日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

深野のタカサゴユリ




咲いているかどうか、解らなかったのですが
昨日、宇陀市の深野へ タカサゴユリを探しにいきました。

よく通る山添村の北野から、やまなみロードをドライブしながら行きました。
途中、上笠あたりから深野へ・・・



タカサゴユリがいっぱい咲いてました。
1takasagoyuri0823.jpg


一株に何個もの花が・・・
花を一つしか咲かせてない株や、数個も咲かせている株があります。
背丈も株によってバラバラです、種から1年で咲く花、芽が出て数年経ち
球根が大きくなり、数個の花を付けるような花にもなるそうです。
2takasagoyuri0823.jpg




繁殖力の強いタカサゴユリですが・・・
ある時、その群落の姿を消してしまう時があるそうです
何年も同じ場所で咲き続けるのを繰り返すと・・・
土壌の、あるバクテリアが繁殖して球根を弱め枯らしてしまうそうです。

しかし、大丈夫!
近くの周辺には十分な種子が撒かれていて、新しい群落を作るそうです。
まるで、集団移動したような・・・
それで、タカサゴユリは「旅をするユリ」とも呼ばれているそうです。
3takasagoyuri0823.jpg



県道242号線から深野に入るのが一番大好き!
パッと視界が一瞬に開け・・・深野の里が目に飛び込んできます。
4takasagoyuri0823.jpg


カーブを曲がると・・・
もう、すごいスケールで斜面に咲くタカサゴユリにビックリでした。
5takasagoyuri0823.jpg


ミラーに写る深野の里山。
6takasagoyuri0823.jpg


深野は、日本の里山百選に選ばれています。
また、ササユリの里として有名です。
7takasagoyuri0823.jpg



タカサゴユリは、台湾原産の帰化植物です。
(タカサゴとは、琉球語のサカサングに由来し、台湾の別称とか)
種子の発芽から6ヶ月で開花するとか・・早い。
葉が細く、花に薄い紫の筋が入ります、蕾を見るとよく解ります。
日本原産のテッポウユリに近い種類でもあります、またテッポウユリとの自然雑種も多くあります。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

ヤマユリ




ヤマユリを見に大宇陀を走ってきました。
大宇陀調子の個人宅のヤマユリは、遅かったような・・・
1yamayuri0731.jpg

大宇陀から166へ抜ける山麓を走っていると・・・
麻生田あたりで、ヤマユリが多く咲いていました。

2yamayuri0731.jpg

大宇陀調子のヤマユリ
3yamayuri0731.jpg




大宇陀調子、緑の中に真っ赤なヒメヒオウギズイセン(姫緋扇水仙)
4himehiougi0731.jpg

かなり目立つ花でした。
園芸ではクロコスミア、またはモントブレチアの名前で知られています。


自然の中で咲くヤマユリは豪華です。
5yamayuri0731.jpg
(すべてクリックで拡大)


山間を走っていると・・・
田畑の土手にも、ひっそり咲くヤマイリは美しいです。


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング






Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

山麓から竜王ヶ渕へ




額井岳と戒場山の麓を進む・・・
緑と青い空が夏のイメージもぴったりです!
1kaibayama0720.jpg


杉林のアジサイがなんだかとても綺麗です。
2kaibaajisai0720.jpg


陰に入ると・・ちょっと涼しい風が・・
3kaibaajisai0720.jpg


道端の赤い紫陽花
4kaibaajisai0720.jpg


龍王ヶ渕へ
5ryuougafiti0720.jpg
池に映る水鏡・・・・


針葉樹の映り込みも綺麗です。
6ryuougafuti0720.jpg


水面には菱が多くありました。
7ryuougafuti0720.jpg



チョウトンボが多く飛んでいました。
8ryuougafutityoutonbo0720.jpg


菱の葉にクロイトトンボ??
9ryuougafutiitotonbo0720.jpg


ネムノキ(合歓木)長い雄蕊の花・・・
10nemunoki0720.jpg



龍王ヶ渕では、チョウトンボやイトトンボなど沢山見ることができました。


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

弁財天のチゴユリ




先日の弁財天へ行った時・・・・
遊歩道を歩いていると、色々な植物が咲いていました。
ワタシにとってはシャクナゲはもちろんですが・・
観察したり触れたり・・でとても面白い道でした。

