日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

夏は、わらびもち



久しぶりに、わらび餅を作りました。

作り方は、わらび粉の裏に書いてましたが
今回は、砂糖の代わりに黒蜜を入れました。

わらび粉、水で溶いてうらごし器を通してナベにいれます。
黒蜜も入れて火にかけます。
1warabi07.jpg


ベラで、なべ底をすくいながら、焦さないように混ぜます。
粘りがでてくるの、頑張って煉ります。
2warabi07.jpg



流し缶もありますが、ステンレスバットに入れます。
それを、氷水を入れた大きなバットにで冷やします。
3warabi07.jpg



冷めれば、あまり水をつけないで切り分け、きな粉でまぶして出来上がり。
きな粉は、砂糖の入った物が家にあったのでそれを使いました。

ほんのり、黒蜜の味もして美味しかったです。
4warabi07.jpg



夏の和菓子・・緑茶を水出しして頂きました!
Mayさん、とっても美味しく出来上がりました!
有難う・・・感謝!


後、半分わらび粉があるので・・次回はどんなのを作ろうかしら?
作り方もいろいろ有りますが以下のやり方など参考になりました。


辻調グループ「わらび餅」参考。
中日新聞プラス・「わらびもちを作りましょ!!」参考。


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング




Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

お彼岸のぼた餅




お彼岸入りになって数日が経ちます。

作らなければ・・・
と、思っていましたがやっとぼた餅を作りました。

いつものことながら、一番喜んだのは主人です。
1botamoti19.jpg


今回は、小豆が300グラム。

いつものように渋切りをして・・・・

軟らかくなれば200~220グラムの砂糖を・・・・

塩を3~5グラムほど・・・・
2botamoti19.jpg

その間にお米ともち米を炊き上げて丸めておきました。

餡ができたらご飯を餡で包み出来上がり。

季節のものが戴けるのは幸せです・・・先人に感謝。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

四季彩々「ぼたもち」「夜船」「おはぎ」「北窓」



先週になりますが、主人の誕生日だったのでリクエストに応えて”ぼたもち”を作りました。


お米にもち米を少し入れ炊きました、2合ほど・・・。
その間に、小豆300グラムを鍋に水からいれて煮ます、沸騰たらアクもあるので湯は捨てます
それを3度ほど繰り返す・・・その後、綺麗な水からコトコトと煮るすごく適当です。

餡ですが、小豆が柔らかくなり、割れている小豆もありますが気にしない
水分も無くなり小豆がしっかり見えてくると、砂糖を2回に分けて100グラムづつ入れます。


まだまだ水分が無くならないので混ぜながら煮ます。
この時、餡が手や腕に飛び散りそうになりますが・・我慢で混ぜます!
このへんになりますと、音も変わってくるので解り、鍋の底がしっかり見えると終了。

今回は砂糖200グラム(ちょっと薄めかなぁ)と、鍋底が見えたら塩3グラム入れました。
これで、少し置いておくと幾分か水分もとんで丁度いい餡状態に。

餡を冷ましている間に・・・
ぼたもち”のご飯が炊き上がり、熱いあいだにご飯をつぶします(はんごろし)
それを30グラムにしてラップに丸めておきます。
およそ・・16個できました。(1個分は味見をしました)
1hangohan05.jpg

やや冷めた餡を計ると・・850グラムあり・・・
約50グラムづつ丸めます17個できる・・ええ感じやん!
2an05.jpg

こんな感じに・・・・
3an05.jpg


切ったラップに餡を置いて、上からラップを置いて手でつぶします
平たくなった餡の上に丸めたご飯を置いて、下のラップを寄せてきて
ラップごと丸めていきます・・・手には餡もご飯もつきません!
丸めた”ぼたもち”を透明のカップに入れます。
これで出来上がり・・・
4ohagi05.jpg


一個、餡玉が残りますがこれは2個を一緒にして丸めました。
当然大きいので、これは主人用に全部で16個出来上がり。



おはぎ studay!
春はぼたもち、秋はおはぎと名前が違ってきますが・・・
どちらも、諸説いろいろで彼岸にかかわってきているようです。

粒あんが”ぼたもち”で、こしあんが”おはぎ”と思ってませんか??
実は、餡の材料「小豆」の収穫時期に関係があるとか・・・

秋のお彼岸は、小豆の収穫時期とやや一緒で、取れたての柔らかな小豆を餡にすることが
できますから、柔らかい皮も一緒につぶして粒あんができます。

春のお彼岸は、前年の小豆になり皮は固くなっているので、そのままでは触感もよくない
だから、皮を取り除き”こしあん”ができます。

春の”ぼたもち”はこしあん、秋の”おはぎ”は粒あんだったのですが
今は品種改良や保存技術の発達によって、春も皮つきのまま使える小豆が登場し
理由も意味がなくなったそうです。

さて・・・
夏は、日持ちもしないのであまり作りませんが・・・

夏の”おはぎ”は「夜船」と言うそうです。
”おはぎ”は、お餅ではないので「ペタン」と言う音もしない、隣近所からいつ突いたのか
わからない・・・そんな処から「搗(つ)き知らず」が「着き知らず」となり
夜は船がいつ着いたのか解らないと言う処から「夜船」となったとか!

