日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

吉野和紙



奈良国立博物館での「お水取り」を見てから、同時に開催されていた
特集展示「和紙-文化財を支える日本の紙-」 も見てきました。

昨年、和紙がユネスコの無形文化遺産に登録されました、国の重要無形文化財に指定されている
細川紙(埼玉県小川町、東秩父村)、本美濃紙(岐阜県美濃市)、石州半紙(島根県浜田市)などは
原料を楮(コウゾ)のみ手漉きで作られています。
石州半紙だけは、2009年に単独で無形文化遺産に登録されてましたが、細川紙と本美濃紙も加えて
提案されました。


古くからの文書や写経、掛け軸、障子や襖など、そして身近にある生活の和紙。
文化財での掛け軸の表装などに用いられる細かい本美濃紙(ほんみのし)や柔らかい美栖紙(みすがみ)
仕上げのための宇陀紙など修理にもかかせない吉野和紙。
よく耳にするのが「宇陀紙」、吉野地方で古くから漉かれてきた手漉和紙です・・・・

なぜ登録に参加しなかったのかしら・・・なんて思いながら・・・

吉野町国栖『紙漉きの里』風景・・・
1kuzunosato


吉野和紙、吉野町国栖(くず)に紙作りを伝えたのは、壬申の乱で追われた大海人皇子(後の天武天皇)
を国栖の里の人が、かくまったお礼に紙漉きと養蚕を教えたという伝説もあります。
また、宇陀和紙を広めたのは、宇陀松山藩の商人が吉野和紙(国栖紙)を「宇陀紙」として売っていた
のが「宇陀紙」になったとか・・・。

吉野和紙には、楮(コウゾ)を原料とする「美栖紙」「宇陀紙」「漆濾紙(吉野紙)」という三種類の
手漉き和紙が作られています。

頂いた和紙です、解りにくいのですが、拡大して見て頂ければ少し感じ取れると思います。
(クリックで拡大)
美栖紙(みすがみ)                宇陀紙
美栖紙     宇陀紙

漆濾紙(うるしこしがみ)
漆濾紙


しっかりとした宇陀紙、少し柔らかな美栖紙、すごく薄く漆を濾すのに最適な漆濾紙・・
いろいろな和紙に触れられた時間でした、暖かくなれば、国栖の里に行ってみたくなりました。

国栖の里マップ(国栖の里観光協会より)
3wasitizu.jpg

吉野手漉き和紙・・・

吉野和紙の魅力( 吉野ウッドプロダクト・HPより)・・・




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

久しぶりに博物館へ




先週、確定申告を提出してから、特別展・特別陳列「お水取り」展を見に奈良国立博物館へ・・・

博物館までの道すがら、建物の塀や家の垣根越しに、サンシュユや紅梅が見えると
春を身近に感じながら、歩くのはすごく気持ちがいいですね。
2sansyuyu03.jpg


1sansyuyu03.jpg


紅梅が美しい!
3koubai03.jpg


奈良公園まで来ると・・・鹿の角合わせ!
4omizutori93.jpg


東大寺の修二会(お水取り)の最中ですが、飛火野(奈良公園)では、冬の風物詩鹿寄せが開催中!
2月1日(日)~3月15日(日) 前10時より15分間だけですが、ホルンの音色に誘われて
森の奥からたくさんの鹿が走ってきます。(毎週月曜日はお休み)
5sika03.jpg
集まって来た鹿たちには、ごほうびとして「ドングリ」をもらえるんですね。



久しぶりに「お水取り」展を見ましたが、東大寺の修二会「お水取り」は今年で1264回を迎えるとか・・・
すごいとしか言いようがありません・・・感謝・・・・感謝。
753年から今まで・・この先もずっと遠に続くことでしょう・・・
そんな事を考えるといつも、宇宙を思い浮かべてしまいます。
気の遠くなるような宇宙の一瞬なんですが、生きていることを実感するようにも思えます。


こんなポスターも見つけました!
6umamiuruwasi.jpg


ピンクも馬酔木可愛く咲いてました。
7beniasebi93.jpg



Hさん、いつも有難う!


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


この日、奈良公園を歩きましたのでお腹がすき・・蕎麦屋さんへと向かいました!