ある場所まで来ると・・・
やや緑がかった白い6弁の小さな花・・・
花の大きさは、1センチほどで無数に咲いていました。

写真はすべてクリックすると大きくなります。
1chigoyuri0511.jpg


それも、ほとんどが上を見ないでうつむいたまま!
なんて言う小さな花なんだろう?
2chigoyuri0511.jpg


こんなにも群生をしているのは始めてです。
3chigoyuri0511.jpg


写真を撮って帰り調べて見ると『チゴユリ』と言う花でした。
4chigoyuri0511.jpg


葉は、ツユクサのような感じかなぁ~
高さは10センチから20センチほどで細い茎でした。
小さくて素敵な花、いい所を見つけました。

🌸『チゴユリ(稚児百合)』ユリ科 チゴユリ属
 学名: Disporum smilacinum
 小さな可愛い花を子供の「稚児」に例えた名前です。
 花が下向きに咲き、雄しべ6個、柱頭は3裂し、秋には黒い実を付けます。
 種子での繁殖のほかに、地下茎を長く伸ばして増える。


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

弁財天のシャクナゲ




先日宇陀市、弁財天のシャクナゲを見に行ってきました。
たくさんのシャクナゲが咲いていて感動でした。

大分前になりますが・・・
その時よりも広くなってシャクナゲも増えたように思います。


道路から見ると・・・
石段の両側のシャクナゲも綺麗です。
1benzaitenshakunage0511.jpg


石段の途中で休憩!
2benzaitenshakunage0511.jpg

遊歩道の両側にシャクナゲ
3benzaitenshakunage0511.jpg


上から見ると・・・
4benzaitenshakunage0511.jpg


大きいピンクのシャクナゲ
5benzaitenshakunage0511.jpg


こちらは真紅のシャクナゲ
6benzaitenshakunage0511.jpg


種類はどれほどあるのだろうか・・・
7benzaitenshakunage0511.jpg


遊歩道から見上げると・・・
8benzaitenshakunage0511.jpg


どこを見ても当たり前ですが・・・
シャクナゲがこんなに多くある場所なんてすごいです。
9benzaitenshakunage0511.jpg


すでに終わっている株もありますが・・・
まだ蕾も多くありました。
10benzaitenshakunage0511.jpg


今が丁度見頃です。
曇り、時々晴れの時でしたが、雨のシャクナゲも素敵ですね・・・きっと・・・


前に行った時の記事・・・こちら🌸




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

室生寺の石楠花




午後から晴れてくるのでどこかに花を見に行こうか・・・

と、主人が言ったのでどこがいいかあれこれ悩ん末に2年前に行った室生寺の
石楠花を見に行くことにしました。


今日は、風が強く寒いほど・・・
少し暖かめの服装で出発!

車の助手席でスマホで室生寺周辺の混雑状態を調べる・・・
少し混んでいる様子・・・

きっと、駐車場の出入りで混んでいると思い龍穴神社の方から
室生寺へ入って行きました。


太鼓橋から・・・
1murousyakunage29.jpg


室生寺に着く頃から青空が出てきました!
2murousyakunage29.jpg


まぶしいほどですが、少し寒かった。
3murousyakunage29.jpg


木々の新緑も綺麗です!
4murousyakunage29.jpg


カエデの緑もまぶしいほど!
5murousyakunage29.jpg



鎧坂、石段の石楠花も終盤でしょうか・・・
石楠花は少し遅かった・・
それでも、こんなに綺麗に咲いてました。
6murousyakunage29.jpg


五重塔を後ろに・・・。
7murousyakunage29.jpg



8murousyakunage29.jpg



9murousyakunage29.jpg



2年前に行った時が、あまりにも美しかったかもしれませんね。
その時の記事・・・こちら★


太鼓橋の近くのお店で頂きました。
お店の中では、暖房がしてありました。
10murouihiru29.jpg



いつもの草餅屋さんで草餅を!
11murouyomogimoti29.jpg
次から次へと来るお客さんで大忙しです!
作り置きは無く少し待ってました。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

