日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

山添村のコアジサイ




大好きになったコアジサイ・・・
東吉野村、山中に咲くコアジサイはまだの様子。

スズラン群生地でも咲いていました。
ここも偶然なのですが・・・
以前、スズランのいい時期を見逃して行ってみた時・・・
奥の方に行くと・・・
青白いコアジサイが所々に咲いていました。
斜面なので、側まで行きにくいのですが、何ともいえない香りが
漂ってました。

そして数年前・・・
山添村で偶然にも見つけたコアジサイ・・・

先日のアジサイの後に行ってみた・・・
雨が少し降ってましたが、林の中はあまり濡れませんでした。

コアジサイ(小紫陽花)
1yamakoajisai0608.jpg

雨で花が少し落ちていました。
2yamakoajisai0608.jpg


林間にひっそり咲く姿は、やっぱりいいですね。
3yamakoajisai0608.jpg

別名:シバアジサイ(柴紫陽花)とも・・・ユキノシタ科の花です。
4yamakoajisai0608.jpg


アジサイは、花びらのようながく片が目立つように装飾花をつけて虫を呼び寄せる。
コアジサイは、そのがく片がなく一つの花に雄蕊、雌蕊の両方が備わっている。
5yamakoajisai0608.jpg

よく似ているのに、「シロバナコアジサイ(白花小紫陽花) があります
花は、青白くなく白っぽいようです。
(写真はすべてクリックで拡大します)



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

小さな橋とアジサイ





山添村のコアジサイを見に行く前に
小さな橋のアジサイが気になり行ってみた。

丁度、山に霧が立ち上っていた・・・・
1hasi0608.jpg

ちょっと早かったです・・・・
アジサイは、まだこれから変化する感じでした。
2hasi0608.jpg


3hasi0608.jpg


これは、テイカズラでしょうか?
それともテイカカズラか・・・どちらとも解りにくいです。
4teikazura0608.jpg


テイカズラの和名は(定家葛)
式子内親王を愛した藤原定家が・・・・
死後も彼女を忘れられずに(定家葛)に生まれ変わって
亡くなった式子内親王の墓にからみついたという伝説から付いたとか・・
なんとも怖いお話・・・


今の時期、里山を走れば白い花が多く見られます。
道端や少し高めに・・・・ウツギです。
5utugi0608.jpg

~卯(う)の花の、匂う垣根に~♬~
「夏は来ぬ」の歌ですが、「うの花」とはウツギのこと・・・・
「夏は来ぬ」は夏が来た・・という意味だそうです。

アジサイ科ウツギ属の落葉低木で、茎の中が空のため空木(うつき)
の意味ともいわれいます、雨に打たれて綺麗でした。




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

山添村のアジサイ ③




今日も雨模様・・・

山添村のアジサイは綺麗でした。

日本生まれのしとやかな花「ガクアジサイ」。
※シーボルトさんが、学名に(当時)「オタクサ」と奥様の名前を付けました。
13matoajisai2015_0618.jpg


欧州に持ち帰った「オタクサ」は数々の園芸品種に生まれ変わり、西洋アジサイ(ハイドランジア)
という名前で栽培されました。
14matoaajisai2015_0618.jpg



近くの民家の下には・・「ドクダミ」
あれ?におわない、雨だからかしら・・・・

昔は十薬とも呼ばれていたとか、生の葉を火であぶれば化膿傷の貼り薬に。
名前も、「毒にダメを押す」という意味から付いたとも言われています。
白い花びらに見えるのは「砲」で、花に付随した葉が変形したもので花は、ごく小さく雌しべと雄しべだけの構造で
花びらも無く、中央の花軸に集まっています。
15matodokudami2015_0618.jpg



道路沿いの木に纏わりついた「テイカカズラ」。
いい香りがするのですが、少し高い場所にあるので嗅げない!
16matoteikakazura2015_0618.jpg


つぼみはソフトクリームのようで、花はねじれながら開くプロペラのようです。
「テイカカズラ」は、巻き付くのではなく根を出して貼りつくのだそうです。
17matoteikakazura2015_0618.jpg



山間を車で走っていると、時々止まっては珍しいと思い植物を撮るのですが・・・
ついつい時間を忘れるほど、面白い植物がいっぱいです。


※シーボルトの「ガクアジサイ(ユキノシタ科)」・・・こちら

※シーボルト・・・こちら


写真はクリックで拡大。
「山添村のアジサイ」 おしまい!




