づる澄んだ泉のごとくと命名された清酒
「透泉」を醸造しています。
酒蔵「中川酒造」

ちょっと飲みたかったけど・・帰りの運転を・・と思って我慢!

やっと「ふたかみパーク・道の駅」へ帰ってきました。
道の駅近く地蔵さん   道の駅へ・・


何十年振りかの二上山でした、登山道の記憶がほとんどありませんでした。
小さな手を握って登った記憶だけが残っています。

道も、綺麗になって登り易くなっていました。






桜井市の桧原神社・・・注連柱(しめばしら)越しに二上山が見える。
桜井市・桧原神社   二上山に夕日

この10月3日には、ちょうど二上山の間に夕日が落ちていきます。
古代・・・人は日が沈む山を崇拝していた・・・・



宜しければポチっとお願い致します。
ブログランキング







Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

石光寺の百日紅



昨日は、青空で風もあって空がきれいだった・・
青空

石光寺まで、百日紅を見に行った。

と、言う前に実はおばぁちゃんを連れてあちこちドライブ!

同じく葛城市のひまわり畑も見に行ったが・・・
どうも近くまで、おばぁちゃんは無理そうだった。

それだったら・・と言う事で石光寺へ・・
石光寺



駐車場側の百日紅はこれからでしたが、なんとも言えない綺麗なピンクで
私たちの目を楽しませてくれました。
石光寺2


石光寺3


咲きだした花の後から・・次々と咲きだしていく・・
およそ100日ほど楽しませてくれるそうです!
百日紅

石光寺、門前の百日紅の裏側に回ると・・・・
複雑に入り込んだ枝にビックリ。

百日紅3


百日紅2


長い長い年月でこんな枝ぶりを、太い木が支えてありました。


毎年楽しませてくれている百日紅・・・すごいですね。








※サルスベリ(百日紅=ヒャクジツコウ)
原産地の中国では、次から次へと花を咲かせ、百日にも
わたって花を咲かせているので「百日紅」と呼んだ。

幹の肥大成長に伴って古い樹皮(コルク層)が剥がれ落ちて
新しい樹皮(すべすべした感触)が表面に出る。つまり
樹皮が再生をしていく事による。
(ナツツバキやリョウブをサルスベリと呼ぶ地方もある)
猿が登ろうとしても、滑ってしまうということで、猿滑と表記する事も。
花言葉は愛敬、潔白、雄弁、不用意だそうです。

石光寺のホームページに、面白い事が書かれていますよ!
もともとは外人のソールスベーリーを聞き間違えた日本人が当て字を
したと言われています。 というのはほんとかどうかわかりませんが、
調べてみると、 南西イングランドのウィルトシャーにソールズベリー
(Salisbury)という都市がありました。
また、ザ ソールスベリーホテルというホテルもあるようです。

(石光寺ホームページより引用)

石光寺HP






宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...