太郎生のアサギマダラとフジバカマ園





曽爾村のフジバカカマでアサグマダラを見た後、みつえ高原牧場を超えて御杖村へ・・・
三重県、美杉町の太郎生にあるフジバカマ園も気になりました。

と・言うのは昨年見に行くと、花があまり育ってない感じでアサギマダラも多くいませんでした。
枯れていたフジバカマもあり、育ってない箇所もありました。

そして今年、いつもの場所に行くと・・・
フジバカマ園は荒れ放題??どうしたのでしょう?

もしかしたら・・別の場所に移ったのかしら・・・?
と、思いながらウロウロするとお店のシャッターにアサギマダラの絵を書いたチラシが、貼ってありました。
良く見ると、地図もあり・・・やはり、別の場所に移動されたそうでした。

地図を、スマホで撮り、それを見ながら少し行くと・・・
立派なフジバカマ園がありました。
1taroofujibakama1009.jpg
(下に地図を張り付けました・・・ここの場所は下太郎生です)


沢山のアサギマダラが来ていました。
2taroofujibakama1009.jpg


3taroofujibakama1009.jpg



ここは、展望台も作られていました!
4taroofujibakama1009.jpg


ツマグロヒョウモンチョウの雄です。
5hyoumonfujibakama1009.jpg


左:ツマグロヒョウモンチョウの雄・・・
右:ヒメタテハチョウ
6hyoumonfujibakama1009.jpg



ツマグロヒョウモン雄と雌が水を飲んでいました。
7hyoumonfuji8bakama1009.jpg



こちらは、ツマグロヒョウモンチョウの雌です。
8hyoumonfujibakama1009.jpg



良く見るアサギマダラの殆どが雄なのですが・・・
今回、雌も見ることが出来ました。
9asagimadaraosumesu1009.jpg
上:メスのアサギマダラ・下:オスのアサギマダラ
オスは下側の羽に黒いマークがあります、メスはありません。

写真はすべて10月09日です。

※美杉町太郎生の新しいフジバカマ園(クリックで拡大)
10taroufujibakamaen1009.jpg
※私が行った場所は、第二会場ではなく手前の下太郎生の道路側のフジバカマ園です。

宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



関連記事

今年もアサギマダラに出会えました!




ボチボチ、フジバカマが咲く頃でアサギマダラに出会えるかしら・・・
と、思ってお天気良い今日に曽爾村へ行ってきました。

青空に淡いピンク色のフジバカマとアサギマダラが綺麗です。
1soniasagimadara1009.jpg


今日は、風もあってじっとしているアサギマダラを撮るのは難しかったです。
2soniasagimadara1009.jpg


ここのアサギマダラは、殆どがオスの蝶でした。
3soniasagimadara1009.jpg


フジバカラは、まだまだ蕾もあって、長く楽しめそうでした。
4soniasagimadara1009.jpg



この後、もう一つのフジバカマの畑・・・・
太郎生へ向かいました。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



関連記事

もう、藤原宮跡の秋桜が満開!




朝から藤原宮跡のコスモスを見に行きました。
インスタグラムの情報から満開との事・・・・

少し早いのでは・・・と思いながらも行くと本当に満開でした!
1fujiwarakosumosu1006.jpg

「わぁ~綺麗!」と声が出てしまいそうでした!
2fujiwarakosumosu1006.jpg



朝露も、まだしっかり付いていました。
3fujiwarakosumosu1006.jpg


光でキラキラ✨
4fujiwarakosumosu1006.jpg



5fujiwarakosumosu1006.jpg


今年は、時期をずらして植えられたのでしょうか・・・・
まだ、これから咲くコスモスの畑も有りました。

6fujiwarakosumosu1006.jpg


今日は、朝から青空でコスモスが綺麗でした。
7fujiwarakosumosu1006.jpg
藤原宮跡の秋桜は、まだまだ見頃です




宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング


関連記事

韓紅の彼岸花・・世尊寺




御所市の九品寺や伏見の溜池の彼岸花を見た後、大淀町の世尊寺へ・・・・
ここも、境内の彼岸花は満開を迎えていました。

先に咲いた彼岸花は終盤に・・・

世尊寺の白い彼岸花も少しずつ増えているのでしょうか・・・
赤と白の対比が美しいです。
3sesonjihigan1001.jpg



絨毯のような彼岸花!
今年は、やや真ん中のあたりが咲いてない感じでした。
1sesonjihigan1001.jpg


それでも、深紅の彼岸花は美しいです!
深紅(しんく)の色を「韓紅 」(からくれない)とも言うそうです。
2sesonjihigan1001.jpg


深紅とは・・・深みのある真っ赤な紅色。
       古くは「ふかきくれない」「こきくれない」「こきべに」と読まれたようです。
       別名に「真紅 」ともいい「韓紅 」は同色です。
韓紅とは・・・紅花で染めた濃い紅赤色。
       奈良時代は、「紅の八塩 くれないのやしお」と呼ばれていた色です。

(くれない)
紅とは・・・・「呉の国からやってきた染料」という意味。
       「呉藍(くれあい)」が色目に転化したもので、平安時代には濃い紅花の赤色が
        舶来の赤の意味と美しさを強調するために「唐紅、韓紅」となったそうです。  
       「韓紅」の「韓」の字は朝鮮半島の三韓ではなく、紅花の産地であった中国を
        意味してるそうです。
(くれないのやしお)             
紅の八塩とは・・紅花の濃染 こぞめの深みのある真っ赤な紅色。
          色名の「八」は『多い』という意味で、「塩」は「入 しお」とも書かれて「染め汁に浸す」こと
          を意味します。
          つまり、「紅の八入 やしお」とは、紅花の染め汁に何度何度も浸すという意味であり
          濃く鮮やかに染められた紅花染めということを表現した色名だとか・・

※「伝統色のいろは」☚click!
iroha.png☚click!
日本人の美の心である日本の色(伝統色・和色)の名前の由来やカラーコードを紹介するサイト
から引用しました・・
👍和の色・・・深紅の色でもいっぱいありますね。


彼岸花は見納めのように輝いて見えました。
4sesonjihigan1001.jpg

今年はすごく遅れて咲いた彼岸花・・・あっという間に咲き誇った感じでした。



宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング
関連記事

九品寺・伏見の溜池の彼岸花が咲きました!




9月25日に九品寺へ行った時は、蕾が多く満開は一週間ほど早い感じでした・・・

昨日、再び九品寺へ・・・・

見事に広場の彼岸花は満開でした。
1kuhinjihigan1001.jpg



遠くに畝傍山も・・・・
2kuhinjihigan1001.jpg



真っ赤な絨毯の彼岸花
3kuhinjihigan1001.jpg


薄暗い場所に彼岸花の姿が綺麗です。
4kuhinjihigan1001.jpg



帰りに、少し離れて伏見の溜池へ・・・
藻が多くあるのか、エメラルド色の池に真っ赤な彼岸花が映えてました。
5fusimiike1001.jpg


宜しければポチっとお願い致します!
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良 その他の街情報へ
ブログランキング



関連記事