諸木野・御杖村を散策・・・




諸木野、御杖村の丸山公園からの帰り・・・

里山の神末集落をちょっと散策をしました。

「みつえ青少年旅行村」の方へ行くと田んぼの土手に綺麗な枝垂れ桜です。
1mituekamisue15.jpg


田には水が入って、もうじき”代かき”が行われるのでね。
もう、道端にはイタドリが咲いていました!
2mituekamisue15.jpg



一軒の家に鯉のぼりが風をきって泳いでいました。
鯉のぼりは里山に良く似合います。
5mituekoinobori15.jpg


御杖村神末は、半夏生の花(葉)が多く咲く場所があって見に来た事があります。
今年も7月頃に、半夏生を見に来たいですね。


旧の伊勢街道を歩く方も多いとか・・・
そのために、解りやすい標識なども設置されています。
写真はないのですが、近くには「子もうけ石」などがあります。
6mituedouro15.jpg 7mituedouro15.jpg


この近くの民家の枝垂れ桜が、目に飛び込んできました!
3mituekamisue15.jpg

鮮やかなピンクです!
4mituekamisue15.jpg



丸山公園近くには「金壺石」があります。
10kanetubo15.jpg

看板には・・・
「この石の上で毎年正月元旦の朝、金鶏が鳴くと伝えられている敷津七不思議の六である」
と書かれていました。

全国にも「金鶏伝説」というものがあります。
「山または塚に埋められた金鶏が、多くは元旦に鳴くという伝説。長野県下伊那郡では
朝日松の根もとに長者が金鶏を埋めた塚があり、毎年元旦に鶏の鳴き声がするといわれる。
このような伝説は日本全国各地に数多く伝えられており、元旦に鳴くもの鳴き声を聞くことを
吉とするもの、凶とするものなどさまざまで、長者伝説を伴っている」

御杖村・敷津七不思議 参照



そうそう、諸木野の桜はこんな花!
(2回クリックで拡大)
8morokinosakura15.jpg

その時、近くでウグイスを発見!
慌てて撮ったので、ちょっと解りにくいのですが・・・
(2回クリックで拡大)
9morokinouguisu15.jpg


御杖村の道の駅では、山菜のワラビ、コゴミなどが売られていました。
もちろん、コゴミとワラビを買って帰りました。
11mitinoekisansai15.jpg


珍し物では・・鹿の角なども売られていましたよ。
12mitinoekistuno15.jpg

角、片方3500円・両方7500円だそうです。

この前、ラジオで奈良公園のどこかに鹿の角が落ちているとか、いないとか
お話をされていましたが・・・こんなにもいいお値段だとは・・ビックリポンです。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング





Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

今年も長谷寺参りへ・・・




昨日、やっとお参りに行くことができました。
昨年も行った長谷寺へ・・・

ここ長谷寺は、お正月を過ぎたら行くようになり、干支の「起き上がりこぼし」を購入するようになりました。


入山料を払って、保全修理が行われている仁王門へ・・・
修理は、平成29年3月末まで続くそうです。

仁王門への石段を数段登った時・・・
あれ? 石段と石段の間に、何かが咲いています・・・
とても、小さな小さな花なのですが、立っていると見えません!
カメラで撮ってみると・・・小さな小さなスミレのようです(1センチにも満たない大きさです)
1hasederaisidan16.jpg


もう、ビックリポン!
たぶん誰も気付かないよう場所で小さなスミレに出会えました!
何を目にするか解りませんね。


登廊から見えてくるのは・・・
丹精込めて咲かせておられる、菰をかぶった冬牡丹いつ見ても可愛い感じです。
2hasefuyubotan16.jpg


昨年から、今年にかけては暖冬のせいか、花が散ってしまっているのもありました。
3hasefuyubotan16.jpg


冬牡丹を見ながら、まだまだ登廊を登っていくと・・・
右手に大きなソテツ(蘇鉄)があるのですが、なんだか赤いものがいっぱい!
4sotetu16.jpg

帰ってから調べたのですが・・・
思い出しました・・・歌にもありますね!

