日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

吐山で見つけた花



先日、吐山のスズランを見にいきましたが・・・
先に来ていた人も、後からも見に来た人も、皆さんはスズランを見て
早々にその場を立ち去られました。

ゆっくり、周りを見渡すと・・・
あれこれ珍しい植物が咲いていますよ!

と、言いたかったのですが・・・
まぁ、これは私だけなのかも??

スズランのすぐ近くで・・・これは『フタリシズカ』
1futarisuzuka0524.jpg


2本の花穂の先に米粒のような白い花をつけ、花穂は1本や3本、4本のときもある。
2futarisuzuka0524.jpg


名前の由来はその花穂の姿を源義経の愛した静御前の舞姿に
重ねて名付けられ能の「二人静」から来ているといいます。

「二人静」乗り移られた菜摘女と霊の静御前のピタリと合う
二人舞い、舞う姿を野の花に例えた想像力もすごいですね。



これは『マムシグサ』?・・・テンナンショウ(天南星)とも呼びます。
もしかしたら『ホソバテンナンショウ』かもしれません。
3mamusigusa0524.jpg

蛇の鎌首にも見える花序を包む葉(総苞・ソウホウ)が変化したもので(仏炎苞)と言う。
多年草で有毒植物です。仲間(テンナンショウ属)は30種余りもあり
葉柄下部に紫褐色のまだらな模様があり、この模様がマムシに似ていると
ところから名前がつきました。

このマムシグサ、若いうちは葉を一枚つけ、ある程度育つと花をつけるようになる。
最初は、雄花・・・しかし十分大きくなると・・・・
雌花を咲かせて実を結ぶようになる、つまり、雄から雌への性転換をするそうです・・驚き!


そして、もうじき満開になる『コアジサイ』
最初は、薄い青色・・そして白色に変化していきます。
4koajisai0524.jpg



ここのコアジサイを見たら、川上村のコアジサイが見たくなります。
今年は、林の中でいっぱいのコアジサイは見られるかしら・・・
なんて、想像を膨らませます。
5koajisai0524.jpg



優しい香りがします・・・なぜ、香りがするのかしら・・・
6koajisai0524.jpg


コアジサイは、古くから日本に自生している日本の固有種であって雄蕊、雌蕊もあります。
装飾花を持っていないので、虫を来させるためにコアジサイは香りを放つそうです。


もうじき、奈良県川上村ではコアジサイが見られます。
川上村観光ガイド・・・こちら★



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

吐山スズラン・向渕スズラン



昨年、少し見に行くのが遅かった吐山のスズラン。

今年は、少し早いかしら・・・
と、思って今日見に行ってきました。

さぁ、ここが入口!
1hayamasuzuran24.jpg

突き当りが吐山スズラン群生地、国指定天然記念物で 寒地性植物の
スズランが自生する南限地になっています。


2hayamasuzuran24.jpg
スズランは丁度いい時期でした!

3hayamasuzuran24.jpg
次から次へとスズランを見に来られていました。

4hayamasuzuran24.jpg
やっぱり、可愛い花です。


5hayamasuzuran24.jpg
葉の下で咲き・・お淑やかですね・・・


6hayamasuzuran24.jpg
横を向いていたスズランがあったので・・・
花の中は、こんな感じです。
ドイツスズランは、中が少し色があると思うのですが・・・
日本スズランは白です。

7hayamasuzuran24.jpg
昨年は、おかっぱスズランと名を付けましたが・・・
はやり、おかっぱの方が似合っているような・・・感じです。

8hayamasuzuran24.jpg
”おかっぱスズラン”・・・どうでしょう?


折角なので、今度は室生にある向渕スズランを見に行くことにしました。

9mukoubitisuzuran24.jpg
ここが駐車場、5,6台ほど止められます。


10mukoubitisuzuran24.jpg
スズランまでの道が整備されてました。
前は、少し薄暗いかんじでしたが、光が入り明るいです。

11mukoubitisuzuran24.jpg
柵で囲ってあります、少し高い場所もあります。


13mukoubitisuzuran24.jpg
こちらは、吐山ほどではないですが咲いてました!

数年前は、柵もなく荒された状態の時もありました。
ササユリも咲いていた時もありました。


14mukoubitisuzuran24.jpg
上に行くと椅子などがあって休憩もできます。

12mukoubitisuzuran24.jpg
今年も、お目にかかったカエル君!