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

やっと正倉院展へ



昨日の午後、主人を送りに奈良町へ・・・
一旦、帰ってあれこれ夕食の支度を済ませ、おばぁちゃんが寝ている間に正倉院展へ・・・
2syousouinten14.jpg

結構、忙しいけどなんとか今年も見る事ができました。

今年初めて、オータムレイトチケットを買って入場!
オータムレイトでも、結構な人に驚き!
1syousouinten14.jpg

丁度、いいタイミングで着き少し並んで館内へ
3syousouinten14.jpg

学生の頃見た、六扇からなる「鳥毛立女屏風」ですが・・・
今回は、四扇でヤマドリの羽毛が貼られていたので、この名前が付きましたが
今は、剥落しているとか・・・
フワフワの羽をまとっていたのでしょうか?
後の、二扇(一扇、三扇)は東京の国立博物館にだとか・・・

聖武天皇が使っていた儀式用の靴(衲御礼履)、つま先が反り上がった感じで
今で言えば、高価なビーズの十字のような花飾りをあしらった感じです
また、日頃使われていた木製の”ひじつき”も美しい細工です、前屈みに
なって使ってたのでしょうか?

木製の寝台(御床)もありましたね、結構大きかったです。
日常に使用されたいたものを見ると、想像の翼が広がります・・・

今回、多数の武器や武具が展示され、黄金荘太刀、梓弓、漆葛胡禄などが有り。
藤原仲麻呂(恵美押勝)の乱の時に使われた武器でしたが、ほとんど戻って
こなかったそうです。

そして力強い、藤原仲麻呂が書いたとされる「東大寺封戸処分勅書」
封戸の使途処分を定めた勅書)文字がすごく印象的でした。

展示を見終わって外へ・・・
あたりは、すっかり黄昏時を過ぎていました。
4syousouinten14.jpg


ちょっと薄暗い興福寺を通って・・・・
なんだか、五重塔の下にだれか?
5gojyuunotou14.jpg

こんな時間に通った事がないから、早々に奈良町へ主人を迎えに行って帰宅!
久しぶりに、一人での鑑賞でしたが、有意義な時間でした。


食封(じきふ)の制により、位階・官職・勲功によって朝廷から授けられた課戸(かこ)
 また、その制度。




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

奈良市美術館へ・・・



昨日、奈良市美術館へ、2つの写真展を見てきました!

一つは、大型プリントによる写真展「奈良写真絵巻」
今年で、4度目となり今までの奈良県文化会館から
奈良市美術館(イトーヨーカドー奈良店5階)に移し開催されています。
3emaki.jpg

(クリックで拡大)
4emaki.jpg

奈良の四季折々「魅せる四季の彩り~」として明日までなのですが
大型プリントのBOサイズ((1030 × 1456 ミリ)で・・・
ってどんな?・・・幅100センチ以上の大きさ・・・
目の前にあこがれる写真の数々に圧倒されました。

明日までなのですが、是非見に行って下さい。
会期 2014年5月13日(火)~18日(日) 
午前10時~午後5時(初日午後1時から、最終日午後4時まで)
会場 奈良市美術館 (イトーヨーカドー奈良店5階)

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、もう一つは、半世紀前の奈良市や奈良町をたどる写真展
「奈良を観る 絹谷四郎・福川美佐男写真展~約半世紀前の奈良町~」
こちらも、奈良市のイトーヨーカドー5階の奈良市美術館で25日まで開催されています。
(クリックで拡大)
1nara.jpg   2nara.jpg

昭和30年代の奈良市内や奈良町の様子などなど・・・
五重塔からの景色なんて・・今じゃ~考えられないですよね!
なんとなくすぐ近くに見える様子などなど・・・

そして、昭和50年代・・こちらは少し解かりました、当時・・奈良市内に住んでいた頃・・・
また、その頃と同じような女子学生の姿なども写真に収められていました。


午前10時~午後5時半。月曜休館
入場料は一般100円
問い合わせは奈良市美術館(℡0742-30-1510)


次回見たい写真展は?・・・これ!
奈良「第二支部」写真展!
5naradaini.jpg
(クリックで拡大)

6naradaini.jpg


素晴らしい大和路の風景や山並みの景色・・・
                また、懐かしい奈良を是非見て下さい!



