日々彩々 Ⅱ
奈良いつも日々彩々! 日々いつも興味満載!

桜巡り'13・・・JR笠置駅




昨日の、井手町から163号線を走って笠置駅へ・・・

ちょっと早かったようです。
JR笠置駅の桜5


線路沿いも、これからです!
JR笠置駅の桜4


今週末には、満開を迎えると思います。
川岸では家族連れで賑わってました。
ここって・・
一人300円いるのですね、数年前はどうだったのかしら・・
お弁当を持って、おばぁちゃんを連れてきた事があったのですが・・・

駅前の桜も、まだ8分咲きほど・・
JR笠置駅の桜1

こちらも、まだこれから・・・
JR笠置駅の桜2



JR笠置駅の桜3


木津川へ注ぐ川の桜は8分咲き・・・
JR笠置駅の桜6



JR笠置駅の桜7


駅に電車が入ってきたぁ~!
ジーゼル車を撮りたいと思って・・いつもの、場所まで写しにいけば・・あれ?
なんと、小さな倉庫が建ってて・・・間に合わなかった(>_<)
JR笠置駅・ジーゼル車



笠置周辺は、今週末見頃のようです。




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

桜巡り'13・・・井手町・地蔵禅院の桜


京都府綴喜郡井手町の地蔵禅院の桜・・

初めて行く桜巡り・・・

半月ほど前に、桜の情報を検索していたら・・・見つけました。
京都府の方だったら、ご存じかも知れません!

今日も、花曇り・・・なんとも言えないお天気!
奈良市内からすごく近いので、下見がてらに行ってきました。

木津川市から24号線を京都方面へ・・・
JR奈良線で言えば、玉水駅!
奈良からーー平城山ーー木津ーー上狛ーー棚倉ーー玉水駅です。

井手町役場を過ぎて次の信号を右折・・そこから道なりに・・
かなりの高台にあるようで、途中からピンクの桜が見えてます。

上井手地区の公民館に車を止めて、そこから歩いて上がっていきます。
地蔵禅院は、井手町を見下ろすように山間にあります。

地蔵禅院の枝垂れ桜・・・
寺の鐘楼側にある枝垂れ桜は、享保12年(1727年)に植えられたもので
京都府指定天然記念物 樹齢約280年の枝垂れ桜です。
下から見上げるとかなり大きいです。
井手町・地蔵禅院の枝垂れ桜


枝垂れ桜の下で・・
2井手町・地蔵禅院の枝垂れ桜


鐘楼と枝垂れ桜
3井手町・地蔵禅院の枝垂れ桜


京都市の円山公園の有名な「祇園の夜桜」祇園枝垂桜は、今は二代目
初代は、昭和22年に樹齢220年で枯死しました。その初代の桜がここの親木から株分けしたのを
移植したものだそうです。

また、すぐ下には2本の枝垂れ桜の古木もあります。
4地蔵禅院の桜



ここから、井手町や木津川が眺められ、遠くは奈良の方まで見る事ができます。
(クリックで拡大)
9・地蔵禅院の枝垂れ桜    地蔵禅院・双子桜   地蔵禅院・遠望


庭には、レンギョウ、紅梅、アミガサユリなどなど沢山の花々が植えられています
また、庭にはテーブルやイスが置かれて、お土産品(地元農家野菜・花類・筍寿司・草餅)
などが売っていました。
77j地蔵禅院の庭