吐山スズラン、向渕スズラン・・今、見頃を迎えています。


※スズラン情報こちら・・・針テラス情報館

吐山スズランと向渕スズラン・・こんな近い距離です。
(クリックで拡大)
15suzurantizu2016.jpg


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

霊山寺のバラ園へ・・・


12日は、すごく良いお天気でした。

午前中は、パソコングループのミーティングで生涯学習センターへ。
友達のカッキーさんは、バラを見に行くとLINEで・・・。

お昼に帰宅。
バラの事を主人に話すと見に行こう・・・と、言うことになり
午後から、奈良市中町、富雄川沿いの霊山寺のバラを見に行くことにしました。

少し早いのでは・・・と、思いましたがバラは結構咲いていました。
1ryosenjibara12.jpg


白いバラも美しいです!
2ryosenjibara12.jpg


こちらは、らせん状にバラをからませてあります。
3ryosenjibara12.jpg


良く似たバラですが、一つづつ名前が違います・・・間違えそう!
4ryosenjibara12.jpg


赤系のバラですが、オレンジほい感じ!
5ryosenjibara12


ピンク系!
6ryosenjibara12.jpg


このバラが好きですね、数年前にバラ園の外で苗を買ったことがあります。
7ryosenjibara12.jpg


大輪のバラも数多くありました!
9ryosenjibara12.jpg


優しいローズ色・・・
8ryosenjibara12.jpg


この日は、暑さもグングンとうなぎのぼりに・・・暑い!
10ryosenjibara12.jpg


こんな暑さの時は・・・・
園内ティーテラス「プリエール」で頂くバラアイス!
久しぶりに頂きました、バラの香りが口の中に広がりました!
11ryosenjibara12.jpg


パノラマで撮ってみました!
12ryosenjibara12.jpg



前に行った時、バラの写真が多くあったので・・・載せてみました。
Picturetrail で作ってみました!





この日、カッキーさんは橿原の「おふさ観音」へ、バラを見に行かれました。
カッキーさん・・・こちら

そして・・・
natuさんも、午前中に霊山寺のバラ園へ行かれましたが・・・
その前に、朝は葛城山のツツジ園にも行かれ、その行動力に驚きました。
natuさん・・・バラ園こちら    葛城山ツツジ園・・・こちら




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

なんじゃもんじゃの花!




興福寺の五重塔を見渡せる鶴福院町まで来ると・・

ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)の花が咲いているかも?
と、思って菊水楼西の「菩提院大御堂」通称(十三鐘)へ・・・
ヒトツバタゴの別名を”なんじゃもんじゃ”と言います。

咲いていました!
遠くから見ると、葉に雪が積もったように見えます・・・
1hitotubatago27.jpg


塀の真下まで来ると良く解ります。
2hitotubatago27.jpg


前に教えて頂いた扉を開けて境内へ・・・
3hitotubatago27.jpg


ここ、菩提院大御堂(十三鐘)には、春日神鹿をあやまって
殺傷した少年三作を石子詰の刑に処したと伝承される塚があります。
元禄時代、近松門左衛門がこの伝説を元にして浄瑠璃「十三鐘」を
作ったそうです。


雨も少なく、今が一番いい時期だったかもしれません!
4hitotubatago27.jpg


花弁が、落ちる姿を見たい・・・
と、思うのですが、なかなか見られません。
5hitotubatago27.jpg



初めて「なんじゃもんじゃ」を見に行ったのは・・・・
2005年に滋賀県蒲生郡安土町常楽寺1の沙沙貴神社でした。
境内には数多くのなんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)木が多くあり白い花を
いっぱい付けていました。

興福寺・菩提院大御堂(ぼだいいんおおみどう)

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)
 ヒトツバタゴの別名がナンジャモンジャです。
 モクセイ科ヒトツバタゴ属の一種で別名ナンジャモンジャノキ
  同じモクセイ科のトネリコ(別名「タゴ」)に似ており
 トネリコが複葉を持つのに対し、本種は托葉を持たない単葉で
 あることから「一つ葉タゴ」の和名がある。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

東大寺周辺から・・・




12日におかっぱ桜を見た後散策をしましたが・・・
春の芽吹きがいっぱいでした!