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

屋根瓦葺き替え終えた正倉院を見学 

約100年ぶりに行われている正倉院(正倉)の大修理
屋根の葺き替えが終わって、2月7日から11日まで5回目
最後の一般公開が行われています。

今回、当選通知が来たので7日に見学に行ってきました。
1現場見学葉書


正倉院、正倉大修理現場は、しっかりと鉄骨で覆われていました。
2正倉院現場見学s


入り口近くでは、正倉院グッズ等の、小さな売り場が設けられ
記念スタンプが押せるスペースなどもありました。


正倉院(正倉)について・・・
正倉は、平成9年に国宝に指定、翌年は「古都奈良の文化財」の一部
として世界遺産に登録されました。正倉とは、主要な物品を納める倉
の事で、正倉院とは正倉の立ち並ぶ一画の事。
3正倉院

檜による寄棟造で、三部屋に仕切られ、北から北倉・中倉・南倉とある。
(正倉院宝物は、同じ敷地内にある近代的な西宝庫・東宝庫にあります)

覆いの中に入ると、もう、すぐそこに正倉院正倉の校倉作りが・・・
柱の下礎石の周りには下(地面)はコンクリートになっていたのですね・・・
3-2柱


三角になった校木(あぜき)を井桁に組み上げられた校倉がまじかで見られると言う事がすごいです。
校木の一つの角は、木の中心部分なのですね・・・
4校倉作り

高床式校倉造り・・・小学校で習った時は確か、高い床であって校木(あぜぎ)の
隙間が湿度などの変化や虫害などから、内部の状態を保っていると教わりましたが、葺き替え前の
屋根には約5万5400枚の瓦があって重量は約196トンにも・・・

今回葺き替えで瓦の総数は約3万4600枚に減少し、約193トンになったそうです。
重い屋根の荷重がかかる校木が伸縮する余地はなく、この説は現在は否定されているそうです。

建築当初は高かった、木材の持つ断熱性と調湿性が、倉の優れた収蔵機構をつくりあげたと
思われますが、長い年月の間に失われていったのでしょうか・・・


しかしながら、外部からの温度変化や湿度変化が、急激に入らず徐々に内部に伝わっていく
という構造がすばらしいのです。
正倉の中の小さい唐櫃(からびつ)の二重箱にゆっくりとした湿度変化が納められていた宝物
を守られてきたからです。


写真の右下に、突きだした根太の鼻先天場・・・
昔は、板を渡してそれぞれの倉(北倉・中倉・南倉)を移動したそうです。
左は、校倉ですが、右に見えている中倉で柱と柱の間に厚板を落とし込んだ(板倉造り)です。
4-2校倉作り



鍵(海老錠)の部分をよく見ると、縄が特殊な結び方で縛られ、竹の皮も
使われているような感じで、天皇の許可(勅許)が無ければ開けられない
勅封倉(ちょくふうそう)です。(クリックで拡大)
7海老錠

このような厳重な開扉の鍵が、宝物を長きに渡って管理を出来たのでしょうか
(クリックで拡大)
5正倉院s    6扉s


正倉の内部・・・三倉とも二階に登る階段があり、各階段は北側からから南へ登るようになっています。
(クリックで拡大)
8正倉院の内部s   9正倉院の内部s
        
各階とも、北・西・南の三壁面に頑丈な作りのガラス張の陳列ケースが見られます、明治十年代に
伊東博文がドイツから輸入したガラスだとか。



そして、3階の展示場へ・・・
正倉の模型や、下された天平時代からの瓦などが展示されて今までの屋根瓦のふき替え写真などが
ありました。
14正倉模型s


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

よぉ~く見ると楽しい正倉院展




秋になって、少し忙しくなりつつある今日この頃・・・
正倉院展へはいつ行こうかしら・・・
なんて、考えてはいたものの、なかなか行けそうにもありませんでした。

そんなある日、正倉院展のチケットを頂きました。
これは尚更行かなくてはと言う事になり、木曜日に決め
本日朝から行ってきました。

おばぁちゃんは、ディサービスへ・・
その後、主人と奈良国立博物館へ・・
実は、主人は木曜日の午後1時から3時まで、「東大寺門前の夢風ひろば」
で、ボランティアのミキサーをするので丁度良かったのです。

10時前に着いて、5分待ちの看板がありましたが
見ればすんなり皆さん入って行きます、10時前から開いたのでしょうか?
どうであれ、並ぶのを覚悟で行ったのに・・驚きでした。
1正倉院展2013


聖武天皇愛用の鏡や屏風などが陳列されています。
漆金薄絵盤(うるしきんぱくえのばん」とっても美しい!
鳥の迦陵頻伽 (かりょうびんが)や花喰鳥に獅子や唐花文様などが描かれていたり。