~♪~赤いソテツ(蘇鉄)の 実も熟れる頃~♫~

ここに突っ込まないで下さいネ!
この歌を、歌ったことはありませんので・・・
ワタシではなく父がよく歌ってました!
5sotetumi16.jpg


これはソテツの雌花、びっしりと詰まって見えるオレンジ色の実、初めて見ました。
長谷寺のホームページにも書いてありました。
ソテツについて・・・こちら★
昔、長谷寺が炎上した時に、観音さまの頭頂仏が、このソテツの花まで飛んだという
伝説もあるようです。

ゆっくりと登廊の周りを見ながら上がっていうのはいいもんです!
初めて見るものや風景に驚かされます。



修理をされた外舞台へ・・・
前は、先まで行くのが少し不安でしたが、修理をされた舞台はなんだか広く感じます。
7butai16.jpg


知らなかったのですが、舞台の手すりで擬宝珠が付いている下の台のようなものが
付いていますが「猫足」という名前だそうです。(赤丸部分)
6butai16.jpg



ちょうどお昼頃になり、鐘楼の急な階段を上って行かれます・・・
鐘楼のは「尾上の鐘」という鐘がぶら下がっています。
8kaidannobori16.jpg

この鐘を別名で「未来鐘」といいます、実はこんなお話があります・・・

昔々、山城の国(現京都府)にある男が住んでいました。男はひどく貧しかったのですが
人一倍信心深く、毎月、長谷寺にお参りしていました。ある日のこと、男は長谷寺の慈願
(じがん)というお坊さんに、このお寺の鐘が小さいことを話題にして言いました。
「私の願いが叶いましたら、大きな鐘を奉納しましょう」それを聞いた人々は笑いました。
「いま奉納するのかと思えば、未来のことか」それから男はみんなから「未来男」と
呼ばれて馬鹿にされました。
しかしその後、十一面観音さまの霊験がこの男を変えました。山城の貧しい男は、なんと、
近江の国(現滋賀県)の国司代という役にまで出世したのです。 立派になった男は、
約束通り、大きな鐘を長谷寺に奉納しました。人々はその鐘を「未来鐘」と呼ぶように
なりました。「未来男」と笑う者は誰一人としていなくなりました。
男が奉納した未来鐘は火事で焼けてしまい、今の釣り鐘は後に寄進されたものですが、
今でも尾上の鐘は未来鐘と呼ばれ続けています。


◆JR東海・うましうるわし奈良「大和をかし話」長谷寺の未来鐘より
 他にも面白い話がいっぱいありますよ・・読みたい方は是非こちら・・・


正午の鐘とほら貝が長谷寺の周りの山々に鳴り響く・・・・
昔から、絶えることなく続いています・・・・
9horagai16.jpg


本堂を抜けると大黒堂があり、お堂の前に並んでいるのは・・・
多くのねずみさんたち、おみくじになっています。
10daikokunezumi16.jpg


今回の目的の一つ、御守授与所にきました。
干支の起き上がりこぼし「申」です!
11etookiagarisaru.jpg


ここから、本坊へ・・・
本坊から見る冬牡丹と舞台の眺めもいいですが残念ながら、散っている花もありました。
12honboubotan16.jpg


この日は曇り空・・・・
帰り際になると、時々日差しも入り、もう一度登廊側の冬牡丹を見ることにしました。
13fuyubotan16.jpg

はやり、大きな大輪で綺麗ですね!
14fuyubotan16.jpg



帰ってから、「申」の起き上がりこぼしを鏡餅の前に並べました!
15etosarukagamimoti.jpg


後で、昨年の「未」さんと交代です。
「申」の起き上がりこぼし・・お尻?底?が真っ赤でした。


★昨年の記事・・・
2015年01月07日・・・・「霧の長谷寺」



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...