夏があれば冬も・・・と言う事で冬は「北窓」と言うそうです。
夜は、いつ突いたのか、解らない・・と、いう処までは一緒ですが
漢字がちょっと違ってきます。
「搗(つ)き知らず」が「月知らず」となり、月が見えないのは北の窓だから
「北窓」となったとのことだそうです。

また、”おはぎ”をお彼岸などにお供えして食べるのは、小豆の赤い色は邪気を祓う
色とされていたとか・・・・
春の「ぼたもち」、夏の「夜船」、秋の「おはぎ」、冬の「北窓」
”おはぎ”に四季折々の名前を持たせるとは、風情があっていいですね!

そうそう、誕生日には・・・受けを狙ってこんな感じに!
5tanjyoubi05.jpg

えぇ~っ・・・って、言う人もいるかしら・・・
まだ、数年前よりはマシですよ。
いつかの誕生日には・・こんなの(笑)

●参考にさせて頂きました。
「 あずき-産地における栽培概要-総論」



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

今年、二回目の善哉!


大寒も過ぎて雪は降りませんが寒いですね!

先週、お正月の餅の鏡開きをして、寒の水に浸けていた割れた餅を
善哉に入れて頂きました、もう2回目です。


小豆・・・250g
砂糖・・・200~250g
塩・・・・少々

小豆を洗ってナベに入れて下ゆで(渋抜き)・・コトコト・・・
沸騰したら小豆をザルにあげ、湯を捨ててまた水から煮る・・
これを2度ほど繰り返し・・・
1ぜんざいs

その後は、火を小さくしてコトコト・・・
小豆が、指でつぶれるほど柔らかくなれば、砂糖を投入・・・
(小豆が、多ければ冷凍庫で保存も可(砂糖無しの時)
今回は、煮汁が多い目にしたので、砂糖は250gほど使いました。
最後に塩で味をひきしめて、およそ1時間ほどで出来上がり。

待っていたのは、亭主なり!

餅も、みんなひっついて、どうにもこうにも・・・
なので、大きいうどん碗に入れました!
3ざんざいs


ふっくら小豆も美味しいです!
我ながら・・いつもの頬笑みを・・・

そして、善哉に付く口直しにはこれ!
2松葉昆布s


うちは、スーパーなどでも売っています
”ふじっ子”の「まつば」です・・・
太くって美味しい塩昆布で大好き!

細い塩昆布ではダメで太い目がいいですね。

さて、今年は何回ほど善哉を作るのだろうか・・・

皆さんも、是非・・・美味しい善哉を作って下さいませ。






宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

Marron Dece'




先日のマロンの続きです・・・

ゆっくりブランデー入りに、漬けていたので時間がかかりましたが・・・
なんとか、出来上がりました。


見た目はイマイチ・・ですが、味はバツグンですよ!
1まろんでっせ


Marron glacé 」ではなく・・・
名付けてMarron Dece'(まろんでっせ)」
スペルは、これでいいのかさっぱり解かりません!
おまけに、面白半分でシールも作って貼りました。
2まろんでっせ


亀裂が半分ほど入りましたが、乾かしたのでくっいてしまいなんとなく上手くいきました。
3まろんでっせ


来年こそは、もう一度チャレンジしましょう!




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

やっと”お彼岸おはぎ”を!



今もちょっと大変で、バタバタしております!

彼岸花の写真を撮りに行くのも出来ずにおります。

連休に、おばぁちゃんが転んでしまって・・・
明けにいつものお医者さんへ・・・

骨に異常も無くセーフ!
先生からは、「上手に転んだなぁ~」なんて褒められました!
ニコッとするおばぁちゃん!
しかしながら、少し打撲の痕もありで、あれこれ家の中でも付き添って介護です。

今週はディサービスもお休みして、来週から行く予定ですが・・
大丈夫かしらと不安なのですが・・”なんとかなるさ”
で、楽天的な私です。


もう、彼岸明けしてしまったのですが・・・
少し時間が出来たので・・・”おはぎ”を作りました。
1お彼岸おはぎ



小豆・・・250g
砂糖・・・200g
塩・・・・少々

(3合)
もち米・・・・・360g
うるち米(白米)・90g
これで、25個ほど出来る予定!