鏡の平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)も、夜光貝やトルコ石、ラピスラズリ
などを、小さくちりばめ、雀さんも配置、顔が可愛く表わされていましたね。

遊び道具もありましたね・・・
どんな風に遊ぶのだろう・・と思いましたが、音声ガイドを聞いて納得!
漆弾弓(うるしのだんきゅう)などは、玄(つる)に、丸い玉をセットする処があって
はじき飛ばして遊ぶそうです、また面白い矢もありました。
矢を壺に投げ入れて遊ぶ道具など、投壺(とうこ)や、木と竹で出来た
投壺矢(とうこのや)です、あんな細い壺の口に入れるのを競い合ったのでしょうね。

それから、古文書も多くありましたが、今年伊勢神宮の式年遷宮でしたが
続々修正倉院古文書・第三十八帙 第八巻では、伊勢神宮の建設(飾金物)
について具体的に書いたものもありましたね。
そうそう、ちょっとニュースで話題になった、奈良時代の下級役人が
背負い込んだ借金の申請書なども(続修正倉院古文書・第二十三巻)
月毎の利率、百文あたり十三文か、十五文だとか・・・
昔も日々、大変だったのですね。

お茶席・・頂こうと思ったのですが・・だれかさんがお腹が空いた!
なんて・・言ったものですから今回はパスしました。
お庭を見れば・・ここも紅葉が進んでいます。
パノラマで!(クリックで拡大)
3紅葉1パノラマ


主人は、12時頃に行くので、その前に二人でテントブースでお弁当を!
ここも、いつもはすごい人なのですが空いてました。
4お弁当s


ちょっと時間があって池の前で休憩・・・
キャーの声で隣を見ると・・・
学生さんたちが、お弁当を食べてそこへ・・鹿が!
5頂戴


可愛いランチボックスが取られちゃいましたよ!
慌てて男子諸君が駆けつけましたが・・
6取られたわ



振り返って博物館を見れば・・・
かなり混んできていました。
2正倉院展2013



奈良公園の紅葉を見ながらJR奈良駅まで・・・
7公園の秋


JR奈良駅のビエラ奈良の2階、「かきいろ」で
前から買いたかったもの、柿いろいろを買いこんで帰宅しました。
8柿お菓子



今年も、ゆっくりと見る事が出来ました。
毎年思うのですが、この時代まで保存されている事に驚くばかりで
またそれらを、見られる事が感謝です。

それから、大阪のKさん有難う・・・深感謝!





宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

「ボストン美術館日本美術の至宝」展へ・・


16日で、終わってしまう・・・
なんて思いながらも・・日は過ぎていく・・・・

天王寺に「あべのハルカス」がオープンした。
こんな時に天王寺なんて行くと・・・
”おもぼり”さんに見られるかもと、ちょっと考えていた。
1あべのハルカス


正直、「あべのハルカス」はあまり興味がありません!
と、言う事で昨日、大阪市立美術館へ行ってきました!
2大阪市立美術館


あちらこちらに、このポスター
(クリックで拡大)
3ボストン美術館展ポスター


大阪市立美術館に、初めて入りました。
高い天井のシャンデリアの下・・・
目に入ってきたのは、今回の目玉、「雲龍図」がなんとも言えない!
4大阪市立美術館内


なぜかしら・・ユーモアな感じで、ひときは目を引く。
8ボストン美術展



日本美術が里帰り・・・ゆっくりと、引き返して・・・
食い入るように見つめて・・・

屏風が美しいこと・・・輝いている金が美しいこと・・・
色あざやな色合い・・・なんと細部にまでも繊細な描き方・・・

墨の勢いがすごい・・・・遠近構造が美しい・・・
面白く楽しい絵に魅了・・・赤・金・墨の色彩・・・


今回は、ボストン美術館のコレクションから絵画作品を中心として
日本美術の優品を通史的に選んで構成されているそうです。

(肉筆浮世絵、浮世絵版画の分野は除かれている)陶磁器の
コレクションも含まない。(東京会場のみ刀剣と染織作品が加えてある)

過去5年間にわたって保存修復をしてきた中で、鮮やかな色彩を取り戻した
十三世紀の重命筆「四天王像」や、当初のダイナミックな襖絵の姿に生まれ
変わった十八世紀の鬼才・曽我齋白筆、34歳の時の作「雲龍図」など。