八重の桜・・・やはり可愛いですね!
1sakura0412.jpg


だけど・・・ナラノヤエザクラは?
まだまだこんな感じです。(12日)
2naranoyae0412.jpg



鼓阪小学校前の御衣黄桜です。
門を挟んで左右に植えられていました。
3gyoui0412.jpg


イロハカエデの花を見ました!
小さな小さな花です。
4irohakaede0412.jpg


花は、一本の木に雄花と雌花の双方を咲かせるそうです。
5irohakaede0412.jpg



これは・・・カエデの芽吹き?
6kaede0412.jpg



この日、車を置いていた場所転害門まで戻ってくると・・
桜の木の間に野鳥が止まっていました。
7tugumi0412.jpg


ツグミです・・・
じっとして動きません。

こんな感じの木の間で!
8tugumi0412.jpg



少し近づき望遠で撮りますが・・何かヘンです。
9tugumi0412.jpg

良く見ると・・・

どうやら足が片方ない感じです。
目を閉じる瞬間を撮るのも初めてかも・・・
10tugumi0412.jpg


そっと静かに離れて見ていると・・・・

少し経ってから、どこかへ飛んで行きました。
休憩をしていたのでしょうか・・・

自然界はいろいろですが、頑張って成長してほしいと思います。




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

もう一度ミモザ




今日、午前中に天理へ向かう途中、ミモザが咲いている佐保川にもう一度立ち寄りました。

前回、まだ満開ではなかったので是非もう一度行きたいと思ってました。

ミモザの木は古く、あまり満開のような感じではありませんでしたが
前よりは多く花が咲いていました。
1sahomimoza18.jpg

2sahomimoza18.jpg


ハチの足には花粉がいっぱい!
3sahomimoza18.jpg

写真・・花粉症の方ごめんなさい!
4sahomimoza18.jpg

5sahomimoza18.jpg


前に「銀葉(ギンヨウ)アカシア」と書きましたが葉に特徴もあって
「フサアカシヤ」にも似ています。
どっちなんだろう・・・悩みます(>_<)
フサアカシア

6sahomimoza18.jpg

7sahomimoza18.jpg


ボンボリのような花が可愛いですね。
8sahomimoza18.jpg


3月8日は「ミモザの日」で国連が決めた国際女性デーだとか・・・


2line18.png


先日、イチゴを買った「フルーツのなかじま」さんです。
側を通ったので写しました、台の上には多くのイチゴが並んでいました。
10nakajimaitigo18.jpg





宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

月ヶ瀬梅林




暖かい日が続きますね!
3日に月ヶ瀬梅林に行ってきました。

月ヶ瀬の名張川を見降ろしす・・・
とてもいい眺めです、八幡橋を大勢の方が渡って行きます。
1tukigase03.jpg
この場所は、細い道をくねくね行った「菊家家住宅」の下あたりもっと朝早くだったら眼下の
梅林が綺麗だったかもしれませんね。


八幡橋の近くは、もう7~8分咲き!
2tukigase03.jpg


この暖かさでもっと、花が開花するしょうね!
3tukigase03.jpg


月ヶ瀬梅林に来ると、いつも寄る八景茶屋さん!
梅の盆栽も多く置いてますが、庭に咲く雲南黄梅(ウンナンオウバイ)流れ落ちるような
枝ぶりに小さな黄色の花が美しいです。
モクセイ科ソケイ(ジャスミン)属のつる性常緑低木。
4-1unnanoubai.jpg


ほかにも蝋梅、マンサク、福寿草が咲いていました。
4-2fukujyusou.jpg


眼下に月ヶ瀬梅渓が広がる・・・・帆浦茶屋で一息!
ここから見える景色も素晴らしいです。
5tukigase03.jpg


月ヶ瀬梅林は、名張川を望む斜面にあって頂上には真福寺があります。
境内には「姫若の梅」の古木があり月ヶ瀬梅林発祥の地と言われています。
6tukigase03.jpg


帰りに車を置いていた月ヶ瀬温泉横のふれあい市場で買い物を!
実は、月ヶ瀬梅林に来た目的の一つは紅生姜を買いたかったのです。
7benisyouga.jpg

もう、過ぎましたが・・・・
3日の雛祭りにちらし寿司を作る予定をしていました、紅生姜が無くなっていたので
梅林を見に来たついでに購入しました。


月ヶ瀬梅林 記事
2013年03月23日・・・こちら

2011年03月24日・・・こちら



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

もう、コアジサイが!





吐山のスズラン群生地への道・・・突き当たりがスズランです。

林の入口にはコアジサイも咲いていました!
8_20150529hayasi.jpg



入口の右側に・・・・ほら! 見えますか?
0_20150529koajisai.jpg


早いなぁ~なんて思いながら写真を!
1_20150529koajisai.jpg



花芽がいっぱい!
いよいよコアジサイの季節・・・いい香りです。
2_20150529koajisai.jpg

東吉野のコアジサイの森は、少し後でしょうか・・・


スズランが咲いている場所近くには、コアジサイやマムシグサも咲いています。
田んぼもあって、今オタマジャクシがいっぱいです!

野に咲く花々も目立ちますよ。
こちらはアザミ、立派な花で目立ちます。
4_20150529azami.jpg


風にユラユラ・・・
5_20150529azam.jpg


こちらは、オカタツミソウ!
6_20150529okatatumisou.jpg



たんぽぽのようなブタナ!
7_20150529butana.jpg


どうしてブタナ(豚菜)と言うのかしら・・・
別名をタンポポモドキ(蒲公英擬き)ですって・・・

フランス語の名前“salade de porc(豚のサラダ)”からきているとか・・
ヨーロッパ原産で、日本では外来種(帰化植物)
昭和初期に北海道で発見され時は「タンポポモドキ」そして次の年に
神戸六甲で見つかった時に「ブタナ」と付けられたとか。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...