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

山添村のアジサイ ②



道路沿いの集落に咲いているアジサイ!

各、家の庭にも多く咲いていました。

ちょっとフレームを入れて遊んでみました。(クリックで拡大)
171matoaajisai2015_0618.jpg

こちらは、白いアジサイ清楚な感じで美しいです。
281matoaajisai2015_0618.jpg

391matoaajisai2015_0618.jpg

アジサイの七変化・・不思議ですね。
4101matoaajisai2015_0618.jpg

5121matoaajisai2015_0618.jpg

ちょっと雨も降らしてみました・・・・
6111matoaajisai2015_0618.jpg

ここは、桜の時期もいいですが、自然にマッチした橋があるからいいです。
一時間ほどウロウロして、ササユリを見に行くのを忘れてしまいました。

続く・・・・


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

山添村のアジサイ ①




今日も、梅雨曇の空・・・

アジサイを撮りにいきたいなぁ~なんて、外を見ながら思案?
お寺のアジサイも見たいけど、川や路沿いに咲いているアジサイの方がいい。

咲いているのか、いないのかしら?
ボチボチいい頃合いか、そうでないか・・・
行ってみなければ解らないので結局行くことに決めて出発!


川に向かって!
1matoaajisai2015_0618.jpg


アジサイ色って・・どれだけあるのだろう・・
そもそも、アジサイの花の色はどうして生まれるのでしょうか・・・
※花の色を作る色素、アントシアン(橙~ピンク~赤~紫~青)、フラボン(淡黄色~白)
カロチン(赤~橙~黄)、ベタレン(紅)などがあるそうです。
その中でも、アントシアンの特性として金属イオンと結びつくと色調が変わるそうです。

21matoaajisai2015_0618.jpg


家の周りもアジサイだらけ!
31matoaajisai2015_0618.jpg


※例えば、ツユクサはマグネシウムと結びついて鮮やかな青い色に・・・。
アジサイでは、アルミニウムイオンと結合すると水色になります。


41matoaajisai2015_0618.jpg


※アジサイの花が終わり近づくと・・・・次第に赤くなる。
これは細胞の老化、酸性の老廃物が溜まって酸性度が高くなるようです。

なんだか、人間も似ているような・・・・


クレナイアジサイか?それともベニガクアジサイ?
51matoaajisai2015_0618.jpg


※細胞液の酸性度が高いと赤っぽく・・・低いと青みが強くなります。
咲き始めは、葉緑素が残って緑白色の花も、咲き進むにつれ葉緑素は消えてアントシアン
が、合成され水色になる。
土壌のpH(ペーハー)にも影響します、土に含まれるアルミニウムは土が酸性だとイオンとなって
根から吸収され、アントシアンと結びついて青を発色します。




小さな橋を入れて・・・
61matoaajisai2015_0618.jpg


※逆にアルカリ性だと、アルミニウムイオンが乏しくなり花色はピンクに近づくそうです。
酸性=青→赤、アルカリ生赤→青、また土壌pHにむらがあると根や枝の張り具合で
細胞に届くアルミニウムイオンの量が違って花色が異なってきます。



②へ続く・・・

※参考書「したたかな植物たち」より



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

茶畑にある銀杏の木



茶葉の緑と銀杏の黄色・・・
そして・・・美しい曲線にしばし眺めていました。
1茶畑と銀杏12



銀杏の側まで行けば、きっと銀杏の葉ももっと綺麗に
撮れると思うのですが・・
なぜか、ここからの眺めが良くって・・・

周りの景色は、こんな感じの場所・・・
2茶畑と銀杏12




反対側からは、このような景色。
3茶畑と銀杏12


久しぶりに山添村の茶畑でした。
(すべて11月30日の写真)



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



今日は、午後から今年最後の水槽の掃除をしました。
ライブカメラで見て頂いている方には、朝から水槽に掃除予告を!
って・・・だれか見ているのかしら??