裏には、モクレンやコブシ、若い枝垂れ桜の木々が植えられ、散策ができます。
地蔵禅院・庭2




参道の脇に※「小野小町の墓」と伝わる塚があります・・?
小野小町塚

石碑に、書かれている事は・・・
※小野小町塚
「小野小町は、平安時代前期の歌人で、六歌仙(ろくかせん)三十六歌仙の
一人として知られています。しかし仁明天皇(在位833~850)の時代に
宮廷に仕えた歌人である事は確かですが。その生涯は謎に包まれ終焉の地は
ここ井手町以外に京都市他、秋田県、山口県など全国各地に散在しています。
「冷泉家記」によると「小町六十九才井手寺に於いて死す」とあり、また
「百人一首抄」にも「小野小町のおはりける所は山城の井手の里なりとなん」
と記されており、古来「大妹塚」と称されてきた井手の「小町塚」は、中でも
信憑性のあるものとされています。
世に伝えられる小町の晩年の零落(れいらく)の姿は、絶世の美人であったが
故に語られた伝説で、歌枕として数多くの歌に詠まれるここ井手の里で、山吹の
咲きこぼれる玉川堤を散策しながら、穏やかな余生を過ごしたと思われます」

と、書いてありました。


近くには、木津川へ流れる玉川があり、川堤には「玉川堤の桜」と呼ばれ約500本ちかくの
桜が両岸にあってまるで奈良の佐保川の桜のように大勢の人が、桜を楽しんでおられました。
また、桜がすめば山吹の黄色が川岸を色彩り、咲き誇るそうです。

◆第22回井手町さくらまつり
開催期間:平成25年3月30日(土)~4月8日(月)
夜間照明:期間中の午後7時~9時まで。

井手町さくら開花情報



★地蔵禅院
 京都府綴喜郡井手町井手東垣内16
 電話:0774-82-2810
 JR井手駅から徒歩・・約30分
(クリックで拡大)
地蔵禅院の枝垂れ桜        地蔵禅院への地図
地蔵禅院枝垂れ桜について    地蔵禅院・地図
 


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...

和束町湯船・西願寺  桜だより・・・

昨年、信楽の畑の枝垂れ桜を見に行く時・・
和束町、湯船の清水橋の近く西願寺に素晴らしい枝垂れ桜が
ありました。

caribouさんブログ「ならだけ?」『西願寺のしだれ桜』の美しい写真を見て・・
思わず感激したのを覚えています。
その数日後・・・西願寺の枝垂れ桜は、もう終わりを告げていました。
来年こそは・・と思いつつ後にしました。

やっと昨日・・会いに行きました!
奈良から24号線で、泉大橋を過ぎて右折して163号線・・・
加茂町井平尾を通過して、府道5号線へ・・
茶畑が広がる和束を通り・・湯船へと入る。

少し行くと、清水橋があって国道307号線にへの抜け道。
ここから、西願寺の枝垂れ桜が見えてくる・・・
少し散り始めてはいましたが、見事な枝ぶりの桜です。
1seiganji.jpg

石段を登りつめると・・・
小高い場所に山門があって・・小さな集落を見渡せます
木の下に立つと・・・花は小さいけれどベールのような桜でした。
2seiganji.jpg

3seiganji.jpg


下を、バイクや車が・・音をたてながら走って行きます
何年も、ずっと昔から西願寺の枝垂れ桜は見ていたのかしら・・
4seiganji.jpg

ここに立つと、幼い頃・・なんだか私はこの桜を見ていたと・・・
回りの景色を見ながら・・ふと、そんな気がした。

近所の人の話では樹齢約250年は経っていると言っていた・・
それだけの、樹の風格を漂わせてくれる桜でした。



帰りに・・・
湯船の駐在所付近・・・和束川の土手に桜並木・・・
5yubune.jpg


湯船、五の瀬付近で、大きな辛夷の花が満開を迎えてました。
6gonse.jpg

ここも、遠い記憶の思い出が・・・・
その思い出の坂道を・・・50年あまりに経って歩くなんて・・
不思議なものです・・・
側には大きな銀杏の木が、今もありました。
(クリックで拡大)
7gonose.jpg   8gonose.jpg



和束町・・和束川の芳煎橋から祝橋、門前橋にかけての
桜並木も素晴らしく、ちょっと寄り道をして帰りました。

祝橋付近で・・・
9watuka.jpg



★西願寺(せいがんじ)
 〒 619-1203
京都府 相楽郡和束町大字湯船小字岩倉178


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
 
Related Posts Plugin for 

WordPress, Blogger...