3度ほど、渋切りをして・・コトコト煮ます。
水分が無くなり、豆が見えてきてシタシタになったら・・砂糖を半分ずつ入れ塩も入れて・・・
水分が無くなれば、出来上がり・・・後は、潰すだけ!
2お彼岸おはぎ作り


ご飯は、潰して半殺しです!
きな粉は、明日香で買った黒豆きな粉を使いました。

そして・・出来上がり!
小豆15個、黒豆きな粉は10個ほど・・・
もちろん、黒豆きな粉の中には、小さな餡玉も入れました。

黒豆きな粉おはぎ・・普通のきな粉より、美味しく味も濃厚です。
3お彼岸おはぎ・黒豆きな粉


そして、定番おはぎ・・こちらも久しぶりに美味しい!
4お彼岸おはぎ・小豆


実家のお墓参りも済ませてませんが・・・

9月の初めに、東京から帰ってきた息子と田原本の安養寺へ
おばぁちゃんの墓参りをしました。
その時・・・すごい草で、その日は時間もなく・・・
次の日、娘を連れてお墓の草むしりをしてきました。

”おはぎ”お供えしたかったのだけど・・・
またいつか行きましょう。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

葛切り




以前、大宇陀の「森野旧薬園」へ寄った時に「本葛粉」を
1本買ったのを思い出した。


かなり昔は、ごく普通に「葛切り」を作っていたが
ここ数年、全然作らなくなった。

何かの和菓子を作る時に、使おうと思って買っておいた。

何かのテレビで「葛切り」を見て・・・
美味しそうだったので、作ってみました!
1kuzukiri


本葛粉と流し込む入れ物さえあればなんとかなった・・・
流し込むのは、豆腐器で・・・

大きなナベにお湯を沸かしておく・・・
本葛を水で溶き、裏ごしをして豆腐器に少し入れる!

ペンチで容器の端をつかんでナベに・・・
ここらへんは、大胆かしら?・・・気にしてません・・・^^;


少し揺らしながら・・1,2分・・・液体が固まったなぁ~と同時に
お湯の中にジャポン!
葛が透明になれば、ナベから出して、今度は冷水の中へ・・・ドボン!

後は、豆腐器の端の方から、少しずつ取り出し平らにする!
2kuzukiri



後は、5ミリ~10ミリほどに切ってガラスの器に!
黒蜜をかけて頂きますぅ~!

シンプルで美味しかったですよ!
是非・・チャレンジを!
豆腐器がなければ、ステンレスバットでも出来ると思います。



追記
今日は、夕方の地震速報で大変でした。
奈良県・・なんて!

おばぁちゃんを起こして、いつでも外へ
なんて・・・あれもこれもと考えました。
有り得る事なので・・・
いざとなれば、身一つで・・・なんて、考えさせられました。
後で、誤報とは・・・もう、びっくりでした。
皆さんは大丈夫でしたか・・・



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

こうなったら・・『水まんじゅう』



蒸し暑い日が続く・・・・

先日、『水まんじゅう』を頂いた・・・

もう、かれこれ数年前に『水まんじゅう』を作った事があるけど
ここ数年、和菓子も、まともに作らなかった・・・

急に作りたくなって、あれこれ材料を買いこんできた。
ちょっと、今回は『水まんじゅう』の付箋のような帯に凝ってしまった。


先に・・・こんな感じに出来上がり!
1水まんじゅう

餡子を先に、12g~13gほど、丸めておきます!
容器に、ゲル状を流し込んで、その上に丸めた餡を入れ
もう一度、流し込んでフタをして冷やす。
2水まんじゅう


中に漉し餡が入ってます!
なんとなく解かるように・・・
3水まんじゅう


ここで・・・
『水まんじゅう』に巻く帯!
実は、Wordで作りました・・・
フグマークも入れて・・・・
よう、やるわ~と・・・聞こえそう^^;ハァ~
4水まんじゅう



Wordで、このような感じで作りました。
付箋の下には、フグマークも見えますか?
(クリックで拡大)
5水まんじゅう・付箋    6水まんじゅう



やってみて・・容器がちょっと少なかったので・・
流し込むゲル状が、残ってしまった。
仕方ないので、バットに流し込んで明日にでも、
きな粉をまぶして食べるようにします!
7水まんじゅう・残り






宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング

Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...