今回、サンゴの砂を入れてみました!
ヤドカリくんは、歩き易いので今まで以上に歩きまわっています。



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

茶畑と柿



南田原から針周りで山添村へ・・・

久しぶりに訪れる山添村の茶畑、うすら覚えの道を行く・・・

その前に、コアジサイが咲いていた場所へ・・・
道路側で少しだけですが、ひっそり咲いていたコアジサイ・・
今は、陽が射すとゴールドのような色合いになっていました。
1山添村コイジサイ紅葉12



堂前から上って茶畑を下って行くと・・・
ちょっと遅かったような紅葉ですが山間に綺麗でした。
2山添村紅葉12


茶畑と柿の木・・・小さな小屋には干し柿も!
3山添村茶畑12


ちょっと見づらいですが柿がいっぱい!
4山添村茶畑12



そこから、一本杉へ・・・・
5一本杉12


いつの頃からか、ここもグーグルのストリートビューで見られるように・・
こんな茶畑の道なのですが、どうしてでしょう?
前のぼやけたままでいいと思うのですが、それを見ている私もワ・タ・シでしょうか・・


お茶の花が咲いていました。
茶葉を作るには、お茶の花は咲かない方がいいとか・・・
6お茶の花12

お茶に、天候とか管理の障害があると咲く時もあるとか・・・
茶の木を見ながら育った私だけど、知らなかったですね。

お茶はツバキ科の植物、白い椿にそっくり・・・
満開になると「しべ」(めしべ、おしべ)が開き、
小さな白い花弁の真ん中に、黄色いしべがあり、可愛らしい感じです。
花が咲くのですから、もちろん「お茶の実」もなります。

お茶の花は天ぷらにしたり、煮詰めてお茶漬けの具になど
食べる事もできるのだそうです。(地方によって・・・)

お茶の実も、見なくなりましたね・・・
丸い実の中から3個くらいタネがあって、とったらすぐに植木鉢や
畑に植え十分に水をやると芽がでるそうです、タネは時間が経つ
ほど芽が出にくくなるそうです。

お茶の花について・・・こちら



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


一か月ほど前に、ネットワークカメラを買いました!
うちで、ミドリフグを飼っていますが、知らない方も多いです・・・
目にも、見えないけど薄いマブタもあって・・ネコのように丸くなって昼寝もするフグなんて・・
飼ってみて初めて解ったことがいろいろです。

それで、外部から(スマホやパソコン)見えるようにと・・・
セキュリティもあり不安も、四苦八苦してやっと設定・・・
もう、どうしたらいいの?・・・何の意味かも解らない時もありましたが
友達に頼んで見られるか試してもらって・・やっと見られるようになりました。
パソコンによっては見られないのもあるかも?

そんなことをやっていたら・・・
今度は水槽が、汚くなって・・・(>_<)
また、お掃除をしなくちゃーネ。




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

山添村のコアジサイ




神野山の後、深野へ向かう事にしました。

山添村北野からの広域農道を途中から入り南下・・・

途中・・林の中で見つけたコアジサイ!
1kouikikoajisai14.jpg

少し影になっている所に多く自生しています。
2kouikikoajisai14.jpg


近づくと・おいで、おいで・・・と、甘い香りで誘惑??
もう、この香りがたまりません!
4kouikikoajisai14.jpg


こんな近くにあったなんて驚きです。
シンプルで装飾花は無いのだけど・・・
3kouikikoajisai14.jpg


良く見ると・・・
5kouikikoajisai14.jpg

コアジサイも小さな宇宙を形成しています、秋には葉が黄葉一面の黄金色や
芥子色 (からしいろ)?になるそうです。
それもまだ見てないので、一度見てみたいと思います。



◆コアジサイ(小紫陽花) (ユキノシタ科・アジサイ属)
 通常のアジサイよりも少し早く開花します、アジサイは七変化と言われますが
 コアジサイも、最初は薄い青色ですが次第に白に変化していきます。
 花にはほのかに芳香があり、白くなるにつれて芳香も薄れていく。
 葉には大きな三角状の鋸歯があり、表面に毛が散生し、葉柄、葉脈に
 長い毛がある(新しい枝は花が終わる頃には毛が落ちてしまう)
 花はすべて両性花であり種子をつける能力があります。

また、良く似た花でシロバナコアジサイ(白花小紫陽花)もあります。

(写真は、すべてクリックで拡大)



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...