朱の色が鮮やかに残っている奈良時代の仏画「法華堂根本曼荼羅図」
東大寺・法華堂の伝わったものだとか・・・
(それぞれ「図録」から)

「四天王像」は、廃仏毀釈により廃絶した天理市の内山永久寺真言堂の障子絵で
1253年頃描かれたと考えられるそうです。
6四天王像・永久寺


内山永久寺と言えば、この春本堂池も周りの桜を見にいきました。
本堂池と萱御所跡の碑があるだけ・・・
五町(500m)四方の広大な境内を誇っていた・・内山永久寺跡です。
桜の頃・・・
7桜の内山永久寺跡


「吉備大臣入唐絵巻」全4巻・・全長約25メートルにもなる・・・
やはり・・面白いのは、こことここ!
5吉備大臣空を飛ぶ



終盤ということで、結構な人ごみではと思ってましたが
すんなりと見てきました。


海を渡った日本の宝物が、守られてきましたが・・・
なぜ、海外に行ったのでしょうか・・・

手元不如意になった武家が・・・
日本の美を収集家の興味もって法外な高値で・・・
廃仏毀釈があった・・・
どうなのでしょう・・?
難しい事は解かりませんが、ふっとそんな事を思いました。



お土産は「トートバッグと図録」セット・・・
雲龍図のオシャレな外箱に入った「黒こんぺい」お菓子。
10ボストン美術展・お土産
 
ちょっと・・龍の爪スナックも引かれたのですが・・・我慢!

その後・・・おのぼりさんになって・・何十年ぶりに通天閣へ行きました!
9通天閣へ





宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

盆藤展へ・・・




新緑の美しい季節になってきました・・・

ナラノヤエザクラも、満開を過ぎた頃・・・昨日の雨で散っていくことでしょう!




先週、あの雨が降ってカミナリが鳴った26日・・・

午後から、国際奈良学セミナーハウス(旧世尊院)での「盆藤展」へ行ってきました。
なんだか空模様もくずれるような感じだったので傘を持参で・・・

いつもの、転害門の友人宅に車を止めて大仏池を歩いて行く・・・
東大寺・戒壇院を下って、衣水園、知事宅前を左折・・・

「盆藤展」を開催している国際奈良学セミナーハウスの前には
立派な藤の花が迎えてくれていました。

受付をすませて中へ・・・
盆栽の藤・・って、こんなのなの?
その大きさに、まずビックリで圧倒されます・・・
それぞれの藤の下には、名前が書いてありますが・・・
藤の名前って・・・まったく知りませんでした。


迎えてくれたのは、芳しい香りなのです!
2盆藤展13


館内に入った時から・・ずっと甘い香りに包まれての見学でした。
3盆藤展13



藤は、つるが右巻きの「ノダフジ」、左巻き「ヤマフジ」の2系に大体分かれようです。
単に「フジ」というと通常「ノダフジ」を指すようです。

「ノダフジ」・・・花房が長く、かなり太くなるツル性の木。
 花の特徴・・・・薄紫色の花を多数つけ、花房は長く垂れ下がり20~80cmにもなる。

「ヤマフジ」・・・ノダフジに比べて太くはならない、花と葉が小さい。
 花の特徴・・・・淡い紫色の花を多数つけ、花房はノダフジに比較して短い。

4盆藤展13


大鉢の藤に圧倒され・・藤房の愛らしさにも感動です。
5盆藤展13


ヤマフジ系「白甲比丹(カピタン)藤」
ノダフジ系「本紅藤」 
ノダフジ系「野田藤」
ヤマフジ系「岡山一才藤」
ノダフジ系「野田長藤」
ヤマフジ系「紫甲比丹藤」
ノダフジ系「白野田藤」などなど・・・・
ウゥ~ン・・覚えられない!


6盆藤展13



7盆藤展13


四種の藤のオブジェ・・・
「岡山一才藤」、「野田長藤」、「紫甲比丹藤」、「白野田藤」
2盆藤展18


もう7年も前から開催されているそうですが
桜井市・盆栽園「大香園」園主、生駒泰寛さんが丹精込めてつくられた本格的な盆藤です。


◆「盆藤展」(ぼんとうてん)
(クリックで拡大)
1盆藤展13

 日時:2013年4月18日(木)~5月3日(金)
    9:30~16:30
場所:国際奈良学セミナーハウス(旧世尊院)
(県庁東バス停すぐ)
大人:400円(中学生以上)
小学生:200円、幼